無料ブログはココログ

« 我が家の韓流 | トップページ | 円安ウォン高・韓国”神話” »

2007年7月14日 (土)

日韓FCの在り方の違い

武道館でのイ・ビョンホン誕生会話題に添えて、日本と韓国とのフアンクラブの違いについても書いておきたいと思います。

フアンクラブ(以下FC)、日本では所属プロダクションやレコード会社等で作る、宣伝・顧客サービスを兼ねる、企業活動の一環としての「公式FC」として存在しています。一方韓国では、この形式の「公認FC」は原則存在しません。「FCはフアンが作るもの」という感覚で、フアン有志による私的活動が韓国でのFCです。運営は有志のボランティアにより支えられ、有力なものはプロダクション側から「公認」という形で認められ、共にイベントを企画運営します。私も以前は、今は解散してしまった女性アイドルグループ:BABY V.O.Xの韓国FCに入会しており、ファンミとコンサートに参加した事があります。http://www.k-plaza.com/life/life_baby.html

Music Go

アーティスト:Baby V.O.X
販売元:ユナイテッド・アジア エンターテインメント
発売日:2003/03/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

韓国のFCですが、先に書きました通りフアン有志による私的活動です。歌手の場合は、活動曲(アルバム)毎に加入受付・更新が行われます。この”活動曲”に関しては、少し説明も必要でしょう。韓国では、歌手活動はアルバム発売毎に行われます。原則シングルCDの発売はありません。(時に”ミニアルバム”の発売はあります)アルバムから選ばれた1曲をメインに歌手活動を行い(活動曲)、後に同じアルバムからもう1曲(後続曲)を選び活動するのが一般的です。そして活動終了後は休止時期となり、休息や新曲準備、ドラマ・映画出演、バラエティ番組や司会等、別分野で活動する人も居ます。またグループの場合は、休止時期をソロ活動に当てる場合もあります。そしてまた、新アルバム発売時期になると新たにFC会員の募集を始めます。私は都合2期に渡り、BABY V.O.X FCに参加しました。

韓国FCは私的団体ですので、日本に比べると特典はずっと少なくなります。FC自体に特権はありません。場合により多少融通を利かせて貰えるケースもありますが、基本は”タレントを応援する私的集合体””フアン同士の親睦会”とかとして存在しています。”お客様”として待遇される日本のFCとは大きく異なる部分です。

かのイ・ビョンホン氏のFCですが、同じようにフアンの私的活動の場として韓国に成立しました。そして数人の熱心な日本人フアンが日本でのFCを結成、韓国FCの公認を得て日本支部的立場で活動するようになりました。まだ空港出迎えも無かった時代、「JSA」宣伝の為に来日したイ・ビョンホン氏を迎えて、小規模なファンミも開催したと聞いています。

”韓流”の勃発は、この日本支部FCに大きな変動を余儀なくさせる結果をもたらしました。韓国FC会員が数百人規模(700人?)であったにも係わらず、日本FCには一挙に数千人の加入希望者が殺到したのです。人数的にも、数人のボランティアスタッフの手に負える規模ではありませんが、更にFCでの”日韓での違い”に対する認識不足が、運営スタッフの大きな負担になったようです。つまり、「FC会員になったのに特典が少ない」「対応が不十分・不親切」等々、FC会員と運営スタッフとの関係を誤解、「会員になったのだから当然サービスを受けられる」との、”お客様意識”での感覚的行き違いです。結局日本FCは解散、日本的運営による企業FCに引き継がれました。

今回のイ・ビョンホン武道館誕生会でも、一部に意識的違いが垣間見えます。韓国での誕生会は、だいたいは数百人規模程度のものです。最初からタレント本人の参加が決まっているものもありますが、フアン同士で集まって勝手に誕生日を祝う、その場に”サプライズゲスト”として本人が姿を現す場合”も”あるという形式のものも、こちらも一般的な形ではあります。敬愛する”タレントの誕生日を祝う”事が主目的であり、決してフアンサービスとしてのイベントではありません。この点では日本でのこの手のイベントは、韓国での本来のものとは、どうしても姿を変えざるを得ません。それでも、東京ドームでのファンミイベントとは根本的に異なるものです。「ゲストが居ない」事に対する失望の声もありましたが、これも、本人の友人が自身の意思で友達として駆けつけるもので、出演依頼する類のものではありません。韓国では、ソン・スンホン等、親しい友人に祝って貰ったとも聞いています。

韓国でのFCファンミに参加して思った事、FC会員の純朴さと律儀さです。タレントを応援する純粋さは、日本のものより数段上と感じました。また「加入した」との第三者的意識では無く、自分達で運営・維持していると言う意識の高さも感じました。タレント本人に少しでも近付きたい、声を聞きたい姿を見たいプレゼントを渡したい、それはフアン皆同じだと思います。しかしそこに「他人を押しのけても」との自己中心意識の残る限り、韓国FCには「勝てないなぁ~」と感じてしまいます。

« 我が家の韓流 | トップページ | 円安ウォン高・韓国”神話” »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

ものすごくお久しぶりです、覚えてくださっているでしょうか^^;こんばんは。
私は相変わらず、某俳優さんのファンを続けていますが、最近はPCを開いても、あまりその関連のところは目を通さなくなっていましたので、ネットで誰かと言葉を交わすことは、ほんとうに久しぶりです。
今日たまたまこちらを訪れてみたら、私がファンミに参加するたびに感じているような気恥ずかしさを、見事に文章に書いてくださっていたので、なんだか胸のつかえが取れたようです^^すっきり。

某俳優さんのFCでも、私設の公式FCから企業公式FCに変わった際、それはそれは大揉めでした。なんとか私設のころの理念というか、雰囲気を受け継ごうという流れもありましたが、結局は「会員にはファンサービス特典あり」という日本式(?)FCへ収まってしまいました。
同じように恩恵を受けている者としては、あまり強く反発もできないのですが、困っていることは、応援意識の違う方とは、まるで話の折り合いをつけることができないのです・・・わかっていただけると思いますけども^^;

好きだからただ応援せずにはいられないだけという原点は共通であってほしいし、会いたい気持ちはみんな同じでも、ファンであることを会うための特権にはして欲しくないんだけどなあ。
・・・ということを言っても、いつも理解してもらえるのは、もともと理解してくれている人たちだけなんですけどね^^;;

長くなっちゃってすみません☆

これはこれは、久々のご訪問ありがとうございます。
恋愛でもそうですが、感情だけが先走ると「君を世界で一番愛しているのは僕だ!どうしてこの気持ちを解ってくれない!」と、利己的・自己中心的な押し付けに成り勝ちです。熱くなっている時には、冷静な言葉も上手く通じないですね。

それでも、一般フアンに比べFC加入フアンの方が、全体的には真摯な応援をされている方が多いと思います。私の娘も某ロックグループのFCに入っていますが、海賊版は決して買いませんし、オークション横流しチケットも買いません。それがフアンの務めであり信義だと信じているようです。フアンである事には、責任も伴うと思っています。恋愛同様、ストーカーになっちゃいけませんね。得る事よりも与える事に重点を置きたいもの。タレントさんからは、映像にしろ歌にしろ、感動や安らぎや支えや、すでに色々なものを与えて貰っているのですから。

諸葛亮 さん、こんにちは。興味深く読みました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/7144071

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓FCの在り方の違い:

« 我が家の韓流 | トップページ | 円安ウォン高・韓国”神話” »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31