無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

「馬上少年過ぐ」

司馬遼太郎の「馬上少年過ぐ」を読みました。新潮文庫で、表題の作品他7点の短編が載っています。表題作の伊達政宗以外は、一般知名度の低い人物を主人公に書かれています。唯一の有名人?伊達政宗も、一般的に知られたエピソードでは無く、彼の詩作を取り上げ、老境に達した奥州武者の感慨に思いを馳せています。

この本を買った切っ掛けは、郷土(だけでの)の偉人、田崎草雲が取り上げられていたからです。「喧嘩草雲」がその作品です。田崎草雲は幕末の南画家で地元足利市に美術館(http://www1.ocn.ne.jp/~souun/)があります。何度か覗いた事がありますが、ここ暫くはご無沙汰しています。とても小さな美術館です。ちなみに美術館のある足利公園には、森高千里所縁の八雲神社もあります。田崎草雲に関しては、深い知識はありません。画家であった事、幕末に勤皇派として活動した事を聞きかじった程度です。日本最古の学校・足利学校(http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/01_kakuka-page/10_kyouiku/06_ashikagagakou/gakko.html)の保存にも力を尽くした人だったそうです。

司馬遼太郎作品が、どの程度事実でありどの程度創作であるのかは判りません。しかし美術館のノスタルジックな写真でだけのイメージだった人に、血の通い生きた郷土の先人として、親しみを持つ事ができるようになりました。短編集に収められた他の人々の郷里の読者に対しても、きっと同じような効果を果たした事でしょう。中心を歩んだ偉人・英雄だけでは歴史は成立しません。脇役として生きた人々、名も無く倒れた人々、そういった人々の存在を意識する事で、歴史の厚みも違って感じられます。1万1千石の小藩で、仏式装備の官軍千八百を防いだ奇策も面白く読みました。久し振りに美術館を訪れてみたい気持ちにさせる1作でした。

馬上少年過ぐ改版 馬上少年過ぐ改版

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

慶応四年の田崎草雲 その知られざる姿   [本] 慶応四年の田崎草雲 その知られざる姿 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

2008年7月29日 (火)

1泊2日で東京2往復

土曜日曜で東京に行ってきました。都心部まで2時間弱の地に住んでいますので、東京泊まりは寧ろ少なくなります。今回は大学時代の友人が熊本から出てくるとあって、同じ大学後輩の妻と一緒に上京する事になりました。近くても田舎の終電は早いですので、こういった飲み会では泊まりが必然です。以前期限切れ寸前のマイレージをクーポン化しておいたのが少しだけ残っていましたので、JALシティ宿泊費用の一部に充てました。

ホテルJALシティ田町 東京 ホテルJALシティ田町 東京

地域:東京23区内
特色:品川・お台場・東京ミッドタウンに好アクセス
楽天トラベルで詳細を確認する

大学旧友との集まりは、新橋の居酒屋でした。(http://r.gnavi.co.jp/g376501/)所属した美術部での先輩後輩達です。もう少し期待していたのですが、集まったのは私達夫婦を入れて10人でした。皆歳はとりましたが、面影は変わりません。軽口を叩きながらの賑やかな会食でした。久々上京の友人は、息子さんの結婚式での上京でした。もうそんな年代になります・・・。Dsc01594

                                                                                              

翌日は六本木で映画を観ました。(http://hahakigi-nikki.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_9ed6.html)途中ゴルフ屋にちょっと立ち寄りました。以前見たゴルフ手袋、迷彩柄という変わったデザインが気になっていたので買って帰ろうと。田舎では売っていません。残念ながら在庫切れ(右手用しか無い・・・)だったのですが、予定外のgolfフェアウェイウッド(7番)が目について買ってしまいました。半額セール品とは言え、2千数百円の手袋が、14,800円のFWに化けてしまいました。coldsweats01

夕食は浅草で、娘息子を呼んで、久々親子4人で取る事にしました。娘は東京で就職して3年目になります。息子はこの春に大学を卒業、埼玉の会社に就職して暫くは自宅から通っていました。配属が千葉に決まり、6月に引っ越して行きました。こういった機会でも無いと、共に食事する事も少なくなってしまいます。

食事場所に選んだのは「四季の里」という韓国料理屋です。元々は新大久保で別店名で店を持ち、ファンが多かったようです。親戚の方?が引き継ぎ、その店は旧来の店名で今でも営業されています。旧経営者夫婦は韓国に帰国、釜山で店を開いていました。それが突然、今月17日に再び日本で開業した次第です。場所も新大久保から浅草に移動しています。浅草は我が地から東京への玄関口、中学時代から馴染んだ地です。以前からあった店をそのまま居抜きで使っているようで、ぐるなびにもまだ旧店名で載っています。(http://r.gnavi.co.jp/a349000/)地図以外は当てにならないと思います。それは良いのですが、看板も割り箸も旧店名のままです・・・。いかにも韓国的ですね。bleahDsc01595 

焼肉を少々とタットリタン、サムゲタン、トッポギを頼みました。パンチャンが豊富で美味しいのがうれしい店ですね。サムゲタンは、韓国の専門店と比較する事はできませんが、他は韓国と変わらぬ美味しさでした。新大久保の店、今の経営者に変わってからしか知りませんので、私にとっては文字通り初めての店です。釜山から戻って早々のせいか、新大久保平均よりも辛さは強いようです。家族3人の反応を見るに、いつのまにか私は、韓国の辛さに馴れてしまったようです。 Dsc01598_2 Dsc01599_2

                                     

楽しい時を過ごした今回の上京ですが、実は結構大変だったのです。出発の土曜日にはまとまった注文があり隣市までの配達もあり、早朝3時に起きてのお仕事でした。しかもまた、翌日9時半までに配達しなければならない仕事もあり、私だけ田町のホテルを6時に出て会社に戻り、また10時過ぎの電車で再上京したのです。土日の仕事は急遽入ったもので、だからと言って上京を中止にしたくない思いでの1泊2日2往復でした。しかもオチまで付きました。食事して子供達と別れて帰ろうとしたところ、thunder落雷で電車が止まっていました・・・。shock運休との事で買い直した次便も「動くかどうか判りません」で結局払い戻し、判らんなら売るな~!angry上野に移動して新幹線・在来線経由で遠回りして、お金も余分にかけて、へとへと状態でかえりました、とさ。despair

2008年7月28日 (月)

「シークレット・サンシャイン」

六本木シネマート(http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/)で観てきました。韓国原題は「密陽」です。地名の密陽が何故カタカナ題名になったのか不思議でした。でも、地名を直訳しただけに見える英語題名が、そのまま作品の主題だったようです。http://www.cinemart.co.jp/sunshine/

この作品でカンヌ映画祭主演女優賞を得たチョン・ドヨンは、その栄冠に相応しい鬼気迫る演技でした。ごく普通の女性が耐え切れぬ不幸に晒される姿は、見ている側にも重くのしかかります。どのような救いを演出してくれるのか、重苦しい思いで待ちます。しかしイ・チャンドン監督は、観客を安堵させるためだけの都合の良い結末など用意してはくれません。ひと時信仰によって救われたかに見えましたが、それも「救われたい」と願い、「救われた」と自らに信じ込ませる事によっての擬態だったのでしょう。他人を救うことによっての自己満足も、重要な”救い”だったのかも知れません。しかし憎むべき相手が神に”救われた”ことによって、その信仰も破綻をきたします。寧ろ、加害者の娘の負った不幸の方に、いくらかでも救われる、これも監督の表現する絵空事でない”リアル”なのでしょう。

インタビューに答えて監督は、「多くの人々はドラマや映画で描かれる恋愛が愛だと思っています。しかし現実の愛はそんなものではありません。」とか(正確な文面は憶えていません)答えていました。起伏の激しいチョン・ドヨンの演技に対峙させ、控えめに、不器用で普通に俗っぽく垢抜けない男性を演じたソン・ガンホ、その行動や表現は、見ている側を忸怩たる思いにさせるほどに踏み出しません。重要ながら影の薄いその役を、微妙に控えめに演じるソン・ガンホはさすがです。作品の主役はチョン・ドヨンただひとりですが、主題は寧ろソン・ガンホなのかも知れません。”シークレット・サンシャイン”、「秘密の日差し」よりは、「密やかな日差し」の方がやや近いニュアンスに感じます。

 韓国映画/シークレット・サンシャイン(密陽 ミリャン) DVD  韓国映画/シークレット・サンシャイン(密陽 ミリャン) DVD

販売元:韓国コミュニティゾーン KANKAN
楽天市場で詳細を確認する

イ・チャンドン監督は、この作品を含め4作品しか撮っていません。しかしどれも粒揃いの、極めてメッセージ性の高い作品ばかりです。決して観客を、娯楽として楽しませようなどとはしません。監督デビュー作「グリーン・フィッシュ」では、ソン・ハッキュの演技が鮮烈です。彼の代表作は、「シュリ」では無くこの「グリーン~」だと私は思っています。次作「ペパーミント・キャンディー」では、”カメレオン俳優”ソル・ギョングを世に出します。光州事件を扱った秀作です。「オアシス」では、前作に続くソル・ギョング、ムン・ソリの共演でタブーの世界に挑みました。主題もキャスティングも、それぞれに興味深い作品ばかりです。

映画オムニバス/イ・ジャンドン監督コレクション DVD グリーンフィッシュ+ペパーミント・キャンディ+オアシス (Lee Chang Dong Collection) [4DISC] 映画オムニバス/イ・ジャンドン監督コレクション DVD グリーンフィッシュ+ペパーミント・キャンディ+オアシス (Lee Chang Dong Collection) [4DISC]
販売元:韓館 - KANKAN -
韓館 - KANKAN -で詳細を確認する
 グリーンフィッシュ グリーンフィッシュ
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

2008年7月21日 (月)

「百万円と苦虫女」

昨日観てきました。7/19公開の作品ですが、マイナー系の作品が東京と同じ公開日で観られるのは、やはり優ちゃん効果でしょうか?地元4シネコンの内2か所で上映しています。夏休み、3連休とあって館内は混み合っていましたが、この作品は一番小さな箱で、観客も30数人規模です。多くは「花より男子」「崖の上のポニョ」あたりに流れているのでしょう。予告編も上映作品に合わせてマイナー系が中心です。「ぐるりのこと」ももう少しで来るようです。高田純次絶賛の作品です。これもまた楽しみ。http://nigamushi.com/ http://www.gururinokoto.jp/

蒼井優出演作品はなるべく観るようにしています。いつも何かを感じさせてくれる作品に巡り合わせてくれます。初めて魅惑されたのは「ハチミツとクローバー」ででした。兎に角自然な演技の上手い娘です。この作品でも、虚像としての”蒼井優”そのままのキャラクターを演じてくれています。ただどう見ても”苦虫女”には見えませんけどね。

桃の収穫姿(衣装)が不思議に似合って可愛かったです。風呂場での「わかります・・・ふつう・・・」のセリフも、軽く笑わせてくれる絶妙のタイミングでした。無理なく「地でやっている」と見せる演技ですが、実はきっと、細かな演出と工夫に満ちているのだと思います。取り立てて秀でた作品とは思いませんが、普通を普通に描いたリアル感と、普通を少しだけ抜け出した願望部分とを、絵空事にならない範囲でブレンドした、味わいある作品だと思います。結末も、ハッピーエンドになりそうでちょっとだけ届かない、でも悲劇でもなんでもない。何処にでもありそう、誰にでもありそうな心持を、”思いがけぬ前科”という、そうそうありそうにない展開から描き始められています。心憎い脚本です。

百万円と苦虫女 Book 百万円と苦虫女

著者:タナダ ユキ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

百万円と苦虫女 オリジナル・サウンドトラック Music 百万円と苦虫女 オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ,原田郁子
販売元:Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)
発売日:2008/07/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

河川敷ゴルフ場

ゴルフを始めて2年と10ヶ月、先月の仲間内コンペで好成績初優勝、「あとひと息で100切り」という、一番面白い時期なのでしょう。しかし同年代友人達は、多くが20年以上のキャリアを持っています。「暑い夏には勘弁」という人も多く、今月は予定が入っていませんでした。で、同じゴルフスクールに通っている若者を誘って行く事にしました。彼らの財布状態に合わせ河川敷ゴルフ場です。日曜の朝、ハーフで3,440円です。今回は8:04スタートでしたが、6:30までに入れば4人で6,000円だそうです。手軽な料金ですので、今後もたまには利用してみたいと思います。http://www.watarase.co.jp/golf/

河川敷コースですので、アップダウンはありませんし、距離も短く、崖や林もありません。土手側と河原はOBです。電動カート付きですが、歩いても疲れる事はありません。グリーンはデコボコで本格コースに比べれば手入れは悪いですが、練習と割り切れば悪くもないと思います。”易しいコース”と油断したせいか、スコアは振るわず”54”でした。OBは無かったのですが、(水の無い)池ポチャが2回に立ち木に当てたのも2回、グリーン際でのシャンクもありました。ちょいとチグハグなゴルフで目標の40台は果たせず、帰途練習場にも立ち寄りました。どうも、頭の動く癖が出ていたようです。練習場では判るのに、コースでは気付く事のできないのが常です。どうしてなんでしょうね・・・。Dsc01588 Dsc01589

                                    

全英ゴルフ、ベテランG・ノーマンの活躍で注目していたのですが、残念ながら3度目の優勝は成りませんでした。最終成績は3位でした。テニスの名選手クリス・エバートと、この6月に再婚したばかりですが、それが力になっているのか、53歳の活躍に拍手を送りたいと思います。6833_1

今回全英オープンの開催されたロイヤルバークデールGCは、イングランド東北部の街プレストン近くにあります。真夏でありながら気温は16~18℃、最終組のホールアウトする午後7時過ぎでもまだ明るい地です。もう30年も昔の話ですが、その全英オープンが5年に1回開かれる、”ゴルフの聖地”セント・アンドリュースに行った事があります。エディンバラ大学寮に泊まっての短期セミナーに参加した折の日帰り旅行でした。もちろんゴルフ場には入れませんが、コース近くの道をゆったり散策しました。青い空を雲が流れる、心地良く風の吹く日でした。文字通り”スコットランドの青い空”、脳裏に焼きついた風景です。その時、エディンバラに着いて最初の買い物が”セーター”でした。真夏だったのですがね・・・。300pxbridge_over_the_swilken_burn

セント・アンドリュースに魅せられて ゴルファー至福の聖地 Book セント・アンドリュースに魅せられて ゴルファー至福の聖地

著者:秋山 真邦
販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2008年7月 6日 (日)

「光州5・18」

隣町のシネコンで観てきました。よくぞこんな田舎町まで周って来たものです。日曜日の10:30、映画館受け付けは混み合っていました。多くは「花より男子」目当ての中高生のようです。その混雑の中「光州5・18」は、1日1回のみの上映にも係わらず、観客は僅か9人でした。

韓国映画好きのマイナーファンの間では評価の高かった作品ですが、一般知名度はほとんど無いでしょう。残念な事です。耳にした評価に違わぬ、稀に見る、インパクトの強い作品でした。事実を下敷きにした作品としての重みもありますが、脚本の出来、ストーリー展開、俳優の演技力等、映画作品としての迫力も傑作の部類に入る作品かと思います。”韓流ブーム”の中、どうも、質の良い作品ほど陽の目を見ない傾向があるような気がしてしまいます。

主演のキム・サンギョンは、「殺人の追憶」でソン・ガンホと共演した俳優です。落ち着いた、存在感のある演技をしています。ヒロイン、イ・ヨウォンは、当初は色の薄めな女優さんに思えましたが、戒厳軍兵士を殺害してしまったシーンでは、震えの来るほど実感溢れる表現に驚かされました。脇役も充実しています。父親を射殺された子供役の子役には末恐ろしいものを感じます。韓国には達者な子役が多いです。高校教師役の俳優さん、何処かで見た顔かと思いましたら、「大統領の理髪師」で大統領警護室長を演じた方ですね。名優アン・ソンギの影が薄くなるほどに、充実した、層の厚い役者陣であったように思います。http://www.may18.jp/

華麗なる休暇(光州5・18) DVD [一般版]

華麗なる休暇(光州5・18) DVD [一般版]
販売元:韓館 - KANKAN -
韓館 - KANKAN -で詳細を確認する

光州事件の起きた1980年は私の結婚した年です。その頃は、韓国に対する知識も感心もほとんどありませんでした。当時野党指導者だった金大中元大統領の拉致事件、裁判での死刑判決・恩赦等は記憶に残っていますが、その元となった光州事件に関しては全く知りませんでした。翌1981年のフランスへの新婚旅行では大韓航空を利用しましたので、ソウル乗り換えでした。金浦空港での警備兵が、自動小銃を抱えていた事が印象に残っています。

2008年7月 5日 (土)

この夏の旅行

8月の初めに、1年半振りの韓国旅行を予定しています。県同業者組合青年部の仲間との旅行です。2005年3月に、その仲間4人でソウルへ行きました。今回、当初は「春に台湾」との企画でしたが、メンバーの日程調節が付かず夏に延期になりました。8月では台湾は確か”雨季”、蒸し暑過ぎる気がして、まだマシだろうという事で韓国に行き先変更になりました。私以外は韓国映画にもドラマにも全く興味を持たない男3人ですので、”済州島でゴルフ”企画にしました。韓国ではゴルフはまだ金持ちスポーツです。手近に沢山ゴルフ場のある環境に住んでいますので、地元でやった方がずっと安いのですが、何事も経験、一度くらいは良いだろうと、それなりに楽しみにしていました。

が、4人のはずが3人に減り、その内のひとりも「腰に不安が・・・」とか言い出しました。日本のように簡単に予約の取れる環境ではありませんのでキャンセル料もかかります。2人でのプレーは原則受付されません。それでゴルフは中止、普通の観光旅行になりました。なら釜山の方が良かったのに・・・。

済州島の場合、自然環境が売り物になります。後は映画・ドラマのロケ地です。「太王四神記」のセット村「サザンランド」でしたら、ロケ地である事を別にしても”テーマパーク”として楽しめそうです。後はクレー射撃とカジノでしょうか?あと、目玉として「馬羅島観光」を考えています。前回訪問で主な観光地は巡りました。同じ場所には行きたくないし、で見つけた場所です。松岳山から眺めた”韓国最南端の島”はそれなりに印象に残っています。島滞在と往復で3時間は要します。彼ら2人にとって楽しめる場所かどうかは判りませんが、ここは付き合って貰いましょう。http://www.saisyuutou.com/beach/marado/marado.htm

「諸葛さんに任せます。」とか言いながら、それでもそれなりの希望もあり、たった3人の旅行でも面倒に感じます。少しでも面倒を減らすために、10年振り?のツアー旅行にしました。4人が3人に減ったせいで、ツイン2部屋で私が”1人部屋追加料金”を払って1人で使うつもりでいました。それなら、という事でソウルのナム(弟)氏を誘ってみました。その後で1人が「ひとり部屋がいい」と言い出し、もう1人は「2人部屋で十分」と、話が面倒になりました。ナム氏の来る来ないで条件が変わってきますが、韓国人にひと月先の予定を確定させろというのは無理な話です。despair やはり、勝手気ままな1人訪韓が気楽で良いですね。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30