無料ブログはココログ

« 「ハッピー・フライト」 | トップページ | TOKIMEKI TOUR »

2008年12月15日 (月)

ウォン安の韓国旅行

年末にソウル旅行を予定しています。夏は済州島でしたので、ソウルは2年振りになります。その2年前のレートは100円がウォンで700台でした。それが一時は1,600台、その後も1,400、1,500台が続いています。2年前から比べると半分、つまり日本円の韓国での価値は倍に跳ね上がっています。物価上昇分を割り引くにしても、旅行者には大変お得になっているわけです。それで韓国への旅行者急増中とか。ロッテ免税店では品薄になった、入場制限をしているとかの噂も・・・。ブランド買いの女性客が殺到しているそうですが、これは一時的現象でしょう。元々輸入品は高い韓国です。免税店では税金が免除されるわけでその分はお得ですが、それでも、品物によっては日本のアウトレットで買った方の安い品物のあったのも以前からです。今のところはウォン安前に仕入れた品物を円高換算のレートで買うわけですのでお得ですが、品物の掃けたその後は、弱くなったウォンでの輸入ですので価格は跳ね上がります。レート差が素直に反映されれば、今後欧米ブランド品を安く買えるのは”日本”と言う事になるはずです。

それはさておき、韓国での食事や韓国製品の購入は割安になるわけで、それはそれで楽しみです。ただ変動があまりに激しく、喜んでばかりはいられない気分もあります。レート差や物価差など無くなり、日本と韓国とが同じ土俵の上にある事が一番良いと、私には感じられます。今の若い方は強い円しか知らないわけですので素直に喜んでいるのでしょうが、私の初海外旅行の折には、ドルは250円台、ポンドは760円台でした。単純に考えて2.5倍です。当時の日本人から見ると、欧米への旅行は大変割高なものだったのです。「お得!割安!」と喜ぶばかりではなく、時には逆目線でも物事を眺めて欲しい、そんな気もしています。

ところでソウルでの宿ですが、江南地区の「リッツ・カールトン」を予約しました。円換算で価格表示しているサイトでの予約です。レート変動に合わせ、時々価格が変更されます。下がったのを見て「今だ!」と予約を入れたのですが、その後更に下がり、予約額から(1泊辺り)2,500円も下がっています。ここまで下がるとは予想していませんでした。宿代が下がったわけではなく、ウォン換算宿泊代対応の円価格が変動しただけ、宿が悪いわけでも旅行サイトに責任があるわけでもありません。だけどやっぱりちょっぴり残念・・・。sad

« 「ハッピー・フライト」 | トップページ | TOKIMEKI TOUR »

旅行・地域」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

ご旅行ですか? うらやましいです^^
ソウル○ビなどホテル斡旋もしているサイトで、ホテルの宿泊費(円表示)を確認した後、そこに掲載されているホテルのサイトで宿泊費(ウォン表示)を見たら、すごく高かったんですよね(円に換算すると、ソウルナビの円表示よりかなり高額になる)。
これもウォン安の影響なんでしょうか?
私は、ソウル○ビなどを通して予約するより、直接ホテルのサイトで予約する方が当然安いと思っていたんですが…。
(以前旅行したときは、ホテルのサイトで予約した方が安かったんです。)
ホテルによるんでしょうか?


簡単にお答えすれば「ホテルによる」でしょうが、実際はもっと複雑です。日本でも、HPには形式上の高い料金しか載せていなくて、じゃらんや楽天トラベルを通した方が安い場合も少なくありませんし、直接そのホテルに電話するとHP掲載料金より安く言われるような場合もあり得ます。逆に、”インターネット特別料金”を安く設定しているホテルもあります。

元々日本でも、定額ではなく、時期や予約方法で料金は異なりますが、韓国では更に差が激しいように思います。日本の場合は「何時でも誰にでも同じ料金同じサービス」が常道とされますが、韓国にはそういった考え方はありませんから。客室の空いている場合など、当日飛び込みでも、交渉次第で安くなる場合もあり得ます。そのまま空室にしておくより、少しでも収入になった方が良いわけですから。

もう一つ考え方として、例えば車を買う場合ですが、ディーラー店(トヨタカローラ店とか日産プリンス店)で買うのと近所の車屋さんで買うのとどっちが安いか、です。車屋さんは、ディーラーから仕入れてお客に売ります。ですので同じならディーラーで買った方が安いはず。でも必ずしもそうはなりません。ディーラーにとっては、街の車屋さんは大事な”お客様”です。車屋さんで売って貰って初めて商売が成り立ちます。車屋さんの商売を邪魔するわけにはいきません。デイーラーは、車屋さんには”卸値”で売り、一般消費者には”小売値”で売ります。ホテルでも同様です。ホテル直接予約の方がホテル側の利益率は良くなりますが、単独で客室を埋める事は難しいでしょう。旅行業者からの斡旋があって初めて成り立ちます。ですので、「ソウルナビでの方が安い」は十分成り立ちます。

今の韓国の場合、それに急激なレート変動が要因として加わりますので更に複雑です。円表示での場合、レートに合わせて毎日毎日料金を変更していたのでは寧ろ混乱を招きます。どのレートを採用するか、また変更のタイミングもあるでしょう。ソウルナビさんのような予約サイトでも、入金された円が自動的にその日のレートでウォンに変換されるわけもなく、タイミングで誤差が出ますので、先行きの見通しも考慮しなければならず、対応が難しいでしょうね。

蛇足ですが、同日同ホテル同ランクの部屋に宿泊したとしても、「私の方が安かったからお得!」とは限りません。同ランクでも部屋により微妙な差はあります。基本は「払った金額なり」です。より高い金額を払って頂いたお客様優先で良い部屋を割り当てます。ツアーではなく個人予約の場合は、グレードアップの可能性もあります。JWマリオット宿泊の折には、ワンランク上にアップして貰った事があります。ですので”お得”も、考え方次第でも結果論でもあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/26194582

この記事へのトラックバック一覧です: ウォン安の韓国旅行:

« 「ハッピー・フライト」 | トップページ | TOKIMEKI TOUR »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30