無料ブログはココログ

« 年末コンペ | トップページ | 謹賀新年 (まずは作年末) »

2009年12月21日 (月)

韓国映画とイルミネーション

日曜日恒例の夫婦50歳割り引き映画、ゴルフやら上京やらで少し間が空いてしまいました。私自身は上京の折に1本観ましたが、家内とは先月初めの「サイドウェイズ」以来になります。遼君ゴルフのTV中継に夢中になって行き損ねた、なんてのもありました。ゴルフに全く興味を持たなかった家内までも巻き込んだ遼君効果、すごかったですね。happy01

さて観た映画ですが、今回は遠出して伊勢崎まで行ってきました。映画館はこちらhttp://www.plabi-isesaki.jp/、作品は「キッチン(http://www.kitchen-movie.com/)」でした。六本木シネマートで観た「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」と同じく、主演はチュ・ジフンで、監督は「アンティーク~」のミン・ギュドン監督の奥さまだそうです。別段チュ・ジフンのファンではありませんし、「宮」も一応は見ましたが、特に感心した作品でもありませんでした。選択理由は単に「行動範囲内で観られる韓国映画」だったからです。

作品感想は・・・判りません。迂闊な事に、上映中に2度ほどうたた寝をしてしまいました。coldsweats01 眠くなるほど退屈な映画であったわけでも、前日寝不足だったわけでもありません。いつの間にかうっかり寝込んでしまいました。こんな事は珍しいです。ある意味心地良いぽわ~っとした映画でもありましたし、熱中し注目させるほどの展開のない作品でもあります。そんな理由なのでしょうか?

起きていた時間帯だけでの感想では、リアリティの感じられない物語です。少女漫画的で、何かちょっとした夢物語を書きたくなっただけ?とかの感じ。見過ごした部分を付け足しても、あまり印象の変わりそうな予感はありませんので、観直す事はなさそうです。

映画館のある建物は、最近新しくできたショッピングセンターです。(http://www.smark-isesaki.jp/)広くて新しい館内は、X'mas前の買い物客で賑わっていました。豊富な書籍量を誇る本屋が羨ましかったです。地元の本屋さんはすっかり寂れてしまって・・・。

北関東道利用で帰りました。高速千円の日ですが、この距離では初めから千円はかかりません。

家の前を通り過ぎ、そのまま、佐野市との境近くにある「足利フラワーパーク(http://www.ashikaga.co.jp/)」に立ち寄りました。藤の花で有名な公園ですが、この時期には華やかにイルミネーションで飾られています。到着時刻は夕5時頃、あたりはすっかり暗くなっています。日曜とあって混み合っていましたが、なんとか、さほど苦労せずに駐車できました。県外(千葉や茨城・神奈川等)ナンバーも多く見かけましたし、観光バスも沢山停まっていました。Dsc01741 Dsc01755 Dsc01757

寒かったですが、ソウルに比べれば暖かいですし、”赤城おろし”の伊勢崎からの帰りでしたので、まだ我慢できます。家内は事前に、昨年ソウルで使ったダウンを車に用意していました。さすが用意周到。Dsc01751 Dsc01750 Dsc01748 Dsc01749

池に映るイルミネーションも幻想的ですし、藤の花に見立てて藤棚に吊るした紫の電球もしゃれています。イルミネーションを遮る恋人達?の影も。便乗して私も、一応手など繋いでみました。wink イルミネーションは1月24日までだそうです。お近くの方は是非お出で下さい。Dsc01752 Dsc01760 Dsc01754 Dsc01745 Dsc01740 Dsc01744

« 年末コンペ | トップページ | 謹賀新年 (まずは作年末) »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

足利のイルミネーションは有名ですね。コチラからも結構見に行きますよ。7,8時になると駐車場も一杯になるとかという話も聞きますね。

私の場合はなんとか紛れ込む事ができましたが、前日の土曜日では、駐車場手前から1時間、とかの話も聞きました。週末は要注意かも知れません。しかし中々綺麗でしたよ。

混み合うのが嫌いで、藤の時期には一度も入った事がありません。その時期には、仕事での配達に支障の生じるほどに渋滞します。

あ、「アンティーク~」監督の奥さまだったんですかー!初めて知りました。
たしかに少女漫画っぽい雰囲気かもしれませんね。
ミナちゃんだから許せたような・・・^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/32685744

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国映画とイルミネーション:

» 『キッチン 〜3人のレシピ〜』(09) [カムサハムニダ♪]
==== ネタばれあります・・・m(__)m ==== 観れるかどうか心配していたけど、お蔵入りしなくてよかったですね〜^^。 {{{ ◆STORY 天真爛漫なモレ(シン・ミナ)は優しい夫サンイン(キム・テウ)と幸せな結婚生活を送っていた。しかしある日、美術館で偶然出会った不思議な青年(チュ・ジフン)と思いも寄らない過ちを犯してしまう。その夜、サンインにすべてを打ち明け、許しを請うモレ。ショックを受けながらも、正直に伝えてくれたモレの気持ちを受け入れるサンイン。ところが偶然にも、彼が念願..... [続きを読む]

« 年末コンペ | トップページ | 謹賀新年 (まずは作年末) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31