無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月27日 (月)

ひと月振りのゴルフ

ETCの「何処まで行っても1,000円」に惹かれて、ちょっと遠出してゴルフしてきました。遠出と言っても県内ですが。happy01 「那須小川ゴルフクラブ」、トーナメントコースとチャレンジコースがありますが、今回は安い方のチャレンジコースです。2打地点からグリーンの見えないトリッキィなコースも多いのですが、雨上がりの緑が美しく、広大な景色の開けた景色の良いコースでした。 http://www.nasuogawagc.co.jp/

日曜なのにネット予約で昼食付き6,400円というお得価格でした。平日だと3,900円とか。happy02 安いですね~!時間・交通費のかかる立地は避けられがち、それで安いのですが、時間は兎も角ETC割引は、こういったゴルフ場には渡りに船でしょう。4人乗り合いで行きましたので、交通費を含めても近場でのプレイより随分お得価格になりました。

矢板インター手前から雨が降り出しrain、10時4分のスタート時でもレインウエアの必要な状態でした。それが1番ホールのグリーン上に立った時には青空になっていました。sun 遅いスタートが幸いしました。9時頃は土砂降りでしたので。

それでも、地面はびちょびちょバンカーは水溜り、状態は良くありません。そのせいばかりでもないのですが、前半は「59」打ってしまいました。特別大きな失敗があったわけでもないのですが、ずるずると1打2打余分に打ってしまったような、イマイチ割り切れない進みでした。それが後半は、上手く噛み合う様になり、ハーフベストタイの「46」で上がる事ができました。good 違いは13打もあるのですが、ほんのちょっとの差のような気もします。そこがゴルフの、難しい所でも面白い所でもあるのかも知れません。110を切ったのも久し振りです。これで吹っ切れれば良いのですが。

2009年4月22日 (水)

「エンプレス ー運命の戦いー」

上京1泊映画の2本目は「エンプレス」でした。同じく六本木シネマートでの鑑賞です。主役はケリー・チャン、ドニー・イェン、レオン・ライです。http://www.anempress.jp/

中国戦国時代の「燕」の国を舞台とした作品ですが、歴史物ではありません。登場する人物もおそらくは架空の人物だと思われます。ケリー・チャン演じる燕国の王女の名は燕飛児となっていますが、燕国主の姓は本来は”姫”でした。隣接していますので、趙国と燕国が戦った事もあったのだろうとは思いますが、一般に語り継がれる燕国の宿敵は斉国です。つまりは、史実を元にした歴史物・時代劇ではなく、単に戦国時代(または春秋時代?)の燕国に舞台設定した”恋愛物語”と理解した方がよいかも知れません。

中国語題は「江山美人」となっていますが、これは”黄梅調”と呼ばれる民間伝承の古典劇のひとつだそうです。その「江山美人」も、明時代の身分違いの恋を描いた悲恋物で、今回の「エンプレス」とは時代も物語りも異なります。

CGやワイヤーアクションを多用し、華美な映像美に偏り過ぎた最近の中国歴史物風映画には飽き飽きしていますので、人間が普通に戦うアクションには好感が持てます。「冷静と情熱の間」くらいでしか知らないケリー・チャンも、アクションでも健闘していると思います。ただどうも目に馴染まない感はあります。しかし華奢な体に鎧は、痛々しくもセクシーですね。lovely 恋愛物としてのストーリーも単純過ぎるくらい単純ですが、これはこれで良いと思います。最近はやたら捻くりまわした、不自然なお話も多いですから。結論としては、ふつ~に面白い作品でした。

江山美人 (2008) (DVD) 香港版 ケリー・チャン、レオン・ライ、ドニー・イェン 江山美人 (2008) (DVD) 香港版 ケリー・チャン、レオン・ライ、ドニー・イェン
販売元:SCRIPTVIDEO
SCRIPTVIDEOで詳細を確認する

2009年4月20日 (月)

「三国志」

映画を観るために泊まりで上京したわけですので、1本だけじゃ勿体無いですね。翌日の日曜日にも2本観てきました。田舎に住んでいますと、興味を持っても観る機会のない(上映されない)作品も多いですので。1本目はアンディ・ラウ主演の「三国志」でした。http://www.sangokushi-movie.jp/ http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/

中国三国時代の蜀の武将:趙雲を描いた作品です。公開中の話題作「レッドクリフ」にも重なります。青年時代の趙雲から始まり、「レッド~pertⅠ」でも描かれた趙雲最大の見せ場、阿斗(後の劉禅)救出の大立ち回りで盛り上げます。物語の前半ですでにピークを迎えてしまうわけです。軽快で無駄の無い演出で、関羽や張飛などの人物説明も最低限に収め、簡潔に展開して行きます。「レッドクリフ」でのような、ちょっと作り過ぎたあまり実用的とも思えない戦法も登場せず、シンプルに戦います。こちらの方が好感が持てますね。

後半は長坂の戦い以降を早駆けして、五虎将軍最後の生き残りの老将として描かれます。アンディ・ラウはこの年齢差を実に見事に演じています。裏切られ窮地に陥り、配下の将を次々に失い孤立して行きますが、最後まで美しさは失いません。戦記物としては前半がメインでしょうが、作品テーマは寧ろ後半にありそうです。

華やかでダイナミックな「レッドクリフ」に比べると、シンプルで叙情的な作品に仕上がっています。映画作品の質としては、こちらの方が一枚上手と思えます。ちなみに、敵役の曹嬰と語り部の羅平安は架空の人物のようです。

「テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる」

東京で1泊して映画を観てきました。作品は「テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる」という、韓国映画史上最長の題名?と言われる作品です。エロチックホラーともパロディカルトとも呼ばれますが、かなりマイナーな、低予算映画(800万Wとか)で、ソニーのデジタルビデオカメラで撮られているそうです。マイナーながら一部では話題になった作品で、契約切れ前の日本最終上映との事で観に行く事にしました。しかし上映は夜9時からのレイトショーのみ、終電の早い地方在住ですので、ホテルに宿泊しての映画鑑賞になりました。映画館は、こういったマイナー作品をよく上映する新宿のK's sinemaです。http://www.ks-cinema.com/schedule.html

塚本晋也監督の「鉄男」や漫画の「AKIRA」等のパロディが込められているそうですが、そっちの分野には全く無知なので判りません。お好きな方には色々と楽しめるそうです。エンドロール風の始まりなど、お遊び要素も盛り込まれています。画質が悪いのですが、低予算で特撮にお金をかけられませんので、特撮のちゃちさをカバーする目的なのかも知れません。確かに鮮明な画像で見せられてはしらけるかも知れません。

インディーズ系では、元々商業映画的娯楽性は期待していませんが、その中では多少は楽しめる部類だと思います。ストーリーはハチャメチャですが、それも悪気なく受け入れられます。社会風刺も盛り込まれているようですが、押しつけがましくはありません。ホテル代払って1泊で観に行くまでの作品か?と考えると疑問も感じますが、取り合えず観ておいて良かったとは思いました。日本版DVDは出ているようです。あと、BGMが結構良かったです。ちなみに「テハンノ」はソウル市内の地名で、漢字では「大学路」と書く学生街です。

 イ ソユン / ナム ギウン/テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる イ ソユン / ナム ギウン/テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

2009年4月17日 (金)

アクセス70,000

本日アクセス数が70,000を突破致しました。ありがとうございます。明日はちょこっと、東京さ行ってきます。

2009年4月13日 (月)

「レッドクリフ PartⅡ」

待望の後篇です。PartⅠ以上の期待で観たわけですが、多くは裏切られませんでした。難しい事を考えずに、娯楽大作として観れば、そこそこ面白い作品だと思います。ただまぁ、やはりそこ止まりです。楽しいけれど内容の薄い作品、との印象は残ります。http://redcliff.jp/index.html

PartⅠでも書きましたが、ついついエピソードの羅列になりがちな三国志を、赤壁の戦いだけに絞った遣り方は賢明だと思います。主役も周瑜に絞り、多少多めに諸葛孔明を絡める程度で、蜀の主要登場人物達(劉備・関羽・長飛・趙雲)も脇役に徹しさせた演出で判り易くなっています。なんせ三国志は、登場人物が多いですし個性も豊かです。個々の人物を描きだしたらキリがありません。三国志ファンには物足りない思いを持った方も居たかも知れませんが、単純に映画作品としては纏まっていました。

しかし途中は結構ハラハラしました。ストーリー展開に、ではありません。史実からも三国志演義からも、日本で一般的に読まれている歴史小説(吉川版とか)からも大きく逸脱して、小喬を敵地に乗り込ませるという、突拍子もない呆れる展開にです。こんなに外してしまって、いったいどうやって締めくくれるのか、心配してしまいました。締めくくりは、やはり呆れる結末ではありました。でもまぁ、元々が破天荒な物語です。史実にも不明確な部分は多々あるはずです。フィクションとして想像力を働かせた作品と知って観るなら罪はありません。これを史実と信じ込んでしまう人の少ない事を願います。

久遠の河(DVD付) Music 久遠の河(DVD付)

アーティスト:alan
販売元:エイベックス・エンタテインメント
発売日:2009/04/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

岩代太郎(音楽)/レッドクリフ オリジナル・サウンドトラック コンプリート・アルバム(CD) 岩代太郎(音楽)/レッドクリフ オリジナル・サウンドトラック コンプリート・アルバム(CD)
販売元:ぐるぐる王国CD館 ヤフー店
ぐるぐる王国CD館 ヤフー店で詳細を確認する
 三国志 赤壁の戦い 上 三国志 赤壁の戦い 上
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年4月11日 (土)

花の命は短くて・・・

ここのところの陽気で、一気に満開に登り詰めた桜、今日ははらはらと散っています。どうも切なくなります。写真は4/9の渡良瀬橋&歌碑周辺の桜です。Dsc00449_7 Dsc00447_7 Dsc00451_5 Dsc00452_4 Dsc00456_3 Dsc00454

                                    

お隣の”中橋”は塗り替えが終わって、綺麗な緑色になっています。しかし、春を通り越してすでに夏日ですね。地球は大丈夫なのか?Dsc00450

2009年4月 6日 (月)

おおた芝桜まつり

桜ならぬ芝桜花見に行って来ました。場所は群馬県太田市、北部運動公園です。最近整備された新しい公園で、今だ開発途上ですが、中々綺麗にできています。http://www.city.ota.gunma.jp/005gyosei/0110-002tosiseibi-hana/01news/sibasakura090220.html

100万本の芝桜とかで、「本州最大級」と銘打っています。4/5現在では、見頃はもう少し先、といった感じです。今週末には桜の方も満開になるでしょうから丁度良いかも知れません。先頃開通した北関東自動車道(太田ー佐野間未開通)に合わせての整備なのでしょうが、北関東道から綺麗に見えそうな配置です。3種類の芝桜とツツジ、新たに植えられた桜の木もあります。将来的には良い名所になりそうです。090405_120802 090405_122401 090405_122414 090405_123324 090405_123511 090405_123621

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30