無料ブログはココログ

« 栃木SC 対FC岐阜戦 | トップページ | SUBARU »

2007年4月30日 (月)

「バベル」

サッカー応援の後、そのまま隣町のシネコンに行きました。菊池凛子、アカデミー助演女優賞ノミネートで話題になった作品、「バベル」です。

作品感想ですが・・・・微妙です。モロッコと米・墨国境を舞台とした2話には共感できますし、意図もよく見えます。しかしこの2話と東京との繋がりが判然としません。モロッコでの、銃撃事件を発端とする、米国人観光客の地元住民への不安視、米・墨国境での、米国人のメキシコ人に対する(不法入国・不法就労問題での)疑いの目、この部分は寓話「バベル」の如く、言葉・民族の違いでの、理解し合う事の難しい世界の現実のもどかしさを、よく表現していると思います。そしてモロッコ人通訳やおばあさんとの交流で、その壁を越える事のできる可能性も。しかし東京でのチエコの場合は異質です。障害者への偏見や自身を表現し切れない事でのもどかしさをも含めて、「バベル」寓話の意図に広がりを持たせようと試みたのかも知れませんが、私には失敗にしか見えません。意図を広げ過ぎて不自然になっただけの気がします。猟銃の出所というだけで他の2話と繋げるのは、詭弁に似た危うさを感じました。チエコの裸も、取って付けたように唐突で、わけが判りません。日本での不法就労者や在日朝鮮・韓国人問題に繋げるとか、寧ろ逆に、言葉を持たないチエコだからこそ、弱者在日外国人と心を通わせられるとか、他の展開が欲しかった気がします。刑事に渡したメモの内容も明かさず、高層ビルの上で裸で抱き合い、何の結末が付いたのか、いや結末は付かなくてもよいのですが、前振りだけで打ち切られたもやもやが残ってしまいました。

菊池凛子は確かに熱演でしたが、アカデミーノミネートだけでも大快挙ですが、映画を観た後では、作品内に占める位置として、最初から受賞の可能性は無かったものと感じてしまいました。他の2話とかみ合っていません。寧ろモロッコの少年の演技に感心しました。

バベル-オリジナル・サウンドトラック Music バベル-オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ,チャベラ・バルガス,アース・ウィンド&ファイアー,ファットボーイ・スリム,小山田圭吾,坂本龍一,アマデオ・パセ,スケッチ・ショー,デヴィッド・シルヴィアン,コントロール・マチェテ
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2007/04/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 栃木SC 対FC岐阜戦 | トップページ | SUBARU »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/6258794

この記事へのトラックバック一覧です: 「バベル」:

« 栃木SC 対FC岐阜戦 | トップページ | SUBARU »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30