無料ブログはココログ

« 藍ちゃん”ゾーン”に入る! | トップページ | 藍ちゃん連勝! »

2010年3月 1日 (月)

「母なる証明」

各地で上映終了になった今でも、至近の映画館での上映がない・・・。見損なってしまいそうなので、車で1時間の映画館まで遠征してきました。至近に3軒もシネコンがあるのに、何処も同じような作品ばかり上映しています。despair

私のブログは原則ネタバレ無しで書いています。この作品をネタバレ無しで説明する事は難しい・・・。後からDVDで観る方も居るでしょうから、ネタバレは書きません。ですのでストーリー説明もあまりできません。coldsweats01 ただ、「無実の息子を救おうと奮闘する母親」の物語、とは違います。ポン・ジュノ監督ですから、そんな単純な狙いではないことは想像していました。ひとつめの罠は事前にクリアしていたわけですが、残り2つの罠は想定外でした。期待した以上に重く、そして「殺人の追憶」とは別の意味でやり切れない、ある意味怖いお話です。http://www.hahanaru.jp/

主演はTVドラマでお馴染みの「韓国の母」キム・ヘジャ、私はドラマはあまり見ないのですが、「宮」での皇太后役は印象的でした。対するは「ブラザーフッド」で単なるイケメン俳優を脱しながら、徴兵と膝の靭帯部分断裂で暫く休んでいたウォンビン。そして「オールイン」でビョンホンの若者時代を演じたチン・グ、「バンジージャンプする」「殺人の追憶」のチョン・ミソンと脇役も魅力的です。若手イケメンばかり起用する日本作品とは異なる緊張感が満ちています。

シーンに時々登場していた「悪い思い出を消し去るツボ」、意図は最後に判りました。「殺人の追憶」では、真実の明らかにされない、”正義”の全うされない苛立ちが描かれ、今度は更に深く、真実の残酷さ、人間の罪深さが描かれて行きます。罪なきものが死に、また冤罪にまみれる。良し悪しでは量れない、ひとの”業(ごう)”の深さを思い知らされます。

蛇足ですが、ラストシーンのバスの中の踊り、韓国での団体旅行では定番だったそうです。「運転に支障が出る」と、今では禁止になっていますが、隠れて(窓のカーテンを閉めて)踊っているケースもあるとかないとか・・・。

« 藍ちゃん”ゾーン”に入る! | トップページ | 藍ちゃん連勝! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

これは強烈な映画でしたね。
キム・ヘジャさんの迫力に圧倒されました。

こちらの地方もシネコン3館中1館しか上映ありませんでした。あるだけでも有り難いですが。。。

コメントありがとうございました。
あれでお終いではないですね。突然過去を思い出す、また焼け跡で治療用鍼を拾ったトジュン、いつ綻ぶか知れない秘密を抱え、母親に安らぎの時は訪れないのでしょう。殺人と冤罪の呵責に苛まれながら・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/33582961

この記事へのトラックバック一覧です: 「母なる証明」:

» 母なる証明 [ル・ポネ101]
この間の水曜日に行ってきました。 映画「母なる証明」 韓国映画デス。 宣伝を見た時に、 無実の罪で捕まった息子の「無実」を証明するために翻弄する母 の映画だと思ってました。 女学生殺しの犯人・・・ 「ムムム! 誰なんだろ?犯人」 その犯人の謎解き物語かと思い なんとなく見に行きました。 が 単なる謎解き物語ではなかった! 凄かった! ある意味新しい映画だと思います。 裏の裏のそのまた裏をかかされた映画でした。 この映画は ポン・ジュノ監督作品で 母をキム... [続きを読む]

» 『母なる証明』【原題:マザー】(09) [カムサハムニダ♪]
{{{ ◆STORY 漢方薬店で働く母(キム・ヘジャ)は、早くに夫を亡くして以来、子供の心を持ったまま純粋無垢に育った一人息子トジュン(ウォンビン)と静かに暮らしていた。母にとって、トジュンの存在は人生の全てであり、いつも悪友のジンテ(チン・グ)と遊んでいることで心配の絶えない毎日だった。ある日、街で女子高生が惨殺される事件が起こり、トジュンが容疑者として逮捕されてしまう。唯一の証拠はトジュンが持っていたゴルフボールが現場で発見されたこと。しかし事件の解決を急ぐ警察は、強引な取り調べでトジュ..... [続きを読む]

« 藍ちゃん”ゾーン”に入る! | トップページ | 藍ちゃん連勝! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31