無料ブログはココログ

« 「夏物語」 | トップページ | 今シーズン初スキー »

2007年1月19日 (金)

夏物語プレミアム・生写真

1月17日、映画「夏物語」の舞台挨拶付き特別上映会に参加したのですが、この催しには全国から、多くのビョンホンペンが集まります。そのファン目当てに、会場への途中路上には何ヶ所か”非公式グッズ”屋台が出ていました。イ・ビョンホンの写真やキーホルダー、マグカップetcが主ですが、ペ・ヨンジュンやクォン・サンウグッズも並んでいます。その中で目を惹いたのが”ビョンホン生写真”です。前日の空港出迎えでの写真がすでに売られています。韓流商魂の逞しさを垣間見た思いでした。

しかし帰り道には更に驚きました。当日の舞台挨拶時の写真が並んでいたのです・・・。素人写真では無く、それなりの専門家の撮ったと思われる写真です。もちろん、会場での写真撮影は禁じられています。座席での隠し撮りなのか、取材陣に紛れ込んでのものなのかは判りません。そういえば不審な男性が近くの席に居りました。若い男性ですが、「すみません仕事があるので・・・」と言いながら、舞台挨拶だけで、映画を観ずに席を立ちました。手には黒いバック・・・。構えて撮っていた風はありません。もしやっていたとすれば、バックに仕込んでの隠し撮りですが、どうやって手荷物検査を潜り抜けたのか?今の技術ではその場でのプリントは簡単です。生写真屋台の後ろにはワゴン車が駐車していました。車内でプリントしたのでしょう。写真の中には、取材陣撮影の場からでなくてはこうも上手くは撮れない?と疑いの向けられるものもあります。横流しなのでしょうか?それとも偽記者?

ビョンホンペンの家内ではありますが、「これ買ったら娘に叱られる・・・」と我慢しました。ラルクファンのウチの娘、決して海賊版を買いません。買う人に対しても怒りの気持ちを持つようです。「本当のファンならそんなものは買わない!」と。しかしこの生写真商売、中々繁盛しているようです。ソウルに並ぶ韓流海賊版商売も、日本人観光客相手です。好きなタレントの権利を侵してやる商売をファンが支えてしまう、疑問を持たずに買うファン達にこそ、私は疑問を感じてしまいます。

« 「夏物語」 | トップページ | 今シーズン初スキー »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

寒流とは直接関係ないですが、確かに、韓国人には色んな意味で商魂の血が流れているなぁと私も思いますw
ここ最近で一番感じるのはソフトバンクですね。例の『予想外割引』なんてのがそうですけど、ついこないだまでは街頭でADSLモデムをバラ撒いていました。まぁ、面白いのはこれらサービスはいずれも曰く付きということですけどね(苦笑)

> 好きなタレントの権利を侵してやる商売をファンが支えてしまう、

私は、海賊版に対して「悪い」という認識が非常薄いのですが(これがイケナイ)、野球好きとかサッカー好きからすると、サインボールやサイン色紙をオークションに出す人の神経が分からんですね。ジョンファ姉さんにも何回か書いて頂きましたけど、いくら積まれたって売れない(笑)。

日本人も韓国人も色々ですが、「成り上がってやろう」という気迫は韓国人の方が強いかも知れませんね。まこれは、ちょっと前の日本人もそうだったようですので、豊かになって気迫が薄れたのかも知れません。

海賊版に関しては、偽ブランド品でもそうですが、中国にしても韓国にしても、著作権意識は薄いです。でもそれで、韓国ではCDが売れなくなり、音楽商売の存続が厳しくなっている現実もあるわけで・・・。「自分1人くらいが買ったとて、」との意識で皆が買えば、最後は好きな音楽を楽しめない状況を生み出すかも知れないわけで・・・。これは「俺が1票入れたって政治は変わらない」という投票意識と同じかも。(笑) 

”受益者負担”という意識は必要かと思っています。私自身は、権利を持たない人に利益を与えてしまう、謂わば「他人の褌で相撲をとる」人が儲けてしまう事が悔しくて買いません。サインに関しては、「憧れのタレントに直接会った!」という想い出自体が大切なわけで、サインはその想い出を脳裏に再現させてくれる証拠の品だと思っています。ですのでサイン色紙だけあっても、私にはあまり意味はありません。

いつもながら、非常に説得力十分なコメントで勉強させられますね。

誤解の無いように補足しますと、(結果的にではありますが)私も海賊版に手を出したことは無いですね。サザンのCDもジョンファ姉さんのCDもヒョニーのCDも正規のヤツを買っています。私の場合、mp3で歌だけ聴ければってのはどうしてもダメで、歌詞カードとか写真集とか、そういうのも一体になって初めて一つの作品と見ているので、音楽だけだとどうしても物足りないです。

私もダウンロードとかはダメです。”使い捨て”感覚が身に付きません。ですのでどうしても極狭い範囲の曲しか聴いていません。CDも、老眼が進んで(笑)あの小さな歌詞カードには困っています。

しかし、韓流タレントを話題にすると突然にアクセス数が倍増します。どうやって書き込みの存在を知るのでしょうか?

RSSリーダーを使ったり、また、ココログの場合だったらココフラッシュhttp://www.cocolog-nifty.com/cocoflash/about.htmlなんかで日々検索かけているんだと思いますよ。田中さんがnaverとかの検索サイトでジョンファ検索されているのと意味合いは殆ど同じですね。

http://search.nifty.com/blogsearch/search?cflg=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&q=%E3%82%A4%EF%BD%A5%E3%83%93%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%B3&submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&type=fromcoco

「日々検索かけている」、なるほどねぇ~、そういう”努力”なんですね。簡単に情報を得る事のできる世の中になりましたが、大切なのはその情報の判断の仕方使い方でしょうね。先の”納豆事件”など、考えると怖いものがあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/4991991

この記事へのトラックバック一覧です: 夏物語プレミアム・生写真:

« 「夏物語」 | トップページ | 今シーズン初スキー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31