無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月27日 (日)

ゴルフ、また120台に戻っちゃいました・・・

3月8日以来の、ちょっと間隔が空いてのゴルフです。golf場所は桐生カントリー(http://www.par72.co.jp/gcguide/gcinfo_552.htm)、赤城山中腹にあるゴルフ場です。以前1度だけ行った事があるのですが、グリーンの読み難い(私にとっては”何処でも”ですが)コースです。ですのでキャディ付きにしたかったのですが、人数が足りないらしくノーキャディになりました。ま、そのせいにするわけではありませんが、ようやく110台に落ち着くかにみえたスコア、また120台(61・61)に逆戻りです・・・。weep 前日までの練習場では絶好調!、だったのですが、やはり、平らな所でいくら打てても実戦には役立ちません。heart03

数日前の週間予報では雨マークもあり心配したのですが、朝の内はやや寒だったもののcloud、昼からは良いお天気sun風も弱く絶好のゴルフ日和でした。スコアは兎も角、気持ち良くプレーする事ができました。自宅から車で50分ほどかかる、やや遠目のゴルフ場ですが、高原の風は気持ち良く、自然を満喫できます。葉桜になった花びらもはらはらと散り落ちていました。先週辺りでしたらまだ桜も、見頃だったのかも知れません。Dsc01552 Dsc01553

                                                                              

今回は友人4人でのプライベートゴルフでしたが、再来週に控えたコンペに備え、帰宅後に練習場に”復習”に出かけました。やっぱり、練習場では上手く飛びます。この半分でも本番でできたらなぁ~。despair

2008年4月21日 (月)

栃木SC 対ソニー仙台FC戦

栃木県にはプロサッカーチームがありません。栃木SCは、現在JFL(http://www.jfl-info.net/index.html)に属し、プロ化(J2入り)を目指しています。ホームゲームは主に宇都宮で行われていますが、年に2回、当地足利市総合運動公園でも主催試合が行われます。地元での試合しか応援に行かない、あまり熱心で無いサポーターですが、昨日(20日)の試合を観戦してきました。昨年は好調な出足ではあったのですでが、足利での対岐阜FC戦に惜敗してから調子を崩し、J2昇格を逃しました。一方買った岐阜FCは波に乗り、今期はJリーグ(J2)で試合をしています。今年も今のところ好調です。このまま勢いに乗って欲しいところです。Dsc01530 Dsc01532

                                                     

家内と2人でスタンド席で観戦、スタンド席は満席になりました。観客は4,073人とか。序盤は良いところ無く押され気味、ゴールキーパーの好守でなんとか乗り切りました。71分、家内がトイレに行ってる間にcoldsweats01、上野優作選手がこぼれ球を蹴りこみゴール!soccerdash そのまま虎の子の1点を守り切り勝利しました。私が観戦していると大抵負けるのでホッとした勝利でした。これで今期は負け無し(1引き分け)、岡山が(まさかの)FC琉球との引き分けで、また1位に返り咲きました。Dsc01534_2 Dsc01535 Dsc01537 Dsc01539

                                            

試合後のインタビュー、まずはチーム1番の有名人柱谷監督。そして得点を入れた上野選手、ゴールの守り神(今日のMVPですね!)小針清允選手です。Dsc01545 Dsc01546 Dsc01547 Dsc01548

                                 

対戦相手のソニー仙台FCさん、遠路お疲れ様でした。勝利の記念にオフィシャルグッズ、携帯ストラップを買って帰りました。Dsc01531 Dsc01549 Dsc01551

Img132 http://www.tochigisc.com/ http://www.jflnews.com/

2008年4月20日 (日)

「王妃の紋章」

チャン・イーモウ監督作品、中国題は「満城尽帯黄金甲」というらしい。まさに黄金キラキラ、これでもか~~!とばかりにキンキラの眩い映像です。http://wwws.warnerbros.co.jp/ouhi/

【送料無料】王妃の紋章(満城盡帯黄金甲)香港版DVD※リージョン3※【お取寄せ商品】 【送料無料】王妃の紋章(満城盡帯黄金甲)香港版DVD※リージョン3※【お取寄せ商品】

販売元:ドラゴンCD鹿柴貿易公司
楽天市場で詳細を確認する

昔のチャン・イーモウ作品、「赤いコーリャン」とか「菊豆」「秋菊の物語」「活きる」「あの子を探して」そして「初恋の来た道」、心に残る作品ばかりです。しかし近頃は、「HERO」や「LOVERS」と、映像美だけで内容の無い作品が続いています。世間ではこれが受けてしまったようですが・・・。

”中国の美神”コン・リー主演!チャン・イーモウ監督3作目!DVD廃盤。■菊豆(チュイトウ)■ ”中国の美神”コン・リー主演!チャン・イーモウ監督3作目!DVD廃盤。■菊豆(チュイトウ)■

販売元:マンモスビデオ
楽天市場で詳細を確認する

コン リー / チャン イーモウ/活きる コン リー / チャン イーモウ/活きる
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する
”巨匠”チャン・イーモウ監督&チャン・ツィイー主演で描いた珠玉のラブストーリー!■初恋のきた道■ ”巨匠”チャン・イーモウ監督&チャン・ツィイー主演で描いた珠玉のラブストーリー!■初恋のきた道■

販売元:マンモスビデオ
楽天市場で詳細を確認する

今回の「王妃の紋章」は久々のコン・リー起用です。主役がカンフーアクションのできないせいか、多少はストーリーもまともに近付いています。ま、それでも、歴史作品にはなっていません。五代十国時代を背景にしているそうですが、特にその時代を描いているわけでもありません。時代は何処でも良かったのでしょう。戦いも、ロールプレイングゲームのよう。生身の人間が血を流して戦うリアル感はありません。映像的には豪華で迫力もあり、「HERO」などでのような、ワイヤーアクションの不自然さも軽減されています。娯楽作品としては悪くないかも知れません。頭を空っぽにして楽しむなら・・・。戦闘シーンでは手に汗握って観ていましたし。しかしもう、「始皇帝暗殺」のような、合理的なリアル感を持った歴史物は、もう作られない時代なのでしょうかね・・・。

始皇帝暗殺 DTS特別版<初回限定版> DVD 始皇帝暗殺 DTS特別版<初回限定版>

販売元:PI,ASM/角川書店
発売日:2001/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私の好きなコン・リーは、さすがの貫禄で演じていました。おっぱいも半分出して・・・。lovely

2008年4月12日 (土)

「恋の罠」

六本木シネマートでは、来日したハン・ソッキュの舞台挨拶もあったとか。韓国大物俳優でも、”韓流”から外れるとあまり話題にも上りません。原題は「淫乱書生」ですが邦題は「恋の罠」、”韓流”狙いなのか、主題から逸脱した題名に思えます。”韓流”以降、的外れなサブタイトルや宣伝の多くなってしまった韓国映画ですが、こういった詐欺まがいの手法が韓国映画離れを引き起こしてしまっている現状を、まだ理解していないらしい・・・。

ハン・ソッキュは相変わらず、落ち着いた、地に足の着いた演技をしています。「スカーレットレター」は、観ても感想を書く気になりませんでした。今回も娯楽的には「面白い」とは言えません。でもエロチックです。淫乱小説に興味を持ち書き出すようになる切っ掛け、宮廷での権力抗争や家門の重みに嫌気が差して、という部分の表現は希薄に過ぎた感もあります。最終的に「正賓を愛していた」との決着も、多少取って付けたようにも感じました。それでも、折々流れるエロスの風は、それだけでもある種魅力はあります。その先はなんと表現・評価してよいか悩む作品ではあります。「スカーレットレター」で、いったい何処に行きたいのか見えなくなったハン・ソッキュ、またその行き先を見たい俳優にはなりました。

恋の罠(淫乱書生) 初回限定版 DVD 恋の罠(淫乱書生) 初回限定版 DVD
販売元:韓館 - KANKAN -
韓館 - KANKAN -で詳細を確認する
ハン・ソッキュ/シム・ウナ/八月のクリスマス ハン・ソッキュ/シム・ウナ/八月のクリスマス

販売元:アサヒレコード
楽天市場で詳細を確認する

 カル / ハン・ソッキュ  カル / ハン・ソッキュ

販売元:イーベストCD・DVD館
楽天市場で詳細を確認する

ハン・ソッキュ/二重スパイ スタンダード版 ハン・ソッキュ/二重スパイ スタンダード版

販売元:アサヒレコード
楽天市場で詳細を確認する

2008年4月 7日 (月)

森高千里誕生会in足利

昨日の4月6日(日)、ファン有志8名にて、少し早い誕生会を催させて頂きました。一時期、CDを買いカラオケでも歌っていましたので、一応は”ファン”という意識はあるのですが、ライブ参加経験も無くフリも知りません。catface でも、地元を歌って頂いた縁もあり、特別な意識を持つ気がかりなお方ではあります。ファン掲示板にも2ヶ所、時々訪れていました。今回その掲示板のひとつに、遠方から1泊での足利歌碑参りを予定されている方の書き込みがあり、誕生日も近い、歌碑1周年も近い、との事で勝手ながら企画させて頂きました。ご協力ご参加頂きました皆様、ありがとうございます。

会場は、東武線足利市駅前のニューミヤコホテルでした。飲み仲間の専務のお手配で割安に、また、TV・DVD機なども急遽用意頂きました。ケーキとアイスコーヒーという質素な会合ではありますが、持ち寄った資料・映像を見ながらの”濃い”お話しを伺い、往年の?昔話に花が咲きました。コレクションの立て看板を持参頂いた方もあり、会場も華やかになりました。ファン層メンバーよりひと世代上になりますので、当時気後れして、足利ライブにも参加していない事を悔やみます。Dsc01505 Dsc01504

                                                         

ニューミヤコホテル本館 ニューミヤコホテル本館

地域:小山・足利・栃木・佐野
特色:東武伊勢崎線 足利駅徒歩10秒。アクセス良好のシティーホテル。
楽天トラベルで詳細を確認する

ホテル小会議室での2時間ほどの歓談の後、徒歩足利巡りに出発しました。中橋を渡って歌碑(歌碑の桜は少し盛りを過ぎ散り始めでした)、床屋の角の公衆電話、八雲神社と移動、渡良瀬橋まで戻るには間に合わず、夕日は緑橋で眺めました。でもこの橋、及び土手上も、TVCM撮影でも使われています。緑橋の中ほどで、当時の大判カレンダーポスターと一緒に記念撮影しました。風が強く、ポスターが破れないかと心配ではありました。橋を渡る車内からの視線が集中していました。coldsweats01 Dsc01507_3 Dsc01508_2 Dsc01510_2 Dsc01512 Dsc01513 Dsc01516 Dsc01515 Dsc01519 Dsc01520 Dsc01521  

緑橋を渡り更に渡良瀬橋を渡り、再び歌碑に戻りました。この頃には少し寒くなっています。最後は駅前の居酒屋で打ち上げ、終電ギリギリまで歓談致しました。 楽しいひと時をありがとうございました。

森高千里『渡良瀬橋』 森高千里『渡良瀬橋』

販売元:楽天ダウンロード
楽天市場で詳細を確認する

森高千里/Do The Best 森高千里/Do The Best
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

2008年4月 2日 (水)

桜は北風に耐え・・・

昨日の4月1日、八雲神社(「渡良瀬橋」の歌に出てくる)の桜の様子を見てきました。満開一歩手前程度の咲き具合ですが、昨日は真っ直ぐ歩くのも大変なくらいの強風でした。その厳しい風に耐えています。盛りを越えてからですと耐え切れなかったでしょうね。か弱く見える花びらでも、その強さに驚かされます。この調子なら、この先雨風に晒されなければ、なんとか週末までは持ちそうです。Dsc01495_3 Dsc01496 Dsc01497 Dsc01498

                                                         

八雲神社のある足利公園は、市内での桜名所のひとつです。4/6には恒例の桜祭りも催されます。地元高校ブラスバンドの演奏があるそうです。「渡良瀬橋」繋がりで八雲神社を訪れる方々は、その奥(上)の公園まで登ったりもするのでしょうか?この公園、元々は地元豪族の”古墳”です。発掘時、埋葬品はすでにほとんど盗掘されていたそうで、墓の主の詳細は判っていません。もし訪れる事がありましたら、少し上まで散歩されてみて下さい。園内には幕末の南画家、田崎草雲の美術館もあります。司馬遼太郎の小説にも描かれた人物です。Dsc01491

馬上少年過ぐ 新潮文庫 改版
販売元:タワーレコード @TOWER.JP
タワーレコード @TOWER.JPで詳細を確認する
慶応四年の田崎草雲 その知られざる姿 慶応四年の田崎草雲 その知られざる姿
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2008年4月 1日 (火)

4月1日

4月1日、今日はエイプリルフール、じゃなくて息子の入社式でした。実家から通える範囲での職場を探したのですが、情報系専攻ですので、田舎には適した職場は見つかりませんでした。結局隣県、通勤2時間少々の会社に就職しました。アパートでの1人住まいも検討したのですが、配属によっては遠方勤務になる可能性もあり、暫くは実家から通う事になりました。朝が早くて大変ですが、1ヶ月経つとフレックス出勤になるそうでもありますし。今日は「社会人としての常識」とかの新人研修だけだったそうで、今週末には新入社員合宿もあるそうです。

繊細で真面目で正義感の強い息子です。小学校から剣道を初め、中高と剣道部、大学では大学祭実行委員会で活動していました。バイクも好きで、カワサキの250ccを親の援助無く買いました。(免許取得費用も小遣いをためて) 就職すると、暫くはバイクに乗る機会も減るでしょうね。

我が家では、できるだけ子供達の意思を尊重する方向で育ててきたつもりです。習いたい事は可能な限りその機会を与えてきました。ただし、一旦希望して始めた事を中途半端で止める事はしない、その約束で。塾も、子供達が自ら希望するまで行かせませんでした。娘も息子も、塾に通ったのはほんの一時期だけです。高校は息子本人が工業高校を希望しました。文化祭での展示に興味を持ったせいです。進学を考えれば普通高が有利ですが、本人が大学進学を希望した時その時に考えればよい事です。現役で順番通りに進む必要もありません。遠回りも決して無駄とばかりは言えません。本人が(大学に)行きたい、これをしたいと考える事が一番です。親と言えども、他人の敷いたレールでは本気にはなれないでしょう。

息子は自身の希望した工業高校で、興味の持てる部門での勉強をして、取得可能な資格をすべて取得しました。卒業時には、最多資格取得者としてただひとり表彰され、その成績で大学進学も果たしました。大学では、ファミコンゲームで始まった遊びの延長で情報工学を専攻しました。ファミコンを”遊び”として否定せず、PCへと興味を繋げる方向で導いたつもりです。遊びであれ、夢中になれる事には未来も可能性もあると信じたからです。何はともあれ、息子の新しい挑戦が始まります。もはや親には、見守る事しかできません。pc

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30