無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

「バベル」

サッカー応援の後、そのまま隣町のシネコンに行きました。菊池凛子、アカデミー助演女優賞ノミネートで話題になった作品、「バベル」です。

作品感想ですが・・・・微妙です。モロッコと米・墨国境を舞台とした2話には共感できますし、意図もよく見えます。しかしこの2話と東京との繋がりが判然としません。モロッコでの、銃撃事件を発端とする、米国人観光客の地元住民への不安視、米・墨国境での、米国人のメキシコ人に対する(不法入国・不法就労問題での)疑いの目、この部分は寓話「バベル」の如く、言葉・民族の違いでの、理解し合う事の難しい世界の現実のもどかしさを、よく表現していると思います。そしてモロッコ人通訳やおばあさんとの交流で、その壁を越える事のできる可能性も。しかし東京でのチエコの場合は異質です。障害者への偏見や自身を表現し切れない事でのもどかしさをも含めて、「バベル」寓話の意図に広がりを持たせようと試みたのかも知れませんが、私には失敗にしか見えません。意図を広げ過ぎて不自然になっただけの気がします。猟銃の出所というだけで他の2話と繋げるのは、詭弁に似た危うさを感じました。チエコの裸も、取って付けたように唐突で、わけが判りません。日本での不法就労者や在日朝鮮・韓国人問題に繋げるとか、寧ろ逆に、言葉を持たないチエコだからこそ、弱者在日外国人と心を通わせられるとか、他の展開が欲しかった気がします。刑事に渡したメモの内容も明かさず、高層ビルの上で裸で抱き合い、何の結末が付いたのか、いや結末は付かなくてもよいのですが、前振りだけで打ち切られたもやもやが残ってしまいました。

菊池凛子は確かに熱演でしたが、アカデミーノミネートだけでも大快挙ですが、映画を観た後では、作品内に占める位置として、最初から受賞の可能性は無かったものと感じてしまいました。他の2話とかみ合っていません。寧ろモロッコの少年の演技に感心しました。

バベル-オリジナル・サウンドトラック Music バベル-オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ,チャベラ・バルガス,アース・ウィンド&ファイアー,ファットボーイ・スリム,小山田圭吾,坂本龍一,アマデオ・パセ,スケッチ・ショー,デヴィッド・シルヴィアン,コントロール・マチェテ
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2007/04/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

栃木SC 対FC岐阜戦

昨年まで日曜日は仕事でしたのであまり行けませんでしたが、昨日久し振りに(2年振り?)サッカーの応援に行ってきました。JFLに所属する栃木SC、シーズンに2度ほど地元での試合開催があります。以前は観衆も少なく、いつでもスタンド席に入れましたが、強くなってJ2を目指す準会員になったせいか、昨日は初めての芝生席でした。観客は5,000人ほどだったようです。 すぐ近くにはFC岐阜の応援団(遠路ご苦労様です)、栃木SC応援団は遥か遠くです。070429_124657_1 070429_125710_1070429_125909_2                                                                                     

当日はお天気も良く、帽子を持ってこなかった事を後悔するほどの日差しでした。試合は前年ながら0-1で負けてしまいました。「勝った方が首位」という”足利決戦”でしたので、試合内容は悪くなかったと思うのですが・・・、今一足が出ませんでしたね。暫く上位強豪との試合が続きます。来週も同じ足利でロッソ熊本戦です。また応援に行かなきゃ!070429_125634_1 070429_131322                              

2007年4月28日 (土)

続「渡良瀬橋」歌碑

除幕式会場で配られたパンフをアップします。森高さんから寄せられたメッセージが載っています。Img122_2 Img121_1Img123                   

                                                                                

「渡良瀬橋」歌碑除幕式、行ってきました。

除幕式は本日11時、ほぼ予定時間通りに開始、市長・市議会議長・商工会議所会頭の挨拶の後、森高さんからのメッセージが読み上げられました。Dsc01197 Dsc01198

一瞬、シャッターのタイミングが遅れました・・・。                                

題字は市長の手によるもの、歩道側には歌詞が刻まれています。 歩道を通るとセンサーが反応、森高さんの歌声が流れます。思ったよりはっきりと聴こえます。 Dsc01200_2 Dsc01202_4

                                                                                                 

あれっ!森高さん?Dsc01203

Dsc01204

                                  

と思ったらフアンの方でした。

                                                                        

NHK、栃木TVの撮影スタッフ(歩道の反対側)もいらしてました。NHKは判りませんが、栃木TVは火曜6時からの「イブニング6」冒頭で紹介されるそうです。これでまた、森高フアンの来足が増えるでしょうか?足利にいらした時には御一報下さい。Dsc01206

2007年4月23日 (月)

「クィーン」

昨日の日曜日に観てきました。観客は十数人。チケット売り場は列を成していましたが、お子様映画の家族連れと、「東京タワー」目当ての人が多かったようです。

実在現職の女王をどう描くのか、それが興味の的でした。その意味では驚嘆に値する映画かも知れません。首相の悪口を言う王太后、女王・君主制に批判的な首相夫人、傍で見ていて心配にもなります。最終的には、女王も首相も”良く”描いてはいるのですが、決して媚び諂う持ち上げ方では無く、無理の無い範囲で、ひとりの人間として描いていたように思います。現職女王を映画化できる英国という国、そしてレンジローバーを運転して1人でオフロードを走る女王、共に日本では想像も付かない出来事です。そして、アカデミー主演女優賞を受賞したヘレン・ミレン、それも当然と納得できる演技でした。

騒ぎの当時から、ひとつ引っかかっていた疑問がありました。皇太子との結構当初の”シンデレラ”時代は兎も角、ダイアナ皇太子妃という方、決して、誰にでも好かれ尊敬される、”理想的皇太子妃”では無かったように記憶しています。同情の余地は沢山あったにせよ、「英国民誰にでも愛される」存在では無かったように思っていました。それがその死と共に変わってしまった立場、「これは何なのだろう?」という、いまひとつ割り切れない思いもありました。マスコミの在り方、民衆のパニック的感情流動、ある種ヒステリック的な、腕力を伴わない”暴力”のように感じる部分もあり、不気味さも感じました。教育程度も高く冷静な国民性を持つ英国ですので、これで済んでいますが、情報の限られる発展途上国では、マスコミも立派な実践的”武器”になる事も再確認してしまいました。情報の氾濫する、そしてネットにより誰でも(その内容の良し悪しに係わらず)発信する事のできる現代です。情報を選択する、得た情報を客観的な判断力で咀嚼する、そういった事の重要性は益々高くなるのでしょう。さて英国では、どのように捉えられた作品だったのでしょう?

2007年4月21日 (土)

「渡良瀬橋」の歌碑

3月の末に、森高千里さんの歌った「渡良瀬橋」の歌碑に関して書きました。今日、通りがかりに工事状況を撮影してきました。見たところ、既に完成設置済みのように思えます。29日には、GW中の「足利まつり」行事のひとつとして、「渡良瀬橋歌碑完成記念・第24回渡良瀬ウォーク」が企画されています。「渡良瀬ウォーク」は、”皆で市内を歩こうよ”みたいな企画で、毎年この時期に行われています。除幕式に関しては、商工会議所会報には記されていません。噂されたご本人の来足に関しても・・・。やっぱ無理だったかな?Dsc01194 Dsc01195

2007年4月16日 (月)

訃報

土曜日、大学時代の先輩の通夜で船橋まで行ってきました。もう長い事お会いしていませんでした。外資コンピューター会社に勤めていたエリートサラリーマン、その後お仲間達と新たに会社を立ち上げ、世界を飛び回り活躍されていた方の、58歳という若過ぎる死でした。白血病を病んで、一年半に及ぶ闘病生活をされていたそうです。TVドラマとかでしか知らない病を、初めて身近に感じてしまいました。

先輩とは、同時期に学生生活を体験はしていません。私の入学より2年早く卒業されています。他の先輩を通して知り合い、お勤めの会社が大学から近い赤坂にあった事もあり、お世話になる事の多かった方でした。当時は学生には高過ぎるファーストフードであったKFCを初めて食べたのも、先輩の奢りでした。バンジョーの生演奏のあった赤坂のピザ屋、そしてディスコ、学生には物珍しい場所にも連れて行って頂きました。部活(美術部)での先輩ですが、企画した展覧会の赤字を補填して頂いた事もあります。何かと面倒をかける、甘えてばかりの後輩であった気がします。スキーも好きで、よくご一緒致しました。当時まだマイナーだった”みつまた高原スキー場”も、先輩に教えて頂いてから、毎年訪れるようになりました。学生時代の思い出のシーンの多くに、先輩の顔が残されています。温厚で洗練された、憧れの先輩でした。

もちろん私の世代では、元気に活躍されている方が大部分です。しかし時折、若過ぎる訃報を耳にする機会も増えてきました。もうそういった年代に入ってしまった、という事なのでしょう。私自身は、東京での学生時代が、もう30年以上前である事が信じられずにいます。まだついこの間の事のように思えます。月日は非情に過ぎて行きます。青春の日々の取り返せない事を、思い知らせる先輩の訃報でした。

通夜の会場では、数人の先輩方と顔を合わせる事ができました。「○○が会わせてくれたんだよ」と、ある方が表現していました。確かに、このような機会でも無いと、中々再会も果たせません。「今度は楽しい会で会いたいね」と繰り返しながら、日常に戻ると、日々の生活に埋もれてしまいます。しかし今回は特に強く、皆に会いたい、青春の日々を共に過ごした人々に会いたいと、切実に願いました。

2007年4月12日 (木)

松坂初黒星

松坂、負けちゃいましたね。朝8時からの放映では見る事叶わず、ネットでのニュースで知りました。7回を8安打3失点だそうです。注目されたイチロー対決は4打席を無安打に押さえ松坂の圧勝、でも城島に2本の2塁打を打たれています。考えてみれば、メジャーで一番松坂を知る選手です。最近まで同じパリーグに属し、しかもキャッチャー、松坂研究は散々やってきた男です。イチローのばかりに注目が集まりましたが、結果としては「あっ、そうだよね~」といった感じ。19

最近は野球にはトンと興味が無くなりましたが、元はライオンズフアンです。東京に住んでいた頃は、フアンクラブにも入り、球場にも時折足を運んでいました。石毛・秋山・工藤・松沼兄弟等の活躍していた時代です。東尾元監督の現役時代の姿も見ています。もちろん伊藤現監督のプレーも。親会社の凋落と裏金問題、すっかりイメージダウンしてしまった西武球団ですが、当時は清新な雰囲気に溢れていました。秋山・工藤の抜けた年、松井のメジャー移籍、そして今回の松坂、主力の抜けた穴をその度に若手の成長で凌いできました。松坂の穴は大きく思えましたが、涌井の活躍もあり、現在も首位を争っています。野球中継は全く見なくなりましたが、今でも気になる球団ではあります。

今朝の出掛け、ビデオ録画をかけてきました。結果の判ってしまった試合ですが、帰宅後に見たいと思います。3失点は本人も不満でしょうが、味方が完封されては勝てませんね。松坂君の今後の活躍を祈ります。

2007年4月 7日 (土)

「花とアリス」

一度借りてくるとクセになるもので、今度は「花とアリス」のDVDを借りてきました。岩井俊二監督、蒼井優と鈴木杏の共演作です。岩井監督作品では、「スワロウテイル」は好きな作品ですし(Charaが良かった)、「リリィシュシュのすべて」も、近在で撮影されたものですので観ました。鈴木杏は、椎名林檎のライブの時に、同じブロック(3列位?後ろ)に居たのを目撃しています。同じ列の端に座っていたともさかりえさんと、親しそうにお話ししていました。

どちらかというと主演は鈴木杏なのでしょう。”林檎フアン”というだけで好印象を持っていましたが、今までどんな活動をしてきたのか、全然知りませんでした。面白いキャラクターを上手く演じていました。不思議少女的蒼井優とのコンビも悪くありません。

出だしで「白戸」とか「石森学園?」「藤子」とかの駅(実在の駅なのでしょうか?)が出てきて、主人公らの高校は「手塚高校」、お遊び気分一杯で始まりました。現実離れした”記憶喪失恋愛”ドタバタですが、喜劇的”アク”は少なく、サッパリとした観後感でした。今まで観た岩井作品のような、後に残る感慨はありませんが、しっとりとした軽い爽やかさは残ります。魅力満点とまでは行かないまでも、魅力及第点作品ではあると思います。蒼井優のバレエシーンでは、「フラガール」を思い出しました。

花とアリス 通常版 DVD 花とアリス 通常版

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2004/10/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年4月 3日 (火)

「楊家将」

北方謙三著「楊家将」、PHP文庫上下2巻にて読み終わりました。中国では「三国志」「水滸伝」と並ぶ人気があるそうです。京劇での人気題目とか。文庫本帯の「三国志より面白い!」の文字に惹かれて読んでみましたが、確かに面白い!

中国宋代での、楊一族の、遼との戦いを描いた歴史小説です。当主楊業と7人の息子達、その奮戦と宋禁軍譜代将との確執、宿敵「白き狼」こと邪律休哥との戦い。歴史小説の面白さをふんだんに盛り込んだ、血湧き胸躍る物語です。この小説には、物語全編を通しての確固たる主役が居ません。その場により、楊六郎であったり七郎、また四郎であったり、また遼の邪律休哥であったりします。戦いを片方の目線で勧善懲悪的に描く事をせず、それぞれを生きた人間として描いています。作者は、千年前の英雄達を、活き活きと描き活躍させることに成功しています。史実にも縛られず、かといって反するわけでも無く、また原典「楊家将演義」にも束縛されず、見事に理想的”武人”を描き切ったように見えます。物語りも無駄なく、厭きさせず進行します。一気に読破させる勢いを持った作品だと思います。作者はこの作品によって、第38回吉川英治賞を受賞しているそうです。

楊家将〈上〉 Book 楊家将〈上〉

著者:北方 謙三
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

楊一族の物語は、まだまだ続くそう、作者の手による続編「血涙」も、すでに昨年出版されています。文庫本化を待って読んでみたいと思っています。

血涙〈上〉―新楊家将 Book 血涙〈上〉―新楊家将

著者:北方 謙三
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年4月 2日 (月)

「リンダリンダリンダ」

DVDを借りてきて観ました。以前から気になっていた作品。理由はもちろん”ペ・ドゥナ”です。韓国では有名な女優ですが、”韓流”には引っかかっていないはずだし、この起用に興味を惹かれました。

当初、「スウィングガールズ」や「ウォーターボーイズ」のような、愉快で楽しい青春学園ものを想像していました。しかし色合いは全く異なっていました。盛り上げる脚色も、愉快な笑えるエピソードも無く、都合の良いどんでん返しも無い。特別な事件もハプニングも無く、淡々と話は続きます。学園祭前からの数日間を兎に角”リアル”に、等身大に描いた作品だと思います。セリフのメリハリも意図的に削っているように感じました。普通の高校生の普通な、それでも本人達にとっては、後々記憶に残る特別な数日間なのでしょう。誰もが持っているであろう過ぎし日の記憶を、ありのままに描いた、映画としての娯楽性をギリギリまで削った作品です。監督のコメント、「自分の思う高校生はこれ以上でもないし、これ以下でもないんだよな、と思った。」もその意図をよく表していると思います。良し悪しの評価は微妙・・・かな?

リンダリンダリンダ DVD リンダリンダリンダ

販売元:バップ
発売日:2006/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

当時25歳前後だったはずのペ・ドゥナ、童顔が幸いして、高校生を難なく演じています。”演技を感じさせない演技”は元々彼女の得意とするもの、突出する事を避けて、地味な演技に徹していました。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31