無料ブログはココログ

« 韓流シネマフェスティバル | トップページ | 競艇場に行ってきました。 »

2007年7月29日 (日)

参議院選挙

予想を上回る、自民党の歴史的惨敗になりそうですね。小泉政権成立以来、一貫して与党を支持してきた私ですが、今回はこりゃぁまぁ仕方ない、との思いです。あまりにマイナス要素が多過ぎました。それでいて、小泉さんと違い、安倍さんの態度がはっきりしない、煮え切らない。事の良し悪しは別にして?行動も発言もはっきり見えていた小泉さんの後ですので、安倍さんの不甲斐なさが際立ってしまいました。思い出してみれば、それ以前の総理のほとんどは、同様に煮え切らない人が多かったのですがね。

やはり焦点は「年金問題」なのでしょう。政策や理論よりも、一般国民もやはり”自身の損得が一番”、逆の意味での利益誘導型選挙でもあったように思います。与党に絶対的な信頼を置いていたわけではありません。不満も多々あります。しかしそれ以上に、私には民主党不信が根強くあります。”国民のため”というより、”自身のため、党のため”という、「政権獲得が一番目標」との姿勢に映る場面が多かったのです。”反対のための反対”と見える場面が多く感じられました。「最善が望めないなら次善」との、前向きな譲歩姿勢を持つ大人の党であったなら、今回は素直に「民主党」に一票入れたかも知れません。自民党には入れたくない、しかし民主党には更に・・・、という選択に困る選挙でした。

今回の勝利は、決して民主党が支持されたとは思いません。自民党への批判票です。それを誤解して欲しくないですね。民主党が支持されるとしたらこれからです。それを自覚して、今まで以上の責任を持っての行動を期待します。参院での議席を以って、単に議案不成立を目指すだけであれば、”百害あって一利なし”、国民の期待を裏切る事になります。

« 韓流シネマフェスティバル | トップページ | 競艇場に行ってきました。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/7322339

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙:

« 韓流シネマフェスティバル | トップページ | 競艇場に行ってきました。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30