無料ブログはココログ

« 2本目は「チェイサー」 | トップページ | セパ交流戦at西武ドーム »

2009年5月28日 (木)

久し振りのイ・ジョンヒョン

ヒョニーことイ・ジョンヒョン、久し振りに歌手活動を再開しました。http://www.chosunonline.com/entame/20090522000071 http://www.chosunonline.com/entame/20090522000070 http://www.withava.kr/

初めてイ・ジョンヒョンの歌を聴いたのが何回目の訪韓だったのか、定かには憶えていません。韓国友人に連れて行って貰ったディスコでかかっていた曲(パックオ)が気に入り、後にCDを買ったのが始まりです。彼女の歌手デビューは1999年ですので、それ以降だった事は確かなのですが・・・。当時は韓国CDを手に入れるのは大変で、隣町の韓国食材屋さんで頼んだ(仕入れのついでに買ってきて貰った)り、上京の折に探したり。まだネット販売は一般的ではありませんでしたし、東京でも限られた店でしか扱っていませんでした。

それが”韓流”で一変しました。ドラマ「美しい日々」も「イ・ジョンヒョンが出演」との情報で興味を持ち見始めたのですが、韓流後の日本では、リュ・シオンのおまけみたいな扱いでした。このドラマでの”セナ”はあまり好きにはなれません。歌手としての、無機質で不可思議なイメージを打ち砕かれてしまいました。このドラマを切っ掛けに話題に上り、紅白にも出る事ができたわけですが、それが果たして良かったのか・・・、今でも疑問を持っています。渋谷ーAXでのライブにも行きましたが、観客の多くは”セナ”見物にやってきたように見受けられました。”韓国テクノの女王”としてに評価は薄かったように感じました。

日本デビューでは「ワ」を日本語で歌ったりしました。しかし人気は伸び悩み、日本フアンクラブもめぼしい活動無しに解散してしまいました。韓国的なあっけらかんさを持たない、生真面目な性格なのだと思います。異国での活動に上手く馴染めなかったようです。韓国に戻ってからもパッとせず、歴史ドラマ出演も体調を崩し早々と降板してしまいました。

それがようやくの歌手復帰です。報道写真を見る限りでは、以前の元気に戻ったように見受けられます。このままがんばって貰いたいですね。CDはK-PLAZAというサイト(http://www.k-plaza.com/)で申し込み、昨日に届きました。凝った、しゃれた作りのケースに入ったミニアルバムです。Dsc00476 Dsc00471

日本でも人気のイジョンヒョン2年7ヶ月ぶりの新作!【予約】【K-POP】イ・ジョンヒョン ミニアルバム「Avaholic」CD 日本でも人気のイジョンヒョン2年7ヶ月ぶりの新作!【予約】【K-POP】イ・ジョンヒョン ミニアルバム「Avaholic」CD

販売元:韓国再発見
楽天市場で詳細を確認する

http://www.youtube.com/watch?v=wvvxEq7FiK0&feature=related

« 2本目は「チェイサー」 | トップページ | セパ交流戦at西武ドーム »

韓国」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

M NET http://www.mnet.com/ の正会員になったので、必要な曲は有料ダウンロード(1曲500ウォン)して聴いております。韓国では、デジタルシングル花盛りなので、M NETは助かります。90年代は、阿佐ヶ谷にあった韓国CD専門店「三中堂」に毎週の様に通って、CDを購入しておりました。今の様に、インターネット放送で歌謡番組を楽しめる時代と違って、情報入手に苦労しましたが、喜びもひとしおでしたね。日本のマスコミの韓流ブームの影響で、韓国の大衆文化がマニアックで無くなった反面、マニア向けのオフ会も掲示板も影を潜めてしまった感があります。ある意味、今の現状は寂しい限りです。

すっかり時代に乗り遅れcoldsweats01、韓国物に限らずダウンロードというものをした事がありません。携帯電話もほとんど電話機能しか使いません。(メールもほんのたまに、だけです) 「ジャケットがなくちゃヤダ」のクチです。情報量の多い時代ですが、そうそう消化できません。自分の手の届く範囲だけでしたら、CD購入でも十分ですので、それ以上の情報は求めないようにしています。田中さんの熱心さには感心します。

M NETのメリットは、CDが届かない内に、その場で曲を確認出来たり、ダウンロード出来る事ですね。韓国で音楽配信専門のデジタルシングル(CD発売が無い)が増え続ける現状では、仕方ない面もあります。私的には、今後、オムジョンファさんのCD以外は買わなくなると思います。韓国では、この流れが、映画にも波及しつつある様です。映画館やDVDで映画を見ていたのが、必要な映画をネットでダウンロードして自宅のパソコンで見る動きです。音楽と違って、映画の場合、臨場感の違いで、映画館で映画を見る人が極端に減ったりする事は無いでしょうが、影響は避けられないでしょうね。ネットで映画の内容をチェックして、面白ければ、映画館で映画を見るみたいな使い方です。利便性を追求すれば、その一方で切り捨てられる物が出て来るのは、世の常ですね。

なるほど、時代は移り変わりますね。

映画ですが、東京周辺にお住まいの方は気付かれないかも知れませんが、観客数はすでに激減しています。ビデオ・DVD録画やレンタルですでに。映画は好きで月に2~3本は観に行きますが、いつもがらがらです。ま、私の好む作品が特にマイナーであるせいもありますが、数人とか、私達夫婦で貸切だった事もあります。これで経営が成り立つのか心配になります。

それで東京に観に行った時の失敗もあります。田舎者には、「映画は上映時間に行けば必ず観られるもの」ですが、東京では「満席」もあるのですね。coldsweats01

音楽でも”臨場感”はあるでしょう。TVに出ないので一般知名度は低くても、ライブのチケットは中々手に入らないというアーティストも結構居ますね。ライブの魅力は映画館で観る映画以上だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/29841161

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りのイ・ジョンヒョン:

» 「イ・ジョンヒョン」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「イ・ジョンヒョン」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「イ・ジョンヒョン」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

« 2本目は「チェイサー」 | トップページ | セパ交流戦at西武ドーム »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30