無料ブログはココログ

« 罪としての売買春 | トップページ | 初ニアピンは取ったものの・・・ »

2008年9月 4日 (木)

職業としての売春婦

売春婦は、”最も古い女性の職業”とも言われます。もちろん現状では無理ですし、完全なる男女平等など、一定の条件はもちろん必要ですが、私は職業として認めて良いのでは?と考えています。当然売春婦も”職業に貴賎無し”に含まれなければなりません。あ、いや最近の傾向から言えば”売春士”ですかね。性病等の講習を受けさせ、資格制・認可制で営業を許可すれば良いと考えています。

ちょっと話は逸れますが、看護婦が看護師に、保母が保育士になりスッチーが客室乗務員に、これも個人的には、馬鹿馬鹿しい言葉遊びと思っています。ただまぁ、実際に男女差別の存在する世では、啓蒙段階での、やむを得ぬ馬鹿馬鹿しさと納得しても良い気持ちもあります。確かに、言葉から作られる観念もありますから。

将来、完全な男女平等の世が作られた時には、「昔はこんな馬鹿馬鹿しい時代もあったそうだ。」と、笑い話になるかも知れません。男女は平等にはなっても同質には成り得ません。どんなにがんばっても男性は、子を生む事はできないのですから。平等の世では新たに、男女間の特徴を主張するために、性別”区別”のための新語が生まれるのではないでしょうか。きっと。

話を戻します。性をSexを、あまりに神聖視する事は逆に歪を生むと思っています。生命の誕生は神秘的ですが、現実には常には生命誕生に繋がっているわけではありません。Sexそのものは、一瞬の快楽を求める遊戯に過ぎません。「たかがSex」です。営業形式が健全ならば、商売・職業と認める事に、さしたる不都合は無いと考えています。

買春話だけからなら、私の事を”女好きのエロオヤジ”と想像する人も少なく無いと思います。ま、ここを読まれている方は、現実に接する機会のまず無い方々がほとんどでしょうから、ここでどうこう言っても始まらないのですが、実際にはその想像とは真逆に近い場所に居ると、自分では思っています。韓国・フィリピンパブに行く事も(ここ暫くご無沙汰ですが)好きです。(あまり好きではありませんが)キャバクラにも行きます。しかし前にも少し書きましたが、下ネタは苦手ですし、軽いお触りも一切しません。それで一時”諸葛氏ゲイ疑惑”も一部で囁かれたそうです。coldsweats01 もちろん女性は好きです。でもそういった場所では、飲んで歌って踊る事が楽しみで、ロールプレイング恋愛遊びなどに興味はありません。と言うか、馬鹿が付く正直者で、酒の席でも「好きだよ」とか「綺麗だね」とか”嘘”の言えないつまらない男なのです。

古臭いかも知れませんが、男女間で一番大切なのはやはり”心”だと思っています。心が無ければSexも、ただ一瞬の快楽に過ぎず虚しいものです。関係無いかも知れませんが私は、絶叫系の遊具(遊園地の)もホラーも娯楽大作映画も、あまり好きではありません。いずれも”一瞬の快楽”に過ぎないからです。買春で有名になってしまいましたが、その方面に詳しいわけでもありません。一瞬の快楽に多大な資金を投じる事を勿体無く思うからです。要するにケチです。同じ金を使うなら、韓国パブで騒いだ方が楽しい気がします。こっちの方が安くもありますし。

きっと、もう少し続きます。そのうちに。

« 罪としての売買春 | トップページ | 初ニアピンは取ったものの・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/23498176

この記事へのトラックバック一覧です: 職業としての売春婦:

« 罪としての売買春 | トップページ | 初ニアピンは取ったものの・・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31