無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月27日 (月)

「香乱記」

本が好きで常に読んではいるのですが、連続して長時間、一気に読破する事はありません。また数冊いっぺんに平行して読んでいる場合も多く、読み終わるのに長期間要します。長編では1年を越えてしまった場合も・・・。(笑) 昼休み時間以外では、列車移動での時間が読書に当てられます。土曜の韓国オフ会出席上京での車内で、宮城谷昌光著「香乱記」を読み終わりました。面白く読みましたが、これも5ヶ月もかかっています。

宮城谷作品は結構読んでいます。古代中国歴史物が好きなのですが、諸葛孔明始め歴史の英傑、作者により歴史の見方により、描かれる人物像には違いがあります。三国志でも、日本では蜀(孔明・劉備・関羽・張飛)中心で描かれたものが一般に知られていますが、これは吉川英治作品があまりに有名なせいでしょう。陳瞬臣は魏(曹操等)からの見方で書いていますし、伴野朗は呉(孫権等)中心の物語を書いています。古代物では、確実な情報の少ない分、作者の想像を働かせる事のできる範囲が広く、その面でも面白さもあります。時には吉川本三国志を「歴史・史実」として捉えてしまう方をも見受けますが、あくまで歴史”小説”である事は忘れてはいけないでしょうね。

「香乱記」は秦末の動乱期を描いた作品ですが、主人公は漢帝国を造った劉邦でも稀代の英雄項羽でもありません。戦国時代の斉国王の末裔「田横(でんおう)」です。物語では、残虐無比の項羽と陰謀と変節の劉邦、その争いの渦中で正義を貫き倒れた信義の人として描かれています。宮城谷昌光という作家、教科書には載らない、歴史の脇役たる人物、士会とか華元とか、そういった人物の発掘・紹介にも力を発揮する作家です。またそういった作品には独特の魅力を感じさせます。知られていないだけに余計、作者の想像力を理想を盛り込める、そんな一面もあるのかも知れません。香乱記での田横、実際に描かれた通りの人物であったかどうかは誰にも判りません。しかし、中国の人口を半減させたとも言われる楚漢戦争の最中に、力に屈しない一条の光を描こうとした、作者の思いは強く感じられる作品でした。

香乱記〈1〉 Book 香乱記〈1〉

著者:宮城谷 昌光
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

韓国オフ会

25日土曜日(ちなみに林檎姫の誕生日)、東京・大久保での韓国オフ会に参加してきました。韓国情報サイト「ソウルナビ」繋がりでの仲間をメインにした飲み会です。東京近郊はもちろん、福島や大阪からの参加者、(日本人ですが)遠くソウルから駆けつけた方もいました。総勢37名、賑やかな会でしたが、定位置に座りきりでしたので、あまり多くの方々とはお話していません。それでも韓国話に盛り上がり、楽しい時間を過ごす事ができました。幹事さんありがとうございます。会場は「クンパリ2号店」でした。HPには1号店しか載っていないようです。http://www.gunbarikorea.com/

ネットでのオフ会参加の最初は、パソ通時代のniftyフォーラムでのエアロビ系が最初、そしてグルメフォーラムや韓国フォーラム(アンニョンクラブ)のオフ会に参加するようになりました。当時のものは2~3人から多くて10数人程度のものでした。会員限定のniftyフォーラムと異なり、不特定多数の集まるネット掲示板になってからは、参加メンバーの多いオフ会も開かれるようになりました。niftyフォーラムも寂れ、グルメフォーラムも閉鎖、フォーラム自体も来春には無くなるようです。過去、「ソウルナビ」以外の韓国サイトのオフ会にも参加した事もありますが、いずれも現在では閉鎖されています。思えば短期間の間に、ネット事情も変化してきました。ネットで知り合い、直にお会いしても、今に繋がる人は少数です。ほとんどの方々とはそれっきり疎遠に、連絡先さえ判らない方々がほとんどになってしまいました。便利なネット社会ではありますが、反面”はかなさ”も感じてしまいます。

2006年11月24日 (金)

「日本以外全部沈没」

と~ってもマイナーな映画を観てきました。筒井康隆原作の「日本以外全部沈没」です。かなりブラックなB級映画、いやB級以上かな?かといってC級では無い、Bの二乗といったところかな?特撮は学生映画並、相当にチャチです。しかしリアルに描いては悪趣味になりますので、これも計算の内でしょう。彼独特の皮肉に満ちた内容ですが、映像にすると怖い部分もあります。やはり紙面で読むのが一番かも知れません。特に韓国・中国の人は怒るでしょうねぇ~・・・。外人タレント総出演作品ですが、韓中だけは日本人が演じていたよう。これはやはり中国人・韓国人に演じて貰い、両国人とも、いい気持ちはしないでしょうが、苦笑いしながら打ち捨ててくれる、そういう人間的余裕を持って貰えるようにならないかな・・・とかも思いました。たかがお遊び映画、なのですが、韓国で知られれば、声高に「日帝が、」とか「過去の反省が、」とか言い出す人も現れそう・・・。

筒井康隆、暫く読んでいませんが、嫌いな作家じゃありません。でも読んだのは「にぎやかな未来」とか「東海道戦争」とかの短編のみです。1番長いので「筒井順慶」かな?星新一同様のショートショート作家かと思っていましたが、泉鏡花文学賞や谷崎潤一郎賞、川端康成文学賞を受賞している作家だったのですね。最近映画化された「私のグランパ」も彼の作品だったのですね。知りませんでした。「日本以外~」の映画の中にもご本人が出演されています。自作の「富豪刑事」等、俳優としても活躍されているとか。

日本以外全部沈没 DVD 日本以外全部沈没

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2007/01/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

わたしのグランパ DVD わたしのグランパ

販売元:東映
発売日:2003/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年11月23日 (木)

「宮」第3・4話

先週録画しておいた「宮」第二回放映(3・4話)をやっと見ました。数日前に一度見ようとしたのですが途中で眠ってしまって・・・。

ここまでですでに正式に結婚してしまいました。という事は、冷たい皇太子が、徐々に本来の優しさを示しだす、とかの展開になるのでしょうね。まさか”悲劇の皇太子妃”とかのドラマにはなり得ないでしょうから。前皇太子妃の陰謀めいた動き、とか、ドラマもいよいよ本格的に始動しそうです。面白くなりそうな気配は濃厚になってきました。ユン・ウネ嬢、がんばっていますね。これほど演技ができるとは思っていませんでした。結婚式での正装での表情も可愛かったですね!何回かナマで拝見していますが、あまり注目していませんでした。視線はほとんどキム・イジさんに向いていましたので。(笑) 最近TVドラマはあまり見ません。他では「のだめカンタービレ」程度、スケジュールがきつくなるので「春のワルツ」も見るのを止めてしまいました。元々、視聴者のイライラを募らせる脚本は苦手ですので。

宮 ~Love in Palace BOX 1 DVD 宮 ~Love in Palace BOX 1

販売元:エスピーオー
発売日:2007/02/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

”悲劇の皇太子妃”といえば、朝鮮王朝最後の皇太子に嫁いだ「李方子(梨本宮方子)妃」のお話がTVドラマ化されたのですね。こちらは本で読んだ事がありますが、時代の激流を真摯に生きられた方、日韓双方で(特に知名度の低い日本で)もっと知って頂きたい方・人生です。ヘンに脚色されていない事を願います。

Book 李方子妃―日韓皇室秘話

著者:渡辺 みどり
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年11月19日 (日)

危ない、アブナイ

隣町に配達があったので、配達後そのまま帰宅。降り出したしとしと雨で視界は不良。脇道から左折で本道に戻る時、助手席の曇ったガラス窓越しに車のライトはよく見えます。しかしフト不安がよぎり、窓を開けた途端、無灯火で傘さした自転車が目の前に・・・。あのまま進入していたらまずぶつかっていました。(怖) 若い、多分10代と見える男性でした。自転車からは車はよく見えますので、車からも自身が見えていると誤解しがちですので、あちらには何の不安の色も見えません。歩行者も自転車も少ない道でしたので、こちらも予想していませんでした。やはり手間を惜しんではいけませんね。自動車事故、ちょっとした油断で起こる事を改めて実感しました。そう言えば今朝のTVでの星座占い、ふたご座は良い占いが出ていました。これだったのかな?危ないアブナイ、しかし無灯火の自転車多いですね~。ペダルが重くなるからなのでしょうが、そんなに体力無いなら自転車乗るな~!!!

2006年11月15日 (水)

陣内智則って誰?

「松坂に60億!」よりも凄いニュースが飛び込んできた。お笑い系には疎いので「陣内智則」なんて名は知りません。最近は小雪に浮気して”日本で2番目(ただし林檎姫は除く)”の存在になっていたとはいえ、藤原紀香はかなり気になる存在、予想していなかったので、シム・ウナ結婚報道よりショックかも知れない・・・。

紀香、割と不器用で努力家、生真面目だけどあっけらかんとした性格、そんな風に好ましく見ていました。勝手な想像だけどね。演技は決して上手いとは思いませんが、出演ドラマはいつも楽しみにしていました。しかしまぁ、二枚目俳優とかパチンコ富豪とかじゃ無いところは紀香らしいかもしれない。関西人だし、お笑い好きとも聞いていましたし。今はもう、幸せを祈るしかありません。(泣) その前に誤報である事を願うけどね。(苦笑)

niftyでの検索順位1位が「陣内智則」になってました。私同様「誰?」って疑問の人も多いのでしょうね。

陣内智則 NETA JIN DVD 陣内智則 NETA JIN

販売元:ビデオメーカー
発売日:2004/08/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年11月13日 (月)

「宮(グン)」

東京12chで、いよいよ「宮」が始まりましたね。木曜26:55~、つまりは日付の変わった金曜午前2時55分です。第一回の放映日はたまたま特別注文が入って午前3時の出勤でした。(悲) ビデオ録画で後ほど見ました。ドタバタラブコメですが、出だしはまあまあというかイマイチというか、今後の盛り上がりに期待します。毎回2話放映です。吹替え無しが嬉しいです。

http://www.tv-tokyo.co.jp/love_in_palace/

原作は漫画だそうです。人気漫画だったようで、韓国では放映前から話題になり、主演女優のキャスティングでひと揉めあったそうです。抜擢されたのは元BABY.V.O.Xのユン・ウネ嬢、演技経験の無い事が不安視されたよう。日本ではアイドル系歌手のドラマ出演は日常的ですが、韓国では、俳優の多くは大学の専門学科卒、ある程度の基礎を持ってキャスティングされています。これも日韓事情の違いで興味深いところです。日本では話題性で敢えてアイドル系を起用しますし、演技が下手でもあまり問題になりませんからね。

結果として韓国では、放映後は好評を博しました。ユン・ウネ人気も急上昇とか。ドラマ設定も、「朝鮮王朝がそのまま存続していたら」とのお話しですので興味をそそられます。想像していた単純なシンデレラストーリーでも無さそう、暫くは目が離せません。

Music 宮(クン) 韓国ドラマOST (MBC TV Series) (韓国盤)

アーティスト:韓国TVドラマサントラ
販売元:EMI Music Korea Ltd
発売日:2006/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年11月 2日 (木)

「父親たちの星条旗」

元々は渡辺謙主演の映画に興味を持ち、”二部作”との事でこちらも観なきゃ始まらない、との思いで観に行きました。クリント・イーストウッド監督作品です。

過去と現代、過去も、戦闘時と帰国後と、三つの時間を交互する作りになっています。その複雑さの割には、よく整理されていたと思います。ただ登場人物は、主人公3人以外は、誰が誰やらよく判らず、ごっちゃになってしまいました。硫黄島に殺到する膨大な数の軍艦、俯瞰図としては迫力がありますが、CGらしい不自然さは拭えません。戦争の悲惨さと陳腐さ、描こうとした意図はよく判ります。しかし”二部作”故なのか、描き切られた気がしません。何かを言いかけて言い澱んだ、そんな部分も感じました。しかしこのテーマで日本側から描いたら、益々悲惨な物語になるのでしょうね・・・。

父親たちの星条旗 Book 父親たちの星条旗

著者:ジェームズ・ブラッドレー
販売元:イースト・プレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31