無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月29日 (水)

松本清張の本を読みました。

本は基本的に文庫本で読む事にしています。家にじっくり読む時間は滅多に持てませんので、持ち運びに便利なように。それでも読むのは飛び飛びで短時間です。昼食を取りながら、電車移動の際の車中、歯医者の順番待ち時間等々。ですので短編でも、読み終えるのに結構な期間を要してしまいます。

昨日読み終えた本、久し振りの松本清張でした。新たに買った本ではありません。何かないかな?と探った書棚から選んだ本です。本は出合った時に買わないと2度と巡り合わない事もあり、興味を持った本は取り合えず買っておく事にしています。ですので書棚には常に未読の本も混じっています。しかしこれはその類ではありません。どうも、結婚前の家内の買った本のようです。「昭和54年12版発行」とあります。

「アムステルダム運河殺人事件」「セント・アンドリュースの事件」の短編2作を収めた本でした。内容は、それぞれ日本人を被害者として欧州を舞台とする殺人事件ですが、ま、そこそこの推理小説です。つまらなくはないですが、感動や興奮はありません。ただ紀行文として読むと、私自身の想い出もあり、当地の風景を鮮やかに描き出す秀作とも感じました。

作者は昭和43年の9月にオランダとイギリスを訪れているそうです。私の欧州旅行はその数年後でした。特に「セント~」の舞台になったスコットランドには2週間滞在しましたので、その風景・空気が鮮やかに蘇りました。事件の舞台であるセント・アンドリュース、もちろんゴルフなどはできませんが、ゴルフ場脇の小道をぶらぶらと歩いた記憶があります。ヒース(ヘザー)の生い茂る小道を。推理小説としての出来は兎も角、的確な筆致で舞台となった地の風を空気を表現する、そこはさすがに松本清張だな、と感じた作品でした。

Book 松本清張全集 13

著者:松本 清張
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年7月27日 (月)

藍ちゃん優勝!!!

ゴルフ話題をもうひとつ。あいちゃんはゴルフも卓球もスキーも、フジTVのあいちゃんも応援していますが、遂にゴルフの藍ちゃんが念願の米ツアー初優勝を果たしました!

予選を1位通過、決勝を1打差の4位で迎え、期待はしていましたが、いやいや本当に優勝してしまうとは!嬉しいですねぇ~。月曜日は仕事ですので夜更かしは避け、TV観戦はしていなかったのですが、何故か3時頃に目が醒めてしまいました。TVをつけると丁度、最終ホールのバーディーを決めた瞬間でした。プレイオフはドキドキでした。期待と、「いや来週が本番だから」と期待し過ぎる自分をなだめる思い半々でした。反してご本人は至って冷静に見受けられました。たいしたものです。これで自信と余裕を持って、全英に臨める事と思います。http://www.golfdigest.co.jp/magazine/tournament/players/profile/tse0000000357.html

宮里藍 ベストショットUSA Vol.1 ドライバー&フェアウェイウッド編 [DVD] DVD 宮里藍 ベストショットUSA Vol.1 ドライバー&フェアウェイウッド編 [DVD]

販売元:ジーダス
発売日:2008/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

宮里藍米ツアー涙の初優勝!藍ブランドのタオルをコンペの景品にアイズ オンリ バイ アイ ミヤザトタオル(2本入) 宮里藍米ツアー涙の初優勝!藍ブランドのタオルをコンペの景品にアイズ オンリ バイ アイ ミヤザトタオル(2本入)

販売元:文房具のタケケン
楽天市場で詳細を確認する

ふぅ~、暑かったぁ・・・

真夏のゴルフ、してきました。多少は涼しい(おそらく3℃程度は違うかな?と)赤城中腹のゴルフ場(桐生カントリークラブ:http://www4.ocn.ne.jp/~golf-kcc/)でしたが、それでも暑かったです。日蔭はさすがにホッとしますが、強い日差しに体力消耗も激しいです。後半はかなりグロッキーでした。成績はいつもの通りcoldsweats01、というかいつも以上に悪く、前半はここ暫くで最悪の「58」でした。後半は1ホールを残して「46」です。「1ホール残して」というのは、ここで雷警報のホーンが鳴りプレイが中止されました。雷は上州(群馬県)名物でもあり、赤城山のゴルフ場では多いそうですが、私は初めて経験しました。クラブハウスに戻る頃には雨も降り出し、稲妻も光っていました。終了直前で良かった・・・。

ゴルフも最近では安く手軽にできるようになりました。練習場にも若者が多くなりました。昨日のゴルフ場でも、結構纏まった人数の若者ゴルフコンペが行われていたようです。混み合い、スタート予定時間でも前に4台のカートが並んでいました。そしてそれが片付くまでに50分(!)もの時間を要しました。初心者ばかりのようで、目の届く範囲内でも4~5打も打っていますので、中々次の組がティーショットを打てません。最初下手なのは誰でも一緒、これは仕方ないと思います。ただそのマナーが・・・。

ゴルフ場では、スムーズな進行のためのマナーがあります。カートとの往復を少なくするために、必要と思われるクラブ数本を持ってボール位置まで行くとか、様々。しかし前述の若者達は、1人の打つのを待ってカートを出発していました。カートに座って待ち、打ち終わってから自分の球の方に歩きだすのです。これは当然、事前に自分の球の落下点方向(もちろん、危険回避のために、ボールの飛んで行く方向で待つ事はできませんが)で待ち、迅速に次のプレイにかかれるよう準備しておくのがマナーです。同年代の、ゴルフ場経験の少ないと思われる若者ばかりの集団でしたので、こういったマナーを教える人が居ないのでしょう。打ちっぱなし練習場でいくらか当たるようになってきた、じゃあ皆でコンペでも、という事なのでしょうね・・・。スタートが予定より1時間近く遅れ、更にプレイ終了までに6時間半(昼食時間30数分を含む)という、暑くて長いゴルフでした。

【10,500円以上送料無料】Skins[スキンズ]Unisex SPORTS パワースリーブ(WHT/GRY) 【10,500円以上送料無料】Skins[スキンズ]Unisex SPORTS パワースリーブ(WHT/GRY)

販売元:アートスポーツ・ODBOX
楽天市場で詳細を確認する

2009年7月19日 (日)

「パイラン」

チェ・ミンシクの作品には、興味を惹かれながらも見逃している作品が何作かあります。巡り合わせもあるのでしょうが、マスコミで大宣伝するような娯楽作品が少なく、私の住むような地方都市では、映画館で観られる作品の少なかったせいもあるのでしょう。

「パイラン」もそんなひとつでした。聞き知った内容から興味は感じていましたが、もちろん近在での上映はありませんでしたし、レンタル屋で目にした記憶もありませんでした。それがある方のブログ、作品に惚れ、ロケ地探しに韓国内を旅するブログに出会い、「これは観てみなければならない」と感じた次第です。許可を得ていませんのでここでその方のブログをご紹介する事は避けますが、とても楽しい、”旅”を感じさせるブログでした。

「パイラン」のレンタルDVDは、市内4軒目で見つける事ができました。普段出かける事のない、自宅から少々離れた店でした。”韓流”以降、各レンタル店には韓流コーナーが設置され、多くの韓国DVDが置かれるようになりました。しかしその多くは韓国ドラマであり、日本で人気を得た一部韓流タレント出演の作品を除くと、過去の名作映画というものは、寧ろ以前より作品数を減らしているようにも思えます。

「パイラン」が浅田次郎著の「ラブレター」を原作としている事は、上記の方のブログで初めて知りました。中井貴一主演で日本でも映画化された事があるそうです。うだつの上がらないチンピラ、まともな生活も送れず、かといって非情にもなりきれない三流ヤクザのイ・ガンジェをチェ・ミンシクが演じています。そして薄幸の中国人女性を演じたのは香港の女優セシリア・チャンです。清楚を絵に描いて額に飾ったような役柄です。かなり理想化され描かれていますが、チェ・ミンシクの深みのある演技との対比で、演じ過ぎない演技が悲しさを加速させています。

取って付けたような悲劇的境遇を設定し、「泣かせてやるぞ~!」気満載の最近の韓流映画と異なり、古き良き?韓国映画的に淡々と自然に描かれています。実際にはほとんど接点の無かった2人の間に、最初はパイランの側に、そして彼女の死語にはガンジェの方に、感情が芽生えます。一歩下がって考えれば都合の良い設定ですが、2人の演技が不自然さを打ち消してくれます。パイランの最後の手紙を読む港でのガンジェの涙には、耐え切れない思いになります。ある種おとぎ話ではありますが、優しい気持ちもかもし出してくれるおとぎ話、悲しい寂しいおとぎ話です。救われない結末ではありますが、ガンジェの気持ちはきっと救われたのだと信じたいと思います。

ヨンシク親分には「大統領の理髪師」「光州5・18」で印象的なソン・ビョンホが演じ、紹介所の女性は、何処かで見た事があると思ったら、「猟奇的な彼女」でチョン・ジヒョンのお母さん役の方でした。

ラブ・レター~パイランより~ [DVD] DVD ラブ・レター~パイランより~ [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2003/11/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年7月13日 (月)

伊香保でゴルフ

先月21日以来のゴルフです。蒸し暑い時期ですので、涼しい伊香保高原まで遠征してきました。仲間4人で乗り合わせ、高速1,000円を利用して。ゴルフ場は「伊香保ゴルフ倶楽部 清瀧城コース」でした。http://www.ikaho-gc.co.jp/kiyotaki/index.html 近くに同系列の「岡崎城コース」もあります。

「清瀧城」との名前の通り、お城のような造りのクラブハウスが特徴的です。コース幅はやや狭めですが、斜面にぶつかってフェアウェイに降りてくるようなコースが多く、幅の割にはOBは少ないコースなのかも知れません。フェアウェイにうねりがあったり、ラフに古墳のような小山の連なる場所があったり、落とし場所で難易度が大きく異なります。グリーンにも面倒な傾斜があり、特にINコースのグリーンは難しかったです。梅雨時ですので前半には小雨もぱらつきましたが影響のあるほどでもなく、後半にはひと時夏場を思わせる日差しも降り注ぎました。まずますのゴルフ日和でした。Dsc01681 Dsc01683 Dsc01682 Dsc01685

                              

さて成績ですが、INスタートの前半に「56」叩いてしまいました。相変わらずのスロースタートで、調子の出るまでに半分が終わってしまいます。後半はショットも安定し、パットも「15」に収まり、「46」と私にしては好成績で終わりました。前半の不調が災いしてまたしても100切りはなりませんでしたが、ロングでのパーもあり、まずまず満足の一日でした。さ来週にも予定しています。出だしに力まず打つ事が課題ですね。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31