無料ブログはココログ

« 「それでもボクはやってない」 | トップページ | 鬼怒川で新年会 »

2008年2月 8日 (金)

ナム家来たらず

1/31のブログで、韓国友人一家の来日予定を書きました。その後何の音沙汰も無く、いくら寸前行動の韓国人でもこりゃ遅過ぎる。昨日7日は旧暦で祝う韓国での正月元旦です。新年祝いを兼ねて電話してみたら、中止になってました・・・。予定は未定のお国柄ですが、今回は、ナム兄氏の奥方のご懐妊発覚が理由との事、メデタイお話ですし、身重の奥様置き去りに遊びに行っては家庭争議の元、ま、しょうがないでしょうね。と言いつつ、少しはガッカリ気分もあるのですが、概ね”安堵”の気持ちが上回ります。割り勘習慣の無い韓国ですので、1度は食事でもご招待しなきゃいけないし、大人数での来日では相応の出費も覚悟せねばならず、そちらの不安もありました。この春には長男も卒業・就職、アパート借りるにしてもまだ親掛かり、そちらでの出費もありますからね。良かった・・・。

« 「それでもボクはやってない」 | トップページ | 鬼怒川で新年会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

私の方は、明日(2/10)韓国友人が商用で来日予定です。商用の無い昼間に再会する予定です。^^

> 割り勘習慣の無い韓国ですので、1度は食事でもご招待しなきゃいけないし、

大学生の頃、留学生と交流する機会があったのですが、彼等には「これが日本の文化」「ここは日本なんだから、ここに居る限りはそのやり方に従って貰うぞ」と半ば脅し気味に(笑)、私は積極的に割前勘定を説きました。
私が付き合った人たちがたまたまだったのかもしれませんけれど、彼等は割と素直に受け入れて、私の指示に従っていましたね。尤も、その人たちは日本に留学に来るぐらいですから、日本の文化に色々触れてみたかったというのもあったのかもしれませんけどね。

個人的に割り勘は良い制度だと思っているのですが(大食らいだからw)、でも、レジとかでウジウジやるのはみっともないから止めて欲しいですな。あれだけは我慢出来ん。

韓国でも、学生など若い世代では割り勘も珍しく無くなっています。もう10年以上前ですが、知人(エアロビクス選手)来日の折、地元のスポーツクラブ会員連中を集めて歓迎飲み会をやりました。その時代でも割り勘は通じました。ただこれは、若い者同士での上下関係の無い間柄での話しです。私の場合、ナム兄弟よりひと世代上ですし、小さいながら会社経営者という立場ですので、ご両親を迎えての来日で「割り勘」というわけにも参りません・・・。ケースバイケースですね。

無事、新宿で韓国友人と再会出来ました。^^良かったです。

新宿で再会との事ですので、そのまま新大久保でしたか?それとも和食にでも行かれたのでしょうか。私の次回訪韓もどうやら済州島になりそう、ソウルのナム家とは暫く会えそうにありません。

日本の生ビールが大好きと言う事で、新宿駅東口の焼き鳥屋でした。彼曰く、韓国の生ビールは、水で薄めているらしくて、まずいそうです。中生を10杯近く飲んでました。^^韓国では、アサヒスーパードライの500MLが700円ぐらいですしね。彼が、日本で生ビールを飲みたがるのも、うなずけます。^^

「水で薄めているらしく」というのは、韓国人特有の無責任な憶測かも知れません。はっきりした根拠の無い限り、他に広めない方が良いですよ。(笑) 韓国のものも飲みましたが、まぁそれなりです。上海のものに比べると遥かにマシでした。

アサヒスーパードライは人気ですね。日本留学していたナム弟氏も「一番美味い!」と言ってました。韓国でのビールは、比較的最近になってから需要が伸びたものです。生ビールに至っては元々はありませんでした。今でもまだマイナー飲み物ですので、これからでしょうね。

真偽は定かではありませんが、友人が、日本に留学経験のある人なら、誰でも知ってますと言っておりました。OBしかりHITEしかり、韓国のビールは、ライトビールが多いので、友人が、日本の生ビールが好きと言うのも、うなずけます。私は、お酒が弱いので、むしろ、韓国のライトビールの方が好きです。^^

> 真偽は定かではありませんが、友人が、日本に留学経験のある人なら、誰でも知ってますと言っておりました。

いや、これだけを以って「韓国のビールが水で薄まっている」という根拠にはなりませんよ。田中さんの御友人はビールメーカーにお勤めで、その現場を直視していたわけじゃないですよね?その人の意見は絶対なんですか?
日本に留学経験って、それは単に日本のビールの味を知っていて、それと比べたら韓国の方が薄味だったに過ぎないだけだと思います。「まるで韓国のビールは水割りのようだ」→「韓国のビールは水で薄めている」という風に半ば揶揄的な意味で言ってるんでしょう。
ただ、こんなこと言っちゃなんですが、日本は、今や豆からビールもどきを作り出せる科学技術を持った国です。そりゃ、普通の生なら、韓国人が旨いと感じて当然でしょう。

韓国友人に「第三のビール」の感想を聞いてみたいですね。^^

エーケンさんに先越されてしまいましたけど。(笑)
韓国の人って、「まるで水で薄めたかのように薄い」を、「水で薄めてある!」と無責任断定して表現してしまう事もあるように思います。日本留学経験とビール製造内幕とは関係ありませんので、そんな可能性が濃く感じます。それに元々ビールは、麦芽などの原料と”水”で作るわけで、薄める以前に、製造配合でも濃度は違ってくるはずです。「薄い(軽い)ビールを造っている」と「水で薄めている」とでは、かなりニュアンスも違ってきてしまいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/10331213

この記事へのトラックバック一覧です: ナム家来たらず:

« 「それでもボクはやってない」 | トップページ | 鬼怒川で新年会 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30