無料ブログはココログ

« 7・7・7 | トップページ | 日韓FCの在り方の違い »

2007年7月14日 (土)

我が家の韓流

12日の武道館でのイ・ビョンホン誕生会ファンミ、家内が参加してきました。東京ドームでのファンミやそれ以前の「韓流サミット」では私も共に出かけたのですが、今回はフアンクラブ会員限定との事で、家内単独での参加になりました。しかしこのチケット、オークションにも多数出品されていて、アリーナ席では(途中経過)36,000円!というのもありました。最終的には、いったいいくらで落札されたのでしょう?「会員証もお貸しします」との条件での出品でした。最初から転売目的でFC加盟している人も結構居るのでしょうね。韓国では、「誕生会」を開いている俳優・歌手も多いのですが、フアンが祝う趣旨のもの、企画イベントとして有料開催される日本とは、事情は大きく異なっています。

パリイ イ・ビョンホン最新写真集 Book パリイ イ・ビョンホン最新写真集

販売元:角川SSコミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前から韓国に嵌り、韓国映画やK-POPを好んで観聴きしていた私と異なり、家内は特別の興味を抱いていたわけではありませんでした。単に私に付き合って出かけていただけでした。「JSA」も一緒に映画館で観ていますが、その時点では、イ・ビョンホンに特別の感情も持たなかったようです。それがドラマ「美しき日々」から様相が変わりました。私としては、歌手イ・ジョンヒョン出演ドラマとして興味を持ち見始めました。で、いつものように”お付き合い”で一緒に見ていた家内、のはずだったのですが・・・。

美しき日々 DVD-BOX 1 DVD 美しき日々 DVD-BOX 1

販売元:バップ
発売日:2004/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「一番ビックリしているのは本人」と家内は言います。若い頃でも、特別に特定のタレントに嵌ったりした事も無かったそうです。それが今では、同じ映画を何度も観に行ったり(最初の1回は私も一緒)、DVDや写真集を買ったり、娘のようにはしゃいでいます。(笑) 1人で出かけていた韓国旅行も、最近では夫婦での訪韓が多くなっています。しかも、以前の私の旅には含まれなかった”ロケ地巡り”も、主要目的のひとつになっています。韓流タレントに熱中のあまり、ご主人に呆れられている主婦も少なく無いようですが、我が家の場合は真逆です。韓国アイドルのコンサートやファンミに韓国まで出かけていた旦那に呆れていた奥さんが、いまやその土壺に嵌ったしまったわけで、最初から良き理解者に恵まれた幸運な位置に居るわけです。ウチの奥さん。”嵌り度”も、決して度を越しているわけでは無く、家計への負担もほどほど、寧ろ共通話題の増えた事で、家庭円満にも利しているかも知れません。(笑) 子供たちが巣立った後ですので、こういった趣味も必要、それが夫婦共通の趣味であるなら、これに勝るものはありません。

ムービー・ゴン別冊 「韓国ドラマ&映画 ロケ地紀行 Part.1」 Book ムービー・ゴン別冊 「韓国ドラマ&映画 ロケ地紀行 Part.1」

著者:キム ジョンス
販売元:シネマハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

我が家での”韓流”波及は、それに留まりませんでした。おばあちゃん、つまりは私の母ですが、こちらも毎日のように韓国ドラマDVDを借りてきて見ています。母の嵌ったのは「天国の階段」とか「イヴのすべて」とかで、私の趣味とは異なるのですが・・・。元々は韓国・在日韓国人に偏見も持つ世代です。そういった世代まで巻き込む、”韓流”の威力には驚きます。

« 7・7・7 | トップページ | 日韓FCの在り方の違い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

一時の異常なまでの韓流ブームはもう去ったと思っていますが、それでもまだファンはたくさん居るようですね。ただ、我が家の近所にある通称・白亜の館(ヨンの店)も、以前は店の前でよくオバハンたちが騒いでいましたが、最近は静かでして、お客さんも居るのか居ないのかよく分かりませんw

ウチの場合はですねぇ、母は全く韓流には興味を示さず、それどころかヨン様とかに対しては「気持ち悪い」といって寄り付きもしません(笑)。「あんなののどこが良いのかしらね」といって呆れてます。批判している…というよりは、とにかく興味が無いみたい。ERとかドクタークインのような米国ドラマ、またはオードリーの映画をよく観てますよ。

> 韓国では、「誕生会」を開いている俳優・歌手も多いのですが、

いやぁ、ご存知のように私も応援している人が一人おりますが(笑)、まさか参加費1000円だけとは思いませんでしたよ。尤も、現地集合・現地解散ですがね。それでも、商売目的の日本とは一線を画しており、驚きました。こんなこと言うのもなんですが、商魂は寧ろ韓国人の方が強いと思っていただけに、この辺のオープンな感覚には、彼等の意外な一面を知ることが出来て、勉強になりました。

もちろんピークは過ぎたと思いますし、それ以前にその「異常なほどの韓流ブーム」自体、マスコミの作り上げた虚像だと思っています。「空港お出迎えに数千人!」とかにしたところで、日本の普通のアイドルでも、数千人を動員する事など容易いはずです。集まっちゃ困るから情報を流さない場面、注目度を高めるために敢えて情報を流す、それが主催者側の予想を超えて集まってしまっただけ、と思っています。それ以前では、韓国の人気歌手でも日本では観客を集める事ができませんでした。その意味では「異常な~」は確かですが、ヨン様とて、日本の人気歌手の日本国内での動員力には遠く及ばないと思っています。「犬が人を咬んでも記事にならない、人が犬を咬んで初めてニュースになる」類の、今までマイナーだった韓国俳優が”普通に”人気を得た故の騒ぎだったと見ています。

ピークを過ぎて、普通の日本タレントと同様に、それぞれに固定フアンが残った状態が今かと思います。浜崎フアン、モー娘フアン、浜省フアン、普通の人気タレントと同様になったが故に、つまりは”普通”になったが故に、マスコミももう騒ぎ盛り立てる必要も無くなったのでしょう。しかしそれでも、以前に比べ韓国はずっと身近になりましたし、追っかけに無縁だった年代層を新たに開拓した”韓流”、その威力には恐れいります。また反面、加熱する一部オバサマフアンを面白おかしく取り上げたせいで、”韓流”に対する偏見も、一部残してしまった気もします。

私は椎名林檎のFCに入っています。この秋の全国ツアーのチケットも取りました。東京でのチケットは、発売当日の開始時間丁度に電話したとて、取得は大変困難です。ですのでFC加盟して優先予約チケットを入手しています。ツアーでの会場は、全国何処でも完売が当たり前です。TVにも出ませんし、一般にはややマイナー扱いされる林檎嬢でもこの状態です。しかしもし韓流タレントが全国ツアーしたとして、完売は難しいと思います。滅多に来ない、しかも限定開催ですので全国からフアンが集まっています。つまり、そのフアン層範囲ですが、元々が、ややマイナー系の日本タレント程度だった、それをマスコミが過剰に騒ぎ拡大して見せたのではないか?と、そんな感じに見ています。それでも十分の人気ですし、”ブーム”ではあったのだと思います。騒ぎの最盛期でも、日常生活での範囲では、身近に韓流フアンはあまり居ませんでした。林檎フアンと同様に。

”商魂”に関してですが、韓国人が”オープン”で”商魂が薄い”わけでは無く、単に今まで、誕生会やファンミ・フアングッズの類が「韓国では商売にならなかった」だけだと思います。最近の日本での”韓流”イベントにも、多く韓国人が係わっていますし、「日本人が商魂逞しく韓流で儲けた」という図式は成り立たないように思います。”韓流”が「これは商売になる!」という事を教えてしまった、一度知った時の韓国人の商魂は、やはり凄まじいものもあると思っています。エーケンさんの”あのお方”が韓流に巻き込まれなかった事は幸いです。(笑)

なるほど、色々な見方があるんですね。

> ”商魂”に関してですが、韓国人が”オープン”で”商魂が薄い”わけでは無く、

この辺は一応了解しているつもりで先の文章は書きました。私が言いたかったのは、日本人の会員と分かれば、所謂「日本人価格」みたいのを設定して、そのお金を取られるのかなと思っていたのに、請求されたのは韓国人と同じ僅か1000円だけだったということです。その点に驚きというか、日本では考えられないなぁという感想を持ったに過ぎません。

> エーケンさんの”あのお方”が韓流に巻き込まれなかった事は幸いです。(笑)

全く仰る通りですわ。私はこれだけが救いですよ(苦笑)。
彼女は決して美人というキャラではなく、歌も別にすっげー旨いというワケではありません(姉さんゴメン!!)。実際、顔だけだったら他にも「良いなぁ」と思う人は居ますし、歌だってもっと旨い人は居ますからね。ヒョニーがアノ程度だったんだから、姉御は日本では絶対に成功しなかったでしょうね。

ただ私の場合に限っていえば、何ていうのかなぁ、初めて歌を何気なく聞いたときに、妙に引き込まれてしまいましてね。しかも、実際会ってみると全然スター気取りじゃないし、そういう人柄みたいのにも惹かれました。
単に「キレイ」とかだったら、「美人は三日で飽きる。ブスは三日で慣れる」ってヤツで、おそらく飽き性の私だったら、もうとっくに"別れて"いると思います。言葉ではなかなか旨くいえないんですが、独特の魅力に惑わされているという感じですかねw

判りますよ~!ヒョニーも決して、歌唱力じゃ優れている方じゃありません。寧ろプロとしては下手な方かも知れません。日本の男性歌手ではラルクのHydeさんが好きですが、こちらも音程の安定しない部分がありますし、”荒井”時代のユーミンだってあんまり上手い方じゃありませんでした。歌唱力と歌手としての魅力は別ですね。でも林檎嬢は抜群に上手いです。(笑)

顔も、魅力ある美人も魅力の無い美人も居ますね。もちろん、美人じゃなくても魅力溢れる人も。”姉さん”は十分美人だと思いますよ。

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/lee_byunghun/story/20070718jcast200729436/
韓国メディアでは日本武道館の「日の丸」が消され、文字通り"白旗"になってしまったそうですw
まぁ、日本嫌いなのは別に良いんですが、聖地「武道館」をこうやってぞんざいに扱う態度は許せませんなぁ。

「手違い」というコメントは苦しいですね。
でも「日本嫌い」が理由とは限りません。寧ろ私は、韓国での反日層からの反発を回避するための措置、と考えた方が理にかなっているように思います。しかしまぁ、その意図だとしてもあまり良い遣り方とは思えませんが・・・。それに消すならもっと上手く消せよ、という思いもあります。白旗だけ残しちゃいけません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/7137272

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の韓流:

« 7・7・7 | トップページ | 日韓FCの在り方の違い »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30