無料ブログはココログ

« 日曜日のお出かけ | トップページ | 2本目は「チェイサー」 »

2009年5月18日 (月)

充実した日曜日、かな?

昨日の休日は、朝から晩まで目一杯スケジュールをこなしました。happy01 休日出勤で朝6時からお仕事wobbly、10時半頃までに片付けて帰宅したものの、自宅でも30分ほどPCでお仕事。その後打ちっぱなしで練習golfを1時間ほど。そして家内と、隣町のシネコンに映画を観に行きました。それも2本。ここ暫く、興味を持つ作品が目白押しで困っています。特に来月は大変です。coldsweats01 チョン・ジヒョン/小雪、共演作も封切りされますし。heart04

映画1本目は「スラムドッグ$ミリオネア」(http://slumdog.gyao.jp/)でした。公開から暫く経った作品ですが、映画館に行く機会がなくずれ込んでいました。評判の良い作品ですがやっと観る事ができました。

映画の舞台はインド・ムンバイ、昔はボンベイと呼ばれていた都市です。英国のTV番組、「Who Wants to Be a Millionaire?」のインド版の番組展開を追いながら、主人公の過去に遡る物語展開になっています。日本ではみのもんた司会でやってましたが、私はみのもんたがどうも好きになれません。ですので好んで見る事はありませんでした。

どなたかのブログだったと思うのですが、「単に運の良かった若者のお話?」とかの文章が記憶に残っていました。確かに、クイズでの正解は「たまたま知っていた問題が出た」という正解の仕方です。ただこのストーリーで、クイズでの正解不正解は大きな意味を持ちません。主人公の辿った過去を語るための切っ掛けとして使われているに過ぎません。ですので、クイズ正解でのリアルさ、必然性は些細な問題でしかないと思います。正解した解答を「知りたくはなかった」との独白が印象的でした。

寝不足で観た映画で、途中居眠りするのではないかと心配しましたが、杞憂に終わりました。寝させては貰えませんでした。壮絶で悲惨なスラムでの現実を、隙の無い緻密な構成で見せ付けられました。確かに傑作だと思います。(主人公にとってだけの)ハッピーエンドな結末には、不満を漏らす人もいらっしゃるかも知れません。しかしあまりに重く辛い描写が続きましたので、私自身はホッとした気持ちになりました。

ぼくと1ルピーの神様 Book ぼくと1ルピーの神様

著者:ヴィカス・スワラップ
販売元:ランダムハウス講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

A.R.ラフマーン(音楽)/スラムドッグ・ミリオネア(CD) A.R.ラフマーン(音楽)/スラムドッグ・ミリオネア(CD)
販売元:ぐるぐる王国CD館 ヤフー店
ぐるぐる王国CD館 ヤフー店で詳細を確認する

« 日曜日のお出かけ | トップページ | 2本目は「チェイサー」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も、クイズは主人公の辿った過去を語るための切っ掛けとして使われているだけだと思いましたので、違和感はありませんでした。
まさに「運命」だったんですよね~

私にも、1億円でいいから当たる”運命”来ないかなぁ~。wink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/29671257

この記事へのトラックバック一覧です: 充実した日曜日、かな?:

» 『スラムドッグ$ミリオネア』(08) [カムサハムニダ♪]
==== ネタバレあります。。。 ==== {{{ 運じゃなく、運命だった。 ◆STORY インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。この日、ムンバイ出身の青年ジャマール(デヴ・パテル)が、次々と難問をクリアし、ついにいまだかつて誰も辿り着けなかった残り1問までやって来た。ところが、1日目の収録が終わりスタジオを後にしようとしたジャマールは、イカサマの容疑で警察に逮捕されてしまう。スラム育ちの孤児でまともな教育を受けたこともないジャマールがクイズを勝ち抜けるわけがないと決めつけ、..... [続きを読む]

« 日曜日のお出かけ | トップページ | 2本目は「チェイサー」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31