無料ブログはココログ

« 「HERO」 | トップページ | 「コーストガード」 »

2007年9月23日 (日)

「プロヴァンスの贈り物」

連休で娘が帰って来ました。家内と娘はお買い物、その間にひとりで映画を観ていました。東京ではとっくに上映の終わった作品でしょう。隣町のシネコンで1日2回だけの上映、しかもその内の1回はレイトショーです。話題になった作品ではありませんので、日曜昼13:00~の回で、観客は10人ほどでした。しかしこういったマイナー作品も上映してくれる映画館はありがたい。

作品に対する事前知識は全くありませんでした。ラッセル・クロウ主演である事も知りませんでした。単に”プロヴァンス”という言葉に惹かれただけです。「たまには仏映画もよいかな?」という程度の感覚でした。しかし実際は、ハリウッド資本での作品で、監督も英国人でした。エンディングに流れた曲が「ビキニ姿のお嬢さん」の仏語バージョンでした。それが象徴的かも知れません。”アメリカナイズされたフランス映画”といった感じもあります。最近の仏映画を観る機会はほとんど無くなりましたが、少なくとも、昔の、かったるいくらいにしっとりと時の流れる、あの雰囲気は全くありません。それでも、米国映画に比べると、欧州風の落ち着きは感じられる気がします。作品に、特別な感動はありません。単純なお話しで、期待通り予想通りに展開して行きます。後々に残る強い印象はありません。しかしそれでも、南仏の明るい風景と相まって、ひと時の心地良い時間になった事は確かなようです。http://jp.franceguide.com/home.html?NodeID=1129&EditoID=88417

« 「HERO」 | トップページ | 「コーストガード」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/8074699

この記事へのトラックバック一覧です: 「プロヴァンスの贈り物」:

« 「HERO」 | トップページ | 「コーストガード」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31