無料ブログはココログ

« 済州島から戻りました。 | トップページ | 韓国映画観てきました。 »

2006年8月17日 (木)

小泉首相靖国参拝

小泉首相の靖国参拝、それ自体は支持しています。「中・韓の反発があるから、」という理由で避ける事は、主客転倒だと思います。他人の気に障る事は何もしてはいけないのか?「ひとの嫌がる事はしてはいけません。」は、嫌がること=悪い事、との前提です。中・韓の反発を気に掛ける以前に、靖国参拝の意味を考えるべきでしょう。

アンケート調査では、日本人の過半数が参拝を支持しているそうです。現在では、靖国参拝を「戦争肯定」との意思表示と考える日本人は、一部右翼を除いては、皆無に近いと思います。中・韓の反発は、参拝そのものというより、その後ろに隠された”意図”への疑惑だと思います。その”疑惑”のある限り、参拝を止めても問題は解決するはずもありません。国の犠牲になった人々を慰霊する、戦争の悲惨さを顧みて平和を願う、その象徴としての参拝であるならば、寧ろ積極的に堂々と行うべきだと思っています。その点では、小泉首相の行動は片手落ちだと思います。参拝の意図を積極的に伝える努力、そして根本には、日本の過去の過ちを反面教師に、平和への、そして日韓・日中関係の緊密化への努力、そこに力を注いでいたようには思えません。私は寧ろ、参拝という、表面に滲み出た枝葉部分にばかりが注目されている事を、憂慮してしまいます。

韓国併合への道 Book 韓国併合への道

著者:呉 善花
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本人はあまりに知らな過ぎます。若い人では、「併合」の事実すら知らない人も珍しくありません。「歴史歪曲」は立場・見方での違いと思いますが、歴代日本政府はあまりに避け過ぎてきたように思います。小泉首相の参拝、これを意義あるものにするならば、日韓の過去に関しても、積極的に知らしめるべきかと思います。この部分も首相の”片手落ち”だと思います。

ここのアフィリエイト対象外なのですが、「李朝滅亡(片野次雄・新潮文庫)」も、李朝末期の日韓関係を知るには良い本だと思います。

« 済州島から戻りました。 | トップページ | 韓国映画観てきました。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

「日本人はあまりに知らな過ぎます」という点にはまさに同感でして、そういった状況下で行われる『世論調査』や『アンケート調査』に一体何の意味があるのだろうかというのが私の考えです。女性・女系天皇の問題についても、女性天皇と女系天皇の違いすら分かっていない人が大半と聞いています。テレビの街角インタビューで答えている人たちは、ちゃんと分かった上でコメントしているのかなと思いますね。

「靖国参拝」だけなら私の場合ほとんど関心がなく、あくまで日韓関係絡みの関心です。参拝の是非を言うのであれば、普通の人なら憲法で信教の自由が保障されてますので、参拝しようがすまいが「心の問題」でオッケーです。でも政治家はこれに「政教分離の原則」が加わり、場合によってはなにがしかの思惑が加わります。遺族会の集票力であったり、外交上の配慮であったり。そのへんのバランスをうまく取って、かつ周囲を納得させる必要があると思いますが、首相のそれはいかにも乱暴ですね。

加藤紘一氏の発言や昭和天皇発言メモの内容は、そのバランス感覚に納得できる部分が多いのですが、前者はそれ故(たぶん)に自宅に放火され、後者は信憑性にケチを付けられました。ギャーギャー言うだけの中韓もどうかと思いますが、ギャーギャーをせめてギャ程度にトーンダウンさせるだけの外交努力を、小泉政権がしてきたのか?それすら無しに最後っ屁だけ放たれても、痛快なのは本人だけで、周りは白けるだけです。

>そういった状況下で行われる『世論調査』や『アンケート調査』に一体何の意味があるのだろうかというのが私の考えです。

そうですよね~、基本的な知識があって初めて「意見」も持てるわけで、野球の知識も興味も全く無い人に、試合の感想求めても無駄ですしね。

「政教分離」問題まで加味すると複雑になりますので、今回は外しました。この点での「参拝反対」なら理解できます。「中・韓の反発」がメインの論戦になっている、こちらがおかしいと思っているのです。昭和天皇発言でも、それが真実としても、その事に左右される事があってはならないと考えます。もはや、一個人の考え方にしか過ぎないはずで、重要視し過ぎる事は危険に思えます。

遺族会の集票力・影響力は確かに大きかったと思います。それ故に先の大戦を全面否定できなかった、そちらこそが、中・韓の疑惑を残した要因と思っています。「日本人は反省が足りない」とはよく言われますが、その部分では確かにそうと思います。

コメントありがとうございます。巨大カキ氷の後はなかなか更新できずにおりました。8月15日は韓国の休日、独立記念日でしたが、万一に備えて外出せずにおりました。日中韓関係には多様なご意見があると存じます。実際にソウルにて中韓と面と向かって仕事をしている私にとっては、仕事でも街を歩いている時でもいかなるときでも、偏見を拝し善意をもって誠意を尽くし、誤解を生じないように努める他はありません。微力ですがこうした積み重ねが韓国・中国との関係改善に役立つことを願っています。

観光でしか訪れない私には、計り知れない部分ですが、仕事で長期滞在されている方々にはご苦労も多いようです。7月に訪れた上海では、投石に遭った領事館、打ち壊された料理店など、駐在の方からお話しも窺いました。個人間での信頼関係、長い目で見れば、それが一番確実な関係改善なのかも知れません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/3092768

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉首相靖国参拝:

« 済州島から戻りました。 | トップページ | 韓国映画観てきました。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30