無料ブログはココログ

« 一応ベストスコアですが・・・悔しい | トップページ | やはり難しすぎたか~ »

2008年11月 2日 (日)

「レッドクリフ PartⅠ」

”諸葛亮”を名乗る以上、どうしても観なければいけない映画でしょうね。happy01 ま、それ以前に、三国志・中国時代小説好き故のHNですので、楽しみに待った作品です。「三国志」は長大な作品ですので、映像化ではどうしても、だらだらとエピソードを連ねる展開に成り勝ちだと思います。その点では、「赤壁の戦い」に的を絞った事は賢明だったと思います。ただどうなのでしょう?「三国志」既読の身では十分理解できる道筋ですが、前知識無しで観た方での感じ方が想像できません。読んでいなくても、多少の時代背景知識を持たないと、やはり少し難しかったのでしょうか?私個人では、かなり判り易く簡略に描いていたと感じたのですが。

劉備の子・阿斗を救い出した趙雲のエピソードで始まります。三国志ファンには瞼の熱くなる場面です。他にも、「あ、ここ、ここ、」と嬉しくなる有名定番場面も幾つか出てきます。こんな喜び方もファン限定なのでしょう。映画作品としては特に良い作品とは思わないのですが、なんか嬉しくなってしまう、どうもこの作品、三国志ファンには客観的評価は出来ないのかも知れません。三国志知識をほとんど持たない家内の感想は、「なんか殺陣のショーみたい・・・」でした。戦闘シーンの迫力はありました。面白みもありました。リアリティには多少欠ける部分もありますが、総じて見応えの有る演出・撮影だったと思います。

ストーリーは、史実も小説版「三国志」からも外れる部分もあります。劉備・関羽・張飛・趙雲、そして孫権・周瑜・魯粛、蜀・呉オールスターが一堂に会しての戦闘シーンなど無かったはずです。それでもこれは、映画ならではのサービスと嬉しくなります。堅い事言わずに楽しみます。歴史物としての重みには欠けますが、しかしまぁ、楽しめた作品ではあります。「これから!」というとこで終わってしまったのは残念です。despair来年4月まで待たされるのかぁ・・・。ま、粗筋は判っているのですが。http://redcliff.jp/index.html

レッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラック Music レッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:岩代太郎,alan
販売元:エイベックス・エンタテインメント
発売日:2008/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

三国志(1) 三国志(1)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 秘本三国志 1 秘本三国志 1
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する
諸葛孔明 上巻
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ
 呉・三国志 長江燃ゆ 1 孫堅の巻 呉・三国志 長江燃ゆ 1 孫堅の巻
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

« 一応ベストスコアですが・・・悔しい | トップページ | やはり難しすぎたか~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

諸葛亮さん、“三顧の礼”もしていない私のブログに足を運んで頂きありがとうございます。(笑)
「オールスターの登場シーンを堅いことを言わずに楽しむ」その通りですよね!
誰もが楽しめるように作った作品だと思いますから、映画は映画として素直に楽しむのが大正解だと同感します。
演義が好きな者同士は、きっとこの作品を餌にあーでもない、こーでもないと議論しあうのでしょうが、それもまた演義好きには楽しいことなのかもしれません。
いずれにしろPartⅡが待ち遠しいです!

実はなにを隠そう「三国志」大好き人間であります(笑)

中国は大嫌いですが、この三国志だけはロマンを感じます。
登場人物に相当な思い入れがあります。

好きな武将だけでも十数人になります。
劉備、関羽、張飛、趙雲、諸葛亮はもちろんですが曹操や孫策の方にも好きな武将は多いです。
登場人物が魅力的なのです。
漢字が検索しても出てこないので、ここに書くのはあきらめますが・・・(笑)

吉川栄治の三国志は7~8回、北方謙三の三国志も3回ほど読み返しています。

KLYさん、サンキュウさん、ご訪問ありがとうございます。三国志ファンは多いですね。私はまだ、北方謙三版は未読です。陳瞬臣版(秘本三国志)も面白いですよ。曹操・曹丕に重きを置いた書き方をしています。

「信長の野望」「三国志」のゲームソフトを造った「koei(株式会社コーエー)」は私の街に興った会社です。創業の地は私の会社と同じ町内でした。10数年前ですが、ゲームの三国志にも嵌りました。何日も徹夜で励んだものです。coldsweats01ネットHNを決める時、趙雲とか陸遜も候補に入ってました。

こんにちは。さすが、諸葛亮様だけあって、早い!ですね。我家もサンキュウさんと同様、中国は嫌いだけど「三国志」は好きという一家です。特に、NHKBSでの北京中央電子台の「三国志」には、一家ではまり、さらに、コウエイのゲームは、しっかり、買い込み、やっておりました。それに、中国語学習も始めちゃって、今では、ハングルにすればよかったと後悔中だけど。「三国志」には、多彩な人物が多数でてきて、どのエピソードもすばらしいです。楽しみに見に行きたいです。パート2は、来年の四月ですか~続けて見たいけど・・我慢ですね。

諸葛様のことだから、いち早くこの映画をご覧になると思っていました。

わたしも早く見たいです。

しかし何でタイトルをカタカナにするのかしらね?

追伸:こちらでたな子さまのお名前発見できてうれしいです。

韓国映画でもないのに、お2人揃ってのご登場、恐れ入ります。以前から中国映画も好きだったのですが、最近はアクションシーンばかりの、派手派手映画ばかりで失望する事が多かったです。今回の「レッドクリフ」は、付け足したような大義名分を振りかざさないのですっきり観る事ができました。

ようやく記事にしましたのでTBしに来ました。

三国志を全く知らない人にも分かるように親切に解説やテロップを入れていたので、比較的分かりやすかったと思います。
もちろん三国志ファンにはたまらないでしょうね。

戦闘シーンもさすが制作費100億円という迫力で、大画面で堪能できました。

最初の解説は日本版独自に入れたもので、原版には無かったそうです。気軽に楽しめる作品に仕上がっていましたね。

コメントどうもありがとうございました。
いろいろなエピソードも、三国志ファンにはたまらないワンシーンだったのですね。
私は 赤ちゃん抱いて背負ってぶった切りってどうよ?とツッコまずにはおれませんでした(笑)

>読んでいなくても、多少の時代背景知識を持たないと、やはり少し難しかったのでしょうか?
日本版ならでは、という解説が効いてますね。
ちょっとカジリの私はあれのおかげで「復習」できましたから。
情けないことに三国志をぜんぜん知らない夫(諸葛孔明の名すら知りません…いい年をして)にも見てもらいたいですね…わかるかどうか実験のために(笑)

「どうよ?」って部分、「三国志」には満載です。元々中国のお話って、”100万の大軍”が、史実を調べるとどう見てもせいぜい20万程度としか推測できなかったりします。「三国志演義」自体大衆小説ですので、水戸黄門や遠山の金さんと同じです。遠い昔のお話ですので、突っ込みどころ承知で楽しめるのでしょうね。

「こんにちは金城武です。」は受けましたhappy02
孫権役の俳優がすっごく魅力的だったので、もっと出ないかなぁと思いながら見ていました。
オールスターの戦闘シーンは見事でしたね。
いくら作り物だとはいっても、思わず引き込まれました。
PART2で諸葛亮様に再びお目にかかれることを楽しみにしていますsign01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/24965664

この記事へのトラックバック一覧です: 「レッドクリフ PartⅠ」:

» レッドクリフ PartⅠ [LOVE Cinemas 調布]
ジョン・ウー監督作品。レッドクリフは文字通り『赤壁』の意味で、「三国志演義」の前半の山場“赤壁の戦い”を描いている。日本人では金城武が諸葛亮孔明、中村獅童が甘興という架空の人物で出演しています。学生時代「三国志研究会」所属だった私としては外せない作品です。... [続きを読む]

» 『レッドクリフ Part I』【原題:RED CLIFF/赤壁】(08) [カムサハムニダ♪]
{{{ ◆STORY 西暦208年。帝国を支配する曹操(チャン・フォンイー)は、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、曹操軍に追いつかれてしまい全滅の危機に。しかし、関羽と張飛の活躍でどうにか逃げ延びることに成功する。軍師の孔明(金城武)は、劉備に敵軍である孫権(チャン・チェン)との同盟を進言、自ら孫権のもとへと向かう。しかし、孫権軍では降伏論が大勢を占めており、孔明は若き皇帝孫権の説得に苦心する。そんな時、孔..... [続きを読む]

« 一応ベストスコアですが・・・悔しい | トップページ | やはり難しすぎたか~ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31