無料ブログはココログ

« 「ゲゲゲの鬼太郎」 | トップページ | 昨日の渡良瀬橋 »

2007年5月14日 (月)

特別純米酒「渡良瀬橋」

11日の金曜日、某銀行系異業種交流会の年次総会だったのですが、総会後の講演会での講師にお招きしたのが、「渡良瀬橋」を醸造している第一酒造㈱の若女将(企画室長)でした。演題は「夢を醸して夢を届ける」~これからの日本酒とマーケティング発想~でした。日本酒の需要は年々減り、酒蔵の数も減り続けているそうです。その中でいかに生き残りをかけるか。品質の向上はもちろんですが、「一升瓶で買う時代では無い」と、720ml、300ml、最近では180ml瓶も出荷、女性・若者層を狙って、軽く甘く飲み易い日本酒、アルコール度数7~8度の商品も作っているそうです。デザインも、ワインのようなおしゃれなものもあります。またその逆に、限定高級ブランドとしての本格日本酒も製造、”ANAファーストクラス専用酒”として採用されたとの事、”地上では飲めないお酒”です。ちなみにこのお酒は、店のパンフレットにも載せていないそうです。載せても店では売れないわけですしね。Img124 Img125 Img126                                                               

「渡良瀬橋」は、森高千里由縁のお酒では無く、それ以前から製造していたものだそうです。今回の、歌碑設置を契機としての問い合わせは、今のところ無いそうですが、アヤヤのカバー時には何件かの問い合わせがあったとか。全国の酒蔵9軒と合同で、東京にアンテナショップを出しているそうです。「渡良瀬橋」が在庫されているかどうかは聞き損ないました。Img128 Img127

                                              

歌碑参りのフアン数人が、近くの大黒屋酒店で買って帰ったそうです。でもフアンでは、飾っておくだけで飲まないでしょうから、大きな重要には繋がらないでしょうね。(笑)

« 「ゲゲゲの鬼太郎」 | トップページ | 昨日の渡良瀬橋 »

森高千里」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こないだ電車の中吊りで森高サンを見ました。何の雑誌だったかは忘れてしまったんですけれど、アイドルの時とはまた違った魅力があって、大変宜しいと思います。最近は「森下」の方の名前をよく見ますけどね(苦笑)。あれは紛らわしい。
そういえば、結婚後はもう歌手活動は全くしていないんですね。アレ中学の時だったんかなぁ、朝のポンキッキーズとかいう番組でやってた「ロックン・オムレツ」が私の中では非常にインパクトが強いですw

雑誌は「LEE」ですね。私は見ていませんが、フアン掲示板で話題になってました。

歌手活動と言ってよいのか判りませんが、ニッサンのCMソングを歌ってます。今週末、ディーラー店でCDを配布するとか聞いています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/6418934

この記事へのトラックバック一覧です: 特別純米酒「渡良瀬橋」:

« 「ゲゲゲの鬼太郎」 | トップページ | 昨日の渡良瀬橋 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30