無料ブログはココログ

« 「ドリームガールズ」 | トップページ | 「さくらん」 »

2007年2月23日 (金)

「僕の彼女はサイボーグ」

「僕の彼女はサイボーグ」という映画の製作発表と聞き、てっきり、パク・チャヌク監督の 「サイボーグでもいい」が、早くも日本でリメイクされるのかと思った。よく聞いてみると、カク・ジェヨン監督による「彼女シリーズ第3作」との事でした。

前2作というのは「猟奇的な彼女」と「僕の彼女を紹介します」です。「ラブストーリー」は良い作品でしたし、「猟奇的~」も面白かった。「イル・マーレ」ではそれ程に思わなかったチョン・ジヒョン、いっぺんで好きになってしまいました。しかし次作「僕の彼女~」は期待を裏切る酷い作品でした。私の中での、歴代ワースト3に堂々とランクインされています。前半は前作を上回るはちゃめちゃでのグレードアップした”柳の下のドジョウ”狙い、炎上した車をバックに銃を構える彼女の姿、かっこ良かったし、”チョン・ジヒョンのプロモ”でも”安易な二匹目のドジョウ狙い”でも良いと思いましたし、ジヒョンペンはそれでも満足したと思います。

しかし後半は一転します。どう見ても無理無理の悲劇作り、自身の銃で恋人を誤射してしまうという設定。「本当は同僚刑事の撃った弾だった」と臭わせる部分もありますが、どの銃から発射されたかは調べればすぐ判るはず。観客をバカにした安易さです。コメディからシリアスへの反転、例えれば「釣りバカ日誌」の浜ちゃんが、釣りにのめり込んだ挙句に奥さんのみち子さんを殺してしまうようなもの、到底納得できるような展開ではありません。

しかし意に反して「僕カノ」は日本で大当たり、大嫌いな「渡る世間も~」が人気長寿番組であるように、好き好きは様々、得てして邦画でも洋画でも私の評価と世間一般でのずれの多い事を考えれば、私の方が変わっているのかも知れません・・・。監督がシリーズ3作目を日本で日本俳優を用いて撮るというのは、「僕カノ」の成功と関係の無いはずはありません。となると今度も期待できないのか?はてさて不安は大きいですが、きっと作品は観ると思います。

猟奇的な彼女 DVD 猟奇的な彼女

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2003/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

僕の彼女を紹介します DVD 僕の彼女を紹介します

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ラブストーリー DVD ラブストーリー

販売元:レントラックジャパン
発売日:2005/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 「ドリームガールズ」 | トップページ | 「さくらん」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

毎度おなじみの訂正依頼で、申し訳ないのですが、カク・チャヌク監督ではなく、カク・ジョヨン監督ですのでよろしくお願いします。

「猟奇的な彼女」は公開当初「猟奇的」の文字を誤解していて、見る気ありませんですた。その後「ラブストーリー」にはまり、(いつも辛口な諸葛さまが「ラブストーりー」を買ってくれてるのがうれしいです。)同じ監督作品ならと、見たのが「猟奇的な~」でした。

わたしもこれで、ジヒョンちゃんが大好きになりました。

続いて「僕かの」を見たのですが。ほとんど印象に残っていないのです。

やはり、たいした作品ではなかったからなのでしょう。

そして今回の「サイボーグ」・・・微妙ですよね~。カク・ジョヨン監督は大好きだけど、なんかがっかりしそうな予感。

でもやっぱり見ることは見るでしょう。

パク・チャヌク繋がりで間違えてしまいました。本文の方も訂正しておきます。

スパム対策で、コメント・トラックバックの公開は、内容を確認後に表示されるシステムを採っています。即座に表示されませんのでご理解下さい。今日は一日出かけていましたので確認が遅れました。

そうでしたか。以前ににも同じようなことがあって、そのときは同じ内容のコメントを何度も送信してみたのですが、諸葛さまが確認されてから、表示されるということですね。

じゃあ、今回は二度目のコメント、諸葛さまの目には触れてるけど、内容が重複するから、表示されてないということなんですね。

はいその通りです。放っておくと、海外スパムやら成人サイトやら、またトラックバックでは、元内容に関係の無い宣伝で埋め尽くされて(とまでは来ませんが)しまいます。困ったものです。

ここ暫く、4ヶ月も前のこの書き込みに、検索で訪れる方が増えています。ここ1ヶ月でのアクセス数では第2位(1位はトップページですので、実質1位)です。製作発表からは日が経っていますし、公開は来年、何故この時期に?と疑問に思っています。また、該当映画作品に関する情報は何も無く、わざわざ検索で訪れた方々には申し訳なく思っています。何処かで最近、「僕の彼女はサイボーグ」が話題になっているのでしょうか?誰か教えて!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/5455659

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕の彼女はサイボーグ」:

« 「ドリームガールズ」 | トップページ | 「さくらん」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30