無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

罪としての売買春

売買春に関して真面目に語らう機会というものは、そうそうあるものではありません。飲んだ席での下ネタ自慢話とかになってしまいます。しかし実際どうなのでしょう?考えてみた事はありますか?

日本でも韓国でも、また多くの国で、売買春は禁止されています。でもすべての国というわけではありません。合法になっている国もありますし、違法とされている国でも、社会的許容度は様々に異なります。形式的には違法でも、ほとんど黙認され堂々と営業している国もあります。また韓国では、以前は売春だけが違法で買春の方は咎められませんでした。現在では買春も罰せられます。そのように国により地域により対応は様々、窃盗や傷害・殺人などの”根源的な悪・罪”とは、少々異なるもののように思われます。

窃盗・傷害・殺人等の犯罪には、必ず被害者と加害者が存在します。では売買春はどうでしょう?存在するのでしょうか?確かに現状で、売買春と犯罪とは結びつく局面が多くなります。しかしそれは、ヤクザ組織とかの裏組織が絡んでの二次的犯罪によるものです。非合法組織の資金源となる、また誘拐・強要等、幼児売春等の虐待行為、そういったものでの被害者・加害者です。「事前に聞いた金額と違う!」とかの営業的トラブルはあったとしても、売買春行為そのものに関しては、被害者も・加害者も存在しないように思うのです。全く個人的な夢想にしか過ぎませんが、私は寧ろ、合法とし、法の規制の下で営まれる事の方が好ましいように考えています。違法として取り締まったところで、裏社会に閉じこもるだけです。違法だからこそ、非合法組織の活躍する場も広がるわけですし。

そうは言っても簡単では無いですね。問題は”罪の意識”です。では何故売買春は”罪”なのでしょう。「淫ら、汚い、恥ずかしい」何故そう思うのでしょう。

そこには長年に渡って形作られた”貞操観念”があります。近年は薄れがちですが”純潔観念”というものもあります。これは何故美徳とされたのでしょう?もちろん様々な意味合いがあるのでしょう。簡単には分析できない事柄かも知れません。しかしその”貞操観念”の中には、女性を支配し家庭に閉じ込めようとの、男尊女卑の男社会の存在が強く影響してきた事は間違い無いように思います。ですので北欧で興った女権運動では、必然的に”Free Sex”意識も運動の一環を担う事になりました。Sexを聖なるものとし、また同時に、表で語る事を卑しむ汚らしいものにもしてしまったのは、男性側の勝手な目論見とも思えます。

まだ続きます、が、次回日程未定。多分明日は無理かな?

便乗して・・・

千客万来、某ストーカー氏のお陰さまで、ブログ開設以来の賑わいを呈しています。お待たせして申し訳ありませんが、折角の機会ですので、また別の話にも耳を傾けて行って下さい。

韓国旅行掲示板を見ていて、心配になる書き込みもたまに見かけます。「食中毒」話題もそのひとつです。「「○○○(店名)」で食事して食中毒にかかりました・・・」といった書き込みです。私は食品関係の職に従事していますので、定期的に食品衛生講習会を受けなければなりません。複数の組合に加盟している事もあって、年に数回、そういった機会があります。つい先日も今年4回目の講習を受けてきました。講師の先生は、飽きさせないよう色々工夫はされていますが、概略は毎回同じような話ですので眠気を誘います。それでも、何回も聞いているとそれなりの知識も蓄積されてきます。

一般の方にはそういった機会も少ないでしょうから、知識が少なくても当然でしょう。ですので先の食中毒書き込みでも、その原因食物(そしてそれを提供した店舗)の特定は、「直前に食事した店」「その店で食した生もの」と断定されている場合がほとんどです。しかし実際には、本当にその店が原因か疑わしく思えるケースもあります。

食中毒は、食中毒菌を体内に取り込んでしまう事で発症するわけですが、菌を取り込んでから発症するまでの間に”潜伏期間”というものがあります。近年発生が多く問題視されているノロウイルスで1~3日、某お笑い芸人経営の焼き肉屋で発生して話題になったカンピロバクターは2~7日、O157で有名になった病原性大腸菌に至っては3~10日の潜伏期間があります。他の食中毒菌でもだいたい12~24時間の潜伏期間を持ちます。唯一黄色ブドウ球菌だけは3時間という短い時間で発症しますが、これはおにぎりとかでの発生の多い菌です。飲食店での発生も無い事は無いのですが、寧ろ家庭での発生の多い食中毒です。

この食中毒菌の特徴から考えると、原因店舗を特定する場合に、「直前に食事した店」は寧ろ真っ先にリストから外さなければなりません。場合によっては、旅行に出発する前、日本で取った食事が原因である場合だって想定されるのです。

また原因は「生もの」と決め付けがちですが、そうとも限りません。先に挙げたノロウイルスは牡蠣を原因食物とするのが原則ですが、これがまた厄介な菌(ウイルス)です。感染力が非常に強く、生牡蠣と同じ包丁・まな板等で調理した他の食物にも感染します。また牡蠣を全く扱っていない場所でも、感染者経由での二次感染もあります。今までに、野菜サラダやケーキ、パンからの感染報告もあります。レストランで食事中に(もちろん、そのレストランが感染源ではありません)感染患者が気分を悪くして嘔吐、その近くの席に座っていただけで感染したとの事例もあります。「生牡蠣を食べなければ大丈夫」とは限りません。

上記の理由から。掲示板上の「「○○○(店名)」で食事して食中毒にかかりました・・・」の中には、”濡れ衣”もかなり含まれているように感じます。日本国内でもそういったケースは少なくないようです。訴えを受ければ保健所(健康福祉センター)も調査せざるを得ません。結果、濡れ衣であった事が判明しても、それが大々的に告知されるわけではありません。「あの店に保健所が入った。食中毒を起こした。」との風評被害が残るだけです。

ただもうひとつ付け加えておきます。「直前に食事した店」が常に無罪というわけではありません。食中毒は食中毒菌が引き起こしたものだけを指します。これは、食中毒菌は無味無臭で、食する人が見分け避ける事が難しい故に別個に扱われています。ノロウイルスに関しては、牡蠣の鮮度も関係ありません。味や臭いや見た目(鮮度)で危険を独自判断する事ができないのです。しかし腐敗菌では別です。これは簡単に言えば腐った、または腐りかけの食物による食あたりです。食品衛生法上は食中毒とは規定されませんが、一般の方ならこれも「食中毒」と表現するでしょう。こちらなら、当日すぐの発症も理解できます。食あたりするほど傷んだ食物なら、味・臭い・見た目で判断が付くはずです。避ける事も不可能ではありません。

2008年8月30日 (土)

すみません

アクセス数が増えています。期待させてしまったようで申し訳ありません。今日はちょっと続きを書けません。安心しておやすみ下さい。明日にはなんとか時間を作ります。(多分・・・)

2008年8月29日 (金)

旅行記のこと

話の成り行きの見えない方もいらっしゃると思います。話題の的は”買春行為”です。前提知識をお持ちでない方は、私の旅行記「諸葛亮孔明の韓国旅行記」の中の「再びの韓国」を、まずはご一読下さい。韓国旅行系掲示板での騒ぎは、ストーカー某氏がその旅行記を発見して喜び、掲示板上で”暴露”した事で始まります。思ったほど盛り上がらないと失望したのか、私の旅行記文章を勝手に転載するという暴挙にまで出ました。何も秘密にしているわけでは無く、誰でも、私のHPを訪れて頂ければ読めるのですがね。

旅行記に登場する”Dさん”に関しては、旅行記を書こうと考えた時点で確かに迷いました。話から外す事も、上手く言い繕う事もできたかも知れません。しかし私、自身で言うのもナンですが、頭に”バカ”の付く正直者です。高校時代にカミュに心酔した頃から、「事実と異なる事を言うのは嘘だが、事実を事実以上に強調する事もやはり”嘘”だ。」とか、真剣に考えてしまったのです。ですので「美味い」を「すごく美味い」と表現する事も、私にとっては”嘘”なのです。今でも世辞は苦手です。そんな私ですので、言い繕うとしても、何処かでほころびの出てしまうような気がしました。

もうひとつの理由、これがただの通りすがりの女、金で買った二度と会わない女、でしたら、問題はそう無かったと思います。旅行記を書くに何の障害にもなりません。しかし彼女は、私にとってある種”恩人”になってしまいました。彼女との出会いが無ければ、これほど韓国に嵌り込む事も無かったと思います。”惚れた”とかの問題ではありません。最初から今日まで、彼女に恋愛感情を抱いた事は一度としてありません。女性としては、私の好みから全く外れています。寧ろそれが良かったのでしょう。気の強い、はっきりとした明け透けな性格は、韓国チングとしては楽しい好ましいものでした。そしてその気の強さの裏にある”情”、ドジに大金を落としてしまい、すでに”客”としての価値を失ってしまった私を可愛そうに思って面倒見てくれたその”情”が、私の感じた”韓国”そのものになってしまったのです。恩人を除外してそ知らぬふりで旅行記を書く事など、私にはできませんでしたし、それでは旅行記を書く意味も無いと感じていました。

まだ続きます。後日。

2008年8月28日 (木)

某旅行掲示板での騒ぎ

「某旅行掲示板での騒ぎ」と書いても、判る人も判らない人も居ると思います。某韓国旅行サイトで、以前から私に粘着していたストーカー染みた方が居たのですが、その方が私のHP旅行記に注目、「騒ぎを掻き立てるよいネタ!」とばかりに噛みついています。その騒ぎの始った時点で、何か私からもコメントを出さなければいけないと感じていました。その掲示板は旅行情報掲示板ですので元々そこに書く事は非常識、書き込みも順次削除されています。管理人さんにはご迷惑をおかけしています。ですのでもちろん、その掲示板でレスする事は初めから考えていません。愉快犯的”荒らし”ですので、無視が一番の対応です。

ですので「何かコメントを」でも、私自身のHPかブログでの対応を考えていました。しかしここでも少々躊躇しました。ストーカー某氏の問題にしたのは私のHP旅行記の内容で、そこへの誘導を企てました。ですので「急激にアクセス数が上がる」と少し緊張して身構えていたわけです。確かに数は増えました。「諸葛亮 韓国」とかで検索して訪れた方も居ます。それでも実数は、ブログで1日10人程度の増です。アクセス数は5割から日によっては以前の倍近い数になる事もありますが、これは、初めて訪れた方が多く、ブログ内をあちこち徘徊したからのようです。旅行記の載っている本体HPの方ではもう少し多くなっています。それでも総数で週に300人ほどです。以前はひと月で500人ほどしか訪れない寂しいHPですので、確かに増えてはいますがそんなものなのですね。(笑) 対応するにしても、騒ぎを理解している人は少数派という事になります。それで逆に躊躇して対応に迷ってしまったわけです。

騒ぎの舞台にされたサイトは、一応”人気サイト”なのですが、それも韓国好きというマイナー集団の中だけのものです。韓流だなんだと騒がれても、やはり所詮は極々一部でだけの注目・人気にしか過ぎないのだと、改めて思い知らされた気分です。それでもまぁ、対象が少数派であっても、取り合えずコメントは出しておこうと思います。何分デリケートな話題?ですので、少々長く面倒になると思います。矢継ぎ早に次々と連続して書く事もできないでしょう。少々お待たせするかも知れませんが、ご承知おき下さい。で、今回はこの前置きだけです。失礼。

2008年8月25日 (月)

「輝ける女たち」

DVDレンタルで観ました。興味を抱いた要因は”ミュウミュウ”です。学生時代に観た「夜よさようなら」が印象的でした。その後「読書する女」も観ましたが、日本公開作は少なく(私の知らなかっただけかも知れませんが)観たのはその2本だけです。「夜よ~」は最近(一昨年かな?)にもレンタルで借りてきて観直しました。魅惑的な女優さんでした。

本作は、昨年あたりの作品のようです。58歳になった彼女、見てすぐ判りました。年相応の顔にはなっていますが、往年の面影を残しています。ガッカリはしませんでした。良い年の重ね方をされているようです。私にとっては、それだけで観る価値のある作品です。

作品内容そのものに関しては、複雑な人間関係と特異な過去、その繋がりを追うだけで疲れてしまいます。私の日常感覚とはかけ離れ過ぎて、登場人物の思いに立ち入る事ができません。家族の邂逅の過程も、実感を持って感じる事ができません。フランス人なら素直に感情移入できるのでしょうか?判りません。

原題は「LE HEROS DE LA FAMILLE/FAMILY HERO」との事です。仏語は判りませんが、英語題を見ただけで、邦題とは異なる事が判ります。「輝ける女たち」、センスの感じられない題名付けです。

 Movie/輝ける女たち Movie/輝ける女たち
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する
ミュウ・ミュウ&マリア・シュナイダー競艶!ジャンヌ・コリドリエの自伝小説、フランスの娼婦の実態を描いた官能作品!■夜よ、さようなら La Derolade [ニューマスターヘア無修正版]■ ミュウ・ミュウ&マリア・シュナイダー競艶!ジャンヌ・コリドリエの自伝小説、フランスの娼婦の実態を描いた官能作品!■夜よ、さようなら La Derolade [ニューマスターヘア無修正版]■

販売元:マンモスビデオ
楽天市場で詳細を確認する

ミュウ・ミュウ主演!他人に本を読んで聴かせる商売をする主人公の様々な交流をさわやかにかつエロティックに描いた異色好編!DVD未発売。■読書する女■ ミュウ・ミュウ主演!他人に本を読んで聴かせる商売をする主人公の様々な交流をさわやかにかつエロティックに描いた異色好編!DVD未発売。■読書する女■

販売元:マンモスビデオ
楽天市場で詳細を確認する

2008年8月24日 (日)

「落語娘」

地元の映画館で観てきました。フジTVのドラマ「ビギナー」を見て興味を覚えた女優さん、ミムラ主演ということで観に行きました。ミムラは、やはり面白い女優さんです。ほどよく上手く演じていました。そしてさすがに津川雅彦は上手いですね。存在感もあります。落語を落語家らしく演じてしまうあたり、役者魂を感じます。ストーリーも、無理なく無駄なく、心地良く展開しています。特に感動するとかの類ではありませんが、こじゃれた粋な作品だと思います。ちなみに私の観た映画館、観客は8人でした。派手な宣伝で内容の乏しい作品が観客を集め、こういった質の高い作品は埋もれてしまう、そんな傾向も感じます。興行収入・観客動員数と作品の質の一致しないのは規制事実ですが、最近では更にその傾向が顕著になっているような気がします。http://www.rakugo-musume.com/

落語娘 落語娘

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 ビギナー DVD-BOX ビギナー DVD-BOX
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2008年8月22日 (金)

アクセス50,000

本日というか、今日の夜中、日付の変わって間もなくだと思うのですが、カウンターが「50,000」を突破しました。wineブログを立ち上げて2年と2カ月と16日です。敢えて宣伝もしていませんので、決して早くない、寧ろ遅いくらいだと思います。しかしまぁ、「ひと区切り」といった感はあります。時をほぼ同じくして、HPの方は29,000を昨夜に超えました。こちらは3年半かかっています。だからどうしたと聞かれれば何も無いのですが、ま、ご報告です。

2008年8月16日 (土)

またまた100切れず・・・

暑い地元を離れて、高原ゴルフを楽しんできました。プリンス系の嬬恋高原ゴルフ場(http://www.princehotels.co.jp/golf/tsumagoi/)です。ゴルフ場隣接の嬬恋プリンスHは、スキーで2度宿泊した事がありますが、夏に訪れるのは初めてです。今回は日帰りですが、レストランはホテルとの共用で、朝食は宿泊客に混じってのビュッフェでした。成績ですが、目標の「100切り」は今回も成りませんでした・・・。OUTスタートでの前半は「52」、後半「51」で「103」でした。ドライバーはまずまずの好調、アプローチも、ライの悪い場所からの失敗もありましたが、初心者の私としてはそう悪い出来ではありません。昨日の問題はやはりパッティングでしょうね。3パットが5回、4パットも2回ありました。2番ショートでは、1オン4パットでした・・・。距離感が上手く掴めません。

本白根温泉 嬬恋プリンスホテル 本白根温泉 嬬恋プリンスホテル

地域:万座・嬬恋・北軽井沢
特色:豊かな自然に囲まれた、高原にたたずむホテルです。標高1126m温泉露天風呂からの眺めは絶景です。
楽天トラベルで詳細を確認する

当地からゴルフ場までは、上信越自動車道・軽井沢碓氷ICからの北上が一番短時間で行けるルートです。しかしお盆時期の軽井沢は混み合います。避暑客、アウトレット買い物客、そして「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(http://www.nec.co.jp/event/nec-karuizawa72/)」での観客も混雑に輪をかけるはずです。混雑を避けて早めに、朝5時半に出発したせいで順調に推移、7時半過ぎには到着してしまいました。予約は9時10分ですので時間があり過ぎます。しかし出発を遅らせ渋滞に嵌っては時間が読めません。今の時期ではしょうがないでしょうね。フロントでお願いしたところ、上手く、8時45分スタートで入れて貰う事ができました。これならゆっくり朝食を取って丁度良い時間です。

さすが高原、気温は20℃台前半でのスタート、後半は日差しも強くなってきたものの、日陰に入るとそれでもひんやりします。正面に浅間山もダイナッミックな姿を晒しています。2km?以内立ち入り禁止のレベル2状態の浅間山、頂上には噴煙も見えます。2つあるコースの内の「白根コース」、キャディ付き歩きでのプレイでしたが、地元のアップダウンのキツイコースと異なり広い平坦なコースですので、歩いても苦にはなりません。フェアウェイも広く見通しが良いですので、圧迫感無く気持ち良く打つ事ができます。Dsc01632 Dsc01633

                                  

帰途は確実に渋滞が予想されたのですが、スタートが早くなり早めに上がる事ができた事、そして同行友人が軽井沢に詳しく裏道(何処をどう通ったかまるで判らない)を抜けた事で、こちらも順調に帰る事ができました。情報ではやはり、軽井沢ICは渋滞していたようです。

2008年8月14日 (木)

「ぐるりのこと」

ラジオ番組(東京パラダイス)で高田純次が絶賛していたのを聞き、興味を持った作品です。隣街のシネコンに周ってきたので観てきました。高田純次って、こういうのが好きなんだ。think http://www.gururinokoto.jp/

平凡であり平凡で無く、人が生きて行くって色んな事があるわけですが、普通に生活して行くだけでも、悲しみや悩みや、嫌になっちゃう面倒な煩わしさも沢山あって・・・。もちろん作った物語ではあるわけですが、心情的なリアルさでは、実際以上にリアル、というのも可笑しいですが、観ていて、本当に生きて行くのが煩わしいと感じさせてしまう作品です。最後には一応、安らかな救いも用意されているのですが、その救いの方が、リアルで無い、高望みのように思えてしまう部分も感じます。「ささやかな幸せ、身近な心の触れ合い」がその救いなのでしょうが、平凡に見えてそれは、得難く危うくはかないもののように思えてしまいます。夫婦の得た平穏も、永遠のものでは無いはず・・・。

娯楽作品では全くありません。観た後の満足感もありません。描かれた心情がリアルで否定し難いものであるが故に、後々までその重苦しさが尾を引きます。ラストシーンはほのぼのとしたものですが、それすら、重さを払拭してはくれません。どうせなら、嘘でも良いからもう少し余計に安堵させる展開を用意して貰いたかった気もします。しかしきっとそうなったら、映画作品としての評価は少し下がるのでしょうが・・・。

木村多江の演技は見事です。リリー・フランキーも飄々といい味で演じています。しかしこの飄々とした態度・生き方が作品が用意した”救い”とも言えます。自身の実生活で同様の”救い”を、相方に与える自信はありません。”身近な心の触れ合い”というもの、実際にはそう簡単なものには思えません。ま、兎に角、色々、余計な事を考えさせてくれる作品ではありました。

ぐるりのこと (新潮文庫 な 37-8) Book ぐるりのこと (新潮文庫 な 37-8)

著者:梨木 香歩
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リキテックス 「ぐるりのこと。 花の天井画ひまわりセット」 Toy リキテックス 「ぐるりのこと。 花の天井画ひまわりセット」

販売元:Liquitex
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2008年8月11日 (月)

真夏のゴルフでも涼しく

「この暑い時にはやりたくない」と、お誘い少ないゴルフですが、おぼえたて初心者は暑くてもやる気満々です。そこで、通っているゴルフスクールの先生が「サマーコンペ」を企画してくれました。「比較的涼しい場所」と選ばれたのが赤城山麓の「桐生カントリークラブ(http://www4.ocn.ne.jp/~golf-kcc/)」です。しかしそれも、「この時期にしては比較的、他よりマシ」程度の期待だったのですが、予想に反して、本当に涼しいゴルフを堪能できました。真夏日・酷暑日の狭間の、1日限りのお得日でした。cloudhappy01Dsc01628 Dsc01629 Dsc01630

                           

肝心のスコアですが、今回の目標は「初100切り!」です。OUTスタートでいきなりパーと好調な出だしでしたが、3番ロングでシャンクシャンク池ポチャwobblyで「10」の大叩き・・・、早くも暗雲立ち込めました。それでも、これで一気に崩れないのが多少の成長なのか、どうにか前半は「52」で切り抜けました。後半も良いのか悪いのか、イマイチではありましたが、18番最終ホール(ロング)は3オン1パットの久々バーディ!で、気持ち良く締めジャスト「50」、目標には及ばなかったものの「102」という、今までで2番目に良いスコアで終わりました。100切りは次回持ち越しになりましたが、この時期には珍しい涼風の中、気持ちの良いゴルフでした。次回は15日に予定が入っています。

2008年8月 8日 (金)

1年半振りの韓国旅行

1996年の初韓国以来、年に1~3回は韓国に旅していたのですが、今回は1年半のブランクがありました。タイ旅行の予定(結局流れたけど)があって控えたのと、盆休みに出かけると就職した娘の帰省とすれ違いになるとか、ま、細かい都合の積み重ねで機会を逸していました。で、今回は1年半振りの韓国、2度目の済州島旅行となりました。同業者組合青年部の、2005年の春・ソウル旅行の時のメンバーの内の2人と、ソウルから合流したナム(弟)氏との計4人での旅行です。

日程は8/3~5の日・月・火でした。初韓国以来のパックツアー利用です。その方が面倒が少ないとの思惑での選択です。ま、ツアーと言っても免税店・土産物屋等への立ち寄り無しのツアーですので、空港ーホテル間送迎以外は全くの自由行動ではあります。

ソウルナビ掲示板(http://www.seoulnavi.com/communi/n_board/list.html)には何件か、項目別に書き込みしました。HP旅行記の方はもう少し時間がかかりそうです。溜まった仕事の処理もありますし、今日は今日で組合行事で宇都宮出張でしたので準備が進んでいません。忘れない内に、早めに書こうとは思っているのですが・・・。

 ’09 るるぶ韓国 ソウル・釜山・済州島 ’09 るるぶ韓国 ソウル・釜山・済州島
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31