無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月26日 (日)

一応ベストスコアですが・・・悔しい

再来週ちょっと大きめなコンペがありますので、その練習でのゴルフ会がありました。参加13名で会場は「つつじヶ丘カントリー倶楽部」(http://www.tsutsujicc.com/)でした。

PSP みんなのゴルフ場 Vol.3(GPSレシーバー同梱版) PSP みんなのゴルフ場 Vol.3(GPSレシーバー同梱版)
販売元:ハピネット・オンライン Yahoo!店
ハピネット・オンライン Yahoo!店で詳細を確認する

「昼前から晴れ」との予報は外れて、厚い雲に覆われた一日でしたが、蒸し暑くならず却って良かったですね。トリッキーなコースもあり、グリーンも難しめでしたが、前半(OUT)は「47」でハーフで2番目に良いスコアでした。ハーフベスト「46」の時には、後半崩れて「55」叩いてしまいました。今回は、あまり数字は気にせず望んだつもりです。途中で確認計算もしませんでした。で、終わって数えてみたら「53」、合計ジャスト「100」です。一応ベストスコアではありますが、目標の100切りには1打足りず・・・。

今回もポイントはパットです。ドライバーは好調で、飛距離は兎も角ほとんどフェアウェイをキープしています。唯一、狙いどころが狭いコースでスプーンを選択した時だけ、右斜面に外しました。安全確実を図ったつもりだったのですが・・・。パター数は前半「20」後半「21」です。合計「41」は私としては特に多い方ではありません。coldsweats01でもやっぱり多過ぎますよね。ただ今回は、本当に惜しい、入ってもおかしくないパットも目立ちました。これでも少しは上達しているのだと思います。次回はプロメジャー選手権も行われる名門コースでのプレイですので、数字は期待できないかも知れませんが、それでも目標は「100切り!」で望みたいと思います。punchannoy

2008年10月19日 (日)

北海道でゴルフしてきました。

某銀行系異業種交流会での旅行でした。総会・講演会等のイベントの終わった翌日はゴルフコンペ、新千歳空港近くの”ANAダイアモンドゴルフクラブ(http://www.anadiamondgc.co.jp/)”でのプレイでした。いやぁ難しいコースでした。グリーンは速くて微妙なアンジュレーションがあり、フェアウェイも硬めでした。私にしてはパットはがんばった方だと思うのですが、バンカーによく捉まり脱出に苦労しました。1度など、よく見ないで引き抜いて、ウェッジのつもりで9番アイアンで打ってしまいグリーンオーバー、再び反対側のバンカーへ・・・。wobblyおいおい、打つまで判らないかぁ~。1打目の落下地点とかグリーン周りとか、嫌な場所にバンカーの多いコースでした。最初から狙って避けるなんて技術は無いし・・・。北ウィングINスタートで前半は56、OUT後半は58、合計114の、今年最多打数の成績でした。同行メンバーも普段よりスコアを落とした人が多かったですので仕方ないのかな。歩き移動のコースでしたので、今日になって少し足に疲れが出ています。

北海道での紅葉、一番の盛りは少し過ぎた感じでした。関東ではシーズン盛りですが、北海道ではすでにオフシーズン部類に入っているとか。来月25日にはこのコースもクローズされるそうです。時として晴れ間も見えたものの、後半途中3ホールは傘を差してのプレイでした。寒くはありませんでしたが、ころころ変化する落ち着かないお天気でした。しかし北海道までの航空運賃、高いですね~。韓国旅行の方が安くつくかも。

2008年10月12日 (日)

前回よりは2つ減りました・・・

golf3連戦初戦でした。某団体懇親旅行での1泊旅行です。2日目にゴルフが入っています。会場は千葉県市原市にある「タクエーカントリークラブ」でした。http://takuei-cc.co.jp/ 好況時に造られたと思われるバブリーな雰囲気の施設で、数年前に経営が変わっているそうです。天然温泉、宿泊設備付きです。http://takuei-cc.co.jp/resort-hotel/price.html

事前の天気予報は二転三転、直前(出発当日朝)では雨の予想は消えたのですが、ゴルフ当日朝では復活、プレー開始時には雨降りでした。途中は、晴れ間が見えたり傘が必要だったり、落ち着かないお天気でしたが、なんとか、プレーに不便の無い程度に収まりました。

スコアは54・52の106で、前回より2つ減ったものの、やはり100切りには失敗しました。ショットは私としては好調、ショートの1オンミドルの2オンも何回もあったのですが、いずれもパッティングの失敗でボギー・ダブルボギーになっています。特に前半(サウスコース)3番のショートホールでは、ニアピン賞を頂きながら3パットでボギーでした・・・。前半でのパット数合計が27もありました。

後半ウエストコースの方が難しかったらしく、スコアを伸ばしたのが私1人でしたので、僅か2打の違いながら「大波賞」を頂きました。後半のパット数が16ですので(グリーン際すぐからのショットが増えたせいもあります)、私の場合はその差でスコアが伸びました。目標の100切りにはパット練習が不可欠のようです。来週は札幌です。難しいコースのようで、目標到達は困難かも知れません・・・。

2008年10月 6日 (月)

「宿命」

ソン・スンホン、クォン・サンウ共演作、ファンには待ち侘びた作品でしょうね。クォン・サンウは初の悪役ですが、憎めない悪役としてそれなりに上手く演じていますが、”新境地”とまでは届いていないように思います。

宿命 MAKING VERSION S ~宿命で魅せるソン・スンホン~ DVD 宿命 MAKING VERSION S ~宿命で魅せるソン・スンホン~

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/07/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

宿命 MAKING VERSION K ~宿命で魅せるクォン・サンウ~ DVD 宿命 MAKING VERSION K ~宿命で魅せるクォン・サンウ~

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/07/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

http://www.fate2008.com/

監督はキム・ヘゴンですが、名前だけでは思い浮かばないかも知れません。ビョンホンペンには、「誰ひみ」の長女の旦那、「甘い人生」の武器商人、と言えば判るでしょう。映画監督としては2作目ですが、俳優としては長いキャリアを持っています。そのせいか、組み立ては手馴れた感じがあります。きちきちと順序立てて、整然と話が作り上げられています。その分逆に、新人監督の清新さや型破りな迫力には乏しくなってしまっています。話の展開も意外性に乏しく、小さな山場の繰り返しで、クライマックスに進む大きな盛り上げには欠けてしまいます。部分的にはそこそこ面白くても、全体としての印象は薄くなってしまっています。

監督はたぶん、「チング」のような世界を描きたいと思っていたのでしょう。ラストシーンにその意図が見えますが、「宿命」として描くには、それ以前の親交の深さがあまり描かれていません。それで「チング」でのような、悲痛な悲しみが沸いてこないのだと思います。この部分では少々空回りしてしまった感が否めません。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30