無料ブログはココログ

« 「めがね」 | トップページ | 「You're My Sunshine 君は僕の運命」 »

2007年10月29日 (月)

松井と松坂

ワールドシリーズも、レッドソックスの4連勝で終わりました。昨日の第3戦、ちょっと感動してしまいました。1回の裏、いきなりの対戦、松坂の初球を松井がヒットしましたね。最近は野球自体への興味も薄れ、全く熱心ではありませんが、一応は西武フアンという事になっています。日本でのチームメイトが時を経て大リーグの、それもワールドシリーズの場で対戦する、ちょっとした”奇跡”でもあるように思います。西武フアン限定の感動なのでしょうね。

ライオンズのフアンになると決めた(笑)のは、まだ「クラウンライター」の時代でした。本拠地は福岡で、知った選手もほとんど居ませんでした。まぁ、なんとなく気まぐれで(長島監督解任でGに愛想を尽かしたのが元ですが)決めました。それが西武が買収、本拠地も所沢になり、当時西武線沿線のアパートに住んでいたもので、一挙に身近になりました。後援会に入り、所沢球場に足を運ぶようになりました。江夏・田淵・野村など、盛りを過ぎた?名選手を買い集めたものの初年度は確か5位。その後広岡を監督に向かえ、石毛や工藤・秋山・伊東など、有望な新人が続々と入団、第一期黄金期を迎えます。後楽園の日ハム戦、川崎球場のロッテ戦も応援に行きました。

地元に戻ってからは、1度も球場を訪れていません。松井も松坂も、ナマで見た事はありません。しかしずっと、私にとっての松井はゴジラでは無く「稼頭央」でした。「1番メジャーに近い男」と言われ続け、念願叶って渡米したものの、怪我もありメッツでは芽が出ませんでした。それが今期ロッキーズでの活躍です。そして松坂との対戦。感慨深いものもあったと想像します。第3戦、松坂は勝ち投手に、そして松井は3安打の活躍、どちらを応援して良いか迷う西武フアンには、これ以上無い結果かも知れません。来シーズンも、二人の活躍に期待したいものです。

« 「めがね」 | トップページ | 「You're My Sunshine 君は僕の運命」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

松坂はあれだけの注目の中、1年目としては及第点。100億円ばかりが先行してしまい、精神的にも大変だったと思いますが、その中であれだけ出来たんですから流石です。ただ、来年以降はもう少し四球を減らし、安定感のある投球が求められますね。今年は打線の援護にかなり助けられてましたし、研究もされるでしょうから、今年のようには行かないでしょう。
一方の稼頭央は、メッツでは最大の汚点とまで言われたのに、ロッキーズでよく復活しましたよ。ただ、一般的なイメージとは違い、稼頭央ってあんまり器用な選手ではないですからね。エラーも多いし空振りも多い。細かい野球を求めないチームに合っている選手。そういう意味で言うと、日本時代も、彼は森西武じゃなく東尾だから伸びたのだと…。

いずれにしても、松坂はこれで「ダイスケの呪い」は払拭できたかな?西武ではなかなか日本一に縁がなく、五輪でも金メダルには届かずでしたから。MLBでいきなり頂点ってのは凄いですわね。

そう、贅沢を言えばキリが無いですが、よくがんばったと思います。大舞台に燃える彼ならでのがんばりでしょう。やはり2年目が本番でしょうね。松井・松坂の来年にも期待したいです。で、井口はどうなったのかな?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/8672930

この記事へのトラックバック一覧です: 松井と松坂:

« 「めがね」 | トップページ | 「You're My Sunshine 君は僕の運命」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30