無料ブログはココログ

« 渡良瀬川の夕日と八雲神社の桜 | トップページ | おおた芝桜まつり »

2009年3月30日 (月)

利根川河川敷でゴルフ

利根川河川敷を利用した”妻沼(めぬま)ゴルフ場(http://www.river-golf.com/body/m_body.htm)”でプレイしてきました。以前渡良瀬川河川敷のゴルフ場でプレイした事がありますが、アップダウンの無い事は同じですが、さすが坂東太郎・利根川の広い河川敷です、距離は結構あります。利根川に架かる刀水橋の両側に続く18ホールです。グリーンもベントと高麗があります。当日は高麗でした。高麗芝は経験の少ない事もあるのでしょうが、中々思い通りに打てませんね。(ま、べントでもそうなのですが・・・coldsweats01Dsc00444 Dsc00445

お天気は良好でしたが、強い西風に悩まされました。山間のゴルフ場のように風が巻かないのは良いとしても、いつもと2クラブほど違ってしまいます。行き帰り、追い風向かい風で、合計4クラブ近く違う感じです。それも常に一定の強さで吹くわけではありませんから、クラブ選択で迷います。赤城降ろしで風の吹く事の多い地域です。吹きっ晒しの河川敷では、こういったコンディションも多いのでしょうね。今の時期では。

肝心のスコアですが、これまたいつもと変わりません。前半(OUT)60・後半(IN)54の114でした。昨年半ば過ぎから100そこそこのスコアが続いたのですが、ここ最近は110台が続いてしまっています。今回はスタート2ホール目でOB(土手に打ち込むとOB)を連発、11打sign01叩いてしまったのが利きました。weep 以前のような、20mほどしか進まないようなまったくの打ち損ないは無くなったものの、アプローチでの距離感が、普段でも上手く行かないのにこの風で更に傷を深くしています。3オン狙いの1打がグリーンをオーバー、こうなると大抵はライが悪くなり5オンになってしまう、みたいな失敗がスコアに影響しています。

もうひとつの問題は右方向へのズレですね。OB(合計3発)もすべて右方向です。これはやはり体が開いてしまうのでしょう。しかし練習場では右方向に外す事は少なく、失敗はほとんど左方向です。何故本番では逆になってしまうのか疑問です。右への引っ掛けを意識し過ぎるのでしょうか?

良かった点も書いておきましょう。今回はフェアウェイウッドが好調でした。5番も7番も良い当たりが出ていました。平らな河川敷ゴルフ場ですので、使える機会もいつもより多かったですね。練習場でも比較的良いフェアウェイウッドですので、自信を持って安心して振る事のできる点も良い結果を生みだしているのだと思います。他のクラブも自信を持って振れるよう、練習するしかないですね。刀水橋からは遠景に、男体山も綺麗に見えていました。Dsc00443

« 渡良瀬川の夕日と八雲神社の桜 | トップページ | おおた芝桜まつり »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/28875927

この記事へのトラックバック一覧です: 利根川河川敷でゴルフ:

« 渡良瀬川の夕日と八雲神社の桜 | トップページ | おおた芝桜まつり »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30