無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

恋愛での誤解

残念ながら私自身には、韓国女性との恋愛経験はありません。昨今「韓流」で身近になった韓国、恋愛話も多く聞くようになりました。以前は日本男性と韓国女性、しかも「韓国パブの女性に嵌ってしまった日本男性」的な話が多かったものですが、それが急激に、「韓国男性と日本女性」との間の恋愛話が多くなっています。韓国ドラマを切っ掛けに興味を持った方々には、一部、韓国男性に過剰な憧れを抱いてしまっているケースも見受けられます。例えば、かの”ヨン様”演じる”ミニョン”を見て「韓国男性って素敵!」とか、直線的に結論付けてしまっている場合は少々面倒です。これが日本人なら、いくらキムタクに憧れても、それが日本男性の典型とは理解しないはずです。「TVの中だけの話」「現実にはそうそう居るはずが無い」と、キムタクそのものには憧れても、日本人一般への認識には繋がりません。それがしかし韓国人となると・・・。

韓国でも日本同様、ドラマ設定での主人公は”理想形”です。裏返せば、現実社会にはあまり居そうも無い人格です。”ミニョン”も”ミンチョル”も然り、もちろん韓国的特長の一部は持っているでしょうが、総合的な性格・人格としては、一般韓国社会には”稀有な”存在であるはずです。うちの家内もビョンホニーではありますが、幸いな事にビョンホン氏に嵌る以前から直接韓国人(私の友人達)を知っていますので、タレント本人以外にまで想像を膨らます事態には至っていません。(笑)

ま、こんな韓流的付随イメージを抜きにしても、国際恋愛に誤解は付き物です。特に韓国人との間には、あまりに似通った外見・文化的共通点がありますので、自国人と同様に考えてしまってその”誤解”に気付かないケースも多いように思えます。

積極的情熱的なアプローチ、もちろん韓国男性すべてがそうではありませんが、シャイな日本男性に比べると、ストレートな愛情表現をする人は多いですね。すでに結婚していますが、私の友人のひとり、年1、2回の訪韓の度に恋愛対象が変わっていました。そしてその度に「運命の人に会いました!」と表現していました。彼にとって”運命の人”は決してひとりである必要は無いようです。(笑) 情熱的な言葉も態度も、決してその愛情の深さを表すものではありません。同じ情熱は、次の恋愛にも同じように表現されるはずです。

また度々問題になるのは、「両親への紹介」と「プロポーズ」です。韓国での恋愛、いまだに基本は「結婚を前提」です。真面目な気持ちでの交際であるなら、その”初めとして”、両親への紹介と結婚の申し込みは当然な行いでもあります。これが全く逆に、一定期間の交際を経て、恋愛が煮詰まり盛り上がった段階で行われる日本との差が、しばしば誤解の元ともなっているようです。”恋愛の始まり”として韓国男性が行った規定行動が、”恋愛の結論”として日本女性に理解されてしまう、そんな誤解ですね。韓国の親は何人もの、息子(娘)の交際相手を順次紹介される、韓国男性(女性も?)は生涯何度ものプロポーズを経験する、もちろんその度に結婚しているわけには行きません。その時の気持ちに嘘はないでしょうが、あくまでそれは恋愛過程でのその場その時の感情であり、”将来の保障・約束”では無いのです。言語同様、感情表現も「翻訳」して理解する必要があります。

恋のすれちがい―韓国人と日本人‐それぞれの愛のかたち Book 恋のすれちがい―韓国人と日本人‐それぞれの愛のかたち

著者:呉 善花
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前にもご紹介した呉善花女史の本です。これも少々年月が経ち、現代の若者感覚とのズレもあるでしょうが、恋愛感情の基本形態の違い程度を理解するには役立つ本だと思います。

2006年7月27日 (木)

ラブホ街での誤解

韓国旅行での誤解、宿泊施設でもありますね。ホテルでの料金でも、日本では「1人1泊いくら」というのが普通です。これの”日本では”を除いてしまって、そのまま「普通、当たり前」と解釈してしまう人も多いようです。ツアーでの設定が「1人料金」に組み換えされている事が、更に誤解を助長しているようにも思います。「2人1部屋」基本に計算されていますので、「1人宿泊では割高」となるのも事実ですが、元々2人利用の場合は、料金を折半しているわけですので、各々1/2しか部屋代を払っていないわけですが、そこの説明が中々理解されない場合もあります。

最近は観光客でも、観光ホテルを使わずに旅館やモーテルを使い、宿泊費を節約する傾向も見られるようになりました。経費を浮かせてその分を高級ブランド品買物に回そう、との女性も居るようですが、高級ブランド品を持っての安宿宿泊、韓国人には奇妙に思えるようです。階層のはっきりしている韓国では、ブランド品を持つような良家の子女は、安宿に泊まるような事はしないでしょうから。

韓国での一般的な旅館街を「ラブホ街」と決め付ける傾向も見られます。この「ラブホ」なるものも、日本独特の商売でもあります。もちろん韓国にもありますが、一般的には”兼用”です。その目的のカップルも利用しますが、同じ宿を一般の旅行者も普通に使います。駐車場のビラビラビニール覆いや寂しげな受付窓口、暗めの照明、こういった外見から決め付けてしまうのでしょうが、同じ外観が同じ意味合いを持つ、というのも、自国の習慣を世界での一般常識と決め付けてしまう安易さですね。最近のモーテルにはありませんが、以前からの旅館には、温泉マークを表示してある場合もあります。韓国では元々「風呂に入れる場所」として、沐浴湯・旅館に付けられるしるしでした。決して”連れ込み宿”としての意味合いは持ちません。ですので、日本感覚で「ラブホ街だった」という感想も、一概には信用できません。ほとんどは単なる「旅館街」にしか過ぎません。”モーテル”という言葉自体が、欧米でと異なった意味合いを持ってしまっている日本です。

韓国での旅館・モーテル、”兼用”での”ラブホ率”は、地域により宿により異なります。全く普通の旅行者だけで成り立っている宿もありますし、ラブホ利用比率が高く、週末などですと、「チェックインは夜10時過ぎ」とか言われる場合もあります。それまで時間貸しで稼ぐためです。しかしそういった宿でも、一般旅行者も泊まれます。一度そう言われて、荷物だけ預かって貰って出かけた事もありました。ただ最近では、おそらく2000年前後からだと思いますが、一部”専用”に近いラブホも出現してきています。これも日本からの”文化輸出”です。

また「旅館(リョガン)」という言葉が使われている関係で、日本の「旅館」概念と混同してしまう場合もありますね。日本では宿のスタイルを表す言葉ですが、韓国では”ランク”にしか過ぎません。ですので「高級旅館」は存在しません。特1級、特2級、1級、2級にランクされない、一般宿泊施設です。旅館の中でも名前に「荘」の付く「荘旅館」がやや上ランク、「旅人宿」と呼ばれるものが最下層です。ラブホ系を除いては、旅館とモーテルの間にも際立った差はありません。「その方がモダンに聞こえる」程度のものと思えます。その分、新しく建てられたものではモーテルを名乗るものが多く、設備も充実している場合は多いようですが。綺麗なモーテルなら、安ホテルに泊まるよりはずっと快適ですね。

Book 韓国は変わったか?―ソウル便り10年の記録

著者:黒田 勝弘
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

初めて読んだ韓国ものは、黒田勝弘氏の「ぼくのソウル白書」でした。産経新聞ソウル支局長、韓国通の第一人者です。この本、私もまだ読み終わっていないのですが、私の経験した10年に重なり、「あああの頃はそうだったのか!」と改めて思いなおす場面もあります。貴重な記録ですね。

2006年7月26日 (水)

韓国での誤解

「異文化放浪」とかの副題を付けながら、今まで、その部分での書き込みをしていませんでした。これから少し、そちら方面での話題も書かせて頂こうと思っています。

韓国と日本とでは、文化・習慣上の一致点、かなり多いと思います。顔形も街並みも似通っていますので、ついつい”外国”という事を忘れてしまっての誤解、結構多いと思っています。似通っている故に「同じ」つもりで判断、それがクレームに繋がってしまうケースもあるようです。

例えばタクシー、特にソウルでは左折禁止も多く、行き過ぎてUターンしなければならない(Uターン専用路線が用意されています)、また至近距離ながら逆方向で拾ってしまい、ず~っと遠回りしないと行き着かないような場合もあります。渋滞も日常ですので、渋滞回避での遠回りもあります。「江南から江北に行くだけなのに、橋を3回渡った、わざと遠回りされた!」とのクレームも、「できるだけ早く着くように」と路を選んでの配慮の結果を、誤解している場合もあると思います。事前に聞いたタクシーでのクレーム情報が、疑念が疑念を呼んで深読み誤解しているケースは、少なくないように感じています。さっさと送り届けて次の客を探す、そのために猛スピードで走る運転手も居るくらいです。運転手にとって、「遠回り」が必ずしもメリットになるとは限りません。もちろん、「わざと遠回り」ケースも無いわけでは無いと思いますが、かなりの部分、”誤解”も含まれているように思います。

タクシークレーム情報の集中するケースに、「東大門深夜」が挙げられと思います。しかしこれは、ソウルでも幾分特殊条件でもあります。地下鉄終電後の東大門周辺は、韓国人でも苦労する場所です。争奪戦は激しいですし、2倍3倍での料金交渉で利用する韓国人も珍しくありません。そこに紛れ込んだ慣れない日本人観光客、これを”カモ”として狙う悪徳運転手の”わざわざ”集まる場所・時間帯でもあります。タクシーを装った無許可の”白タク”も出没します。この手の輩は地元民は対象外、”カモ”になりそうな観光客を狙って声がけします。敢えてそういった状況の中に飛び込んでしまっているわけですので、これを「韓国のタクシーの一般状況」と判断する事はできません。知識不足とは言え、わざわざ”オオカミの群れ”の中に身を晒してしまっているわけですから。

日本のように、何も考えずに乗って、何時でもメーター通りの料金で安心して利用できるタクシーというものは、世界的には珍しい部類にも入ると思っています。日本に暮らしていると日本での状況を”当たり前”と思ってしまいがちです。その意味では日本人は、居心地の良い温室の中に普段過ごしているのだと思います。韓国のタクシーも、全体的な比較から言えば、安心して利用できる部類かと思っています。

もうひとつ書いておきましょう。「タクシーの運転手は道を知らない」という事。日本では、行先を告げるだけで、大抵の場所には行き着きますね。でも韓国ではそうでもありません。日本で有名な特1級ホテルでも、通じない場合もあります。食堂等では、店名だけで通じる店は稀だと思います。これが「場所が判らないからタクシー」という日本感覚での利用法の落とし穴に、しばしば落ち込んでしまいます。タクシー利用の場合は、自身で道案内しなければならないケースも、決して少なくはありません。行先の電話番号が判ると便利ですね。運転手が電話して直接確かめます。

スカートの風―日本永住をめざす韓国の女たち Book スカートの風―日本永住をめざす韓国の女たち

著者:呉 善花
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

韓国を知りたいと、多くの本を読みました。これはその初期に読んだ本です。もう15年以上前に書かれた本で、すでに実情に合わない部分も多くなっていると思います。それでも基礎的な「文化の違いでの誤解」を知るには、良い本でもあると思います。呉善花さんは、この後にも、沢山の本を書かれています。

2006年7月23日 (日)

「ハチミツとクローバー」

TVでの予告編にちょっと心惹かれて観てきました。漫画が原作だそうですが、そちらは全然知りません。学生時代、美大ではありませんが美術部に属し、授業には出なくても部室には毎日通っていました。そんな自身の青春にかぶる部分もあるのでは?と期待して・・・。結果、プレハブの部室での生活を若干思い出させるシーンもありましたが、当時の片恋の切なさを蘇らせるまでのものはありませんでした。何が足りないのかよく判りませんが、登場人物の内面にまで入り込む事ができません。似たような青春であったはずなのに、何故か自身の記憶にリンクしてきません。

「デイジー」では、使われた絵画作品の酷さに呆れたものですが、こちらはしっかりした作品が使用されていました。調べたところ、はぐみ作品は”MAYA MAXX”という中年女性作家、かなり活躍されている方のようです。ちゃりのCDデザインとかも手掛けているとか。森田作品は”森田太初”という、東京芸大大学院在学中の作家、昨年の野村財団賞を受賞しています。森田役の伊勢谷とかいう俳優の友人だそうで、伊勢谷自身も東京芸大出身だそうです。

はぐみ役の蒼井優は可愛かったですね。「男達の大和」でも、印象に残る女優さんでした。

オリジナルウオッチ付『MAYA MAXX/空~kuu~』 DVD オリジナルウオッチ付『MAYA MAXX/空~kuu~』

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2003/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~ DVD ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/07/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年7月16日 (日)

M:I:3

「M:I:3」観て来ました。このタイプの映画はあまり観ません。そしてこういった映画を観る度に、「映画ってなんだろう?」と考えてしまいます。決してつまらなかったわけではありません。観ている間はそれなりに引き込まれます。しかし後には何も残りません。”娯楽”としてはそれでいいのでしょうが、何か物足りなさを感じます。娯楽作品としての”でき”としては、いったいどの程度の作品だったのでしょう?それすら判断できなくなっています。物足りなさは「娯楽作品」だったせいなのか、それとも、作品の”でき”での問題だったのか・・・?

ハリウッドアクション作品、どうせ最後はハッピーエンドですから、その意味では安心して観られます。しかしその一方で、決まり切ったエンディングまでの間、ハラハラさせられる自分が無意味にも思えてきます。刹那の興奮に身を委ねられない自分が居ます。

決して洋画を観ないわけではありません。「グラディエーター」とか「コレリ大尉のマンドリン」「マレーネ」等、印象に刻まれている作品もあります。でも昨今、そういった作品に巡り合う機会が少なくなっています。特に田舎の映画館では、話題のハリウッドアクション大作中心の上映になり、しっとり系はあまり巡って来ません。無意味に”泣かせる”事ばかりに固執した、作為見え見えの作品は更に嫌いですし・・・。

「たまには、」と思って(他に興味をくすぐる作品も無かったので)観た作品ですが、「やっぱり」で終わってしまった気がします。ハリウッドアクション系には、やはり飽きが来ています。

2006年7月 5日 (水)

ちょっとだけお留守にします。

明日から2泊3日で上海に行ってきます。中華風HNを名乗りながら、中国は初上陸です。以前計画がありながら、NYテロ余波と鶏インフルエンザで2年連続中止になりました。韓国と違って右も左も判りません。自由時間もあまりありません。知識は古代のものばかり・・・。孔明縁の地は訪れる事はできませんが、孫家「呉」の地を見てきます。取りあえずはそれだけでも良いかな?トラブル続きのJALが無事飛ぶ事を祈っていて下さい。

るるぶ上海 (’05~’06) Book るるぶ上海 (’05~’06)

販売元:JTBパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これ読んで勉強中。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31