無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月26日 (月)

「仁寺洞スキャンダル」

「クロッシング」という映画作品があります。(http://crossing-m.jugem.jp/?cid=2) 「脱北」という重いテーマを扱った作品です。機会があれば観てみたいと思っていました。調べてみると高崎市での上映が見つかりました。当初は「24日以降の上映情報」にも載っていたため、「25日」に出かける事にしていました。で、出発前に再確認したところ、情報が消えていました・・・。入りが悪かったのでしょうね。田舎での韓国映画は、1度見逃すと再チャレンジは中々難しくなります。

ここ暫く、日曜夫婦映画鑑賞も途切れていました。私のゴルフ予定やらW杯サッカーでの寝不足coldsweats01とかでー。行くつもりの予定が途切れてももの足りません。代わりに探したのが同じ韓国映画でもかなり趣の異なる「仁寺洞スキャンダル(http://www.insadong-movie.com/)」でした。こちらは伊勢崎市での上映です。どちらにしても高速(¥300.)利用での映画鑑賞です。地元の映画館、韓国映画を滅多に上映してくれません。

キム・レウォンは、私にはあまり馴染みのない俳優さんです。私的食指の動く作品出演がないのです。今まで観た作品も、ムン・グニョン興味で観た「マイ・リトル・ブライド」だけです。それも、今回調べて「ああ、あれがキム・レウォンだったんだ。」と思い当たった程度、印象の薄い俳優さんです。今回も最初、贋作者と骨董強奪犯とが同一人物と気付きませんでした。

一方のオム・ジョンファですが、元々は歌手として興味を持った人です。ドラマ「美しき日々」初回でのゲスト出演も印象的です。作品をそう多く観たわけではありませんが、「私の小さなピアニスト」は印象的でした。今回は半ば悪役的な役柄です。俳優としては器用な方だと思いますが、ちょっと画一的な演じ方とも感じました。派手な化粧とファッションは楽しませて貰えます。それが更に、最後の素顔?を綺麗に見せているのかも知れません。来月には41歳になるはずですが、いつまでも魅力的な女性です。

作品ストーリーですが、少々判り辛い部分もありますが、最後での種明かしを含めて、脚本としては上手く出来ていると思います。ただその割には、中盤での面白さがあまりありません。人物繋がり設定が少々面倒過ぎたのかも知れません。贋作の作り方等、取材情報には興味深いものがありました。

映画館はショッピングモール内にあります。通りかかったHMV、当日(25日)で閉店だそうです。T-araの1集が閉店割引き価格で置いてあったので買ってしまいました。そう言えばHMV渋谷店も、来月で閉店とか。韓国に続いて日本でも、CDの売れない時代になってしまったようです。ダウンロードというのは、どうも使い捨てな気がして馴染めません。時代に取り残されてる?coldsweats02

BREAKING HEART(初回限定版) Music BREAKING HEART(初回限定版)

アーティスト:T-ara(ティアラ)
販売元:Mnet Media
発売日:2010/03/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2010年7月19日 (月)

海抜400mでのゴルフ

日曜日、この暑いのにゴルフをしてきました。海抜400m地点に位置する「赤城カントリー倶楽部(http://www.akagi-cc.com/index.html)」でしたので、真夏日・酷暑日だったそうな下界に比べれば、多少は暑さも控え目だったようです。時折通る風は冷たく爽やかでした。それでもやっぱり、スタミナは消耗しますね。後半はやや集中力を欠いていました。

Dsc01840 Dsc01841

インスタートでの前半は、パー・ダボ・パー・パーという、私としてはあり得ない好調な出足でした。それも束の間、15番ミドルでのトリプルから馬脚を現しいつものペース、前半は結局「50」で終わりました。後半にもそのまま引きずり、前半には無かったOBも3発打っての「59」、計「109」という平凡なスコアで修了です。人生そう甘くはありません。despair

ティーショットでのフェアウェイキープ率は50%ですが、そう大きく乱れたわけでもありません。OBの内の1発も、真っすぐ飛んで、なくなるような球ではなかったのですが、どういう訳か見つかりませんでした。

一番悪かったのはパットです。「20」「21」の「41」で、大台に乗せてしまいました。パットが3つ減ればこの半年の平均スコアですので、一番の敗因はココでしょう。あと、グリーン前のバンカーで苦労したのが2回、共に出すのに2打かけてしまいました。

ゴルフ場は、昨年まで「SANKYOレディスオープン」の開催されていたコースです。ティーグラウンドからグリーンの見渡せるコースも多く、手入れの行き届いた綺麗なコースでした。昨年の大会覇者は宮里藍ちゃんでした。大会は今年から同系列の「吉井カントリークラブ」での開催に変更になっています。

2010年7月 9日 (金)

韓国旅行あとひと月

たかが2泊3日の旅行で大騒ぎするのも恥ずかしいのですが、それだけ楽しみにしています。ソウルの友人にも電話しました。1人は脱サラでコンビニ店を開業したとか。1回は夕食を共にする事になると思います。電話したもう1人は、たまたまその日程で(仕事で)来日中とか。運悪く行き違いです。う~~ん残念。

年に何回か東京でのオフ会を企画しているテジカルビさん、韓国でのオフ会も何度か企画しています。個人的に昼食をご一緒させて頂いた事はありますが、韓国ではそれ1度だけ、いつも日程が合わず、ソウルオフ会への参加機会はありませんでした。今回も当初は訪韓日程が1週間ずれていました。それがテジさん都合で変更、こちらの日程と重なる事となりました。まだオフ会日時が発表されていませんので、参加不可能な場合もあるのですが、上手く合えば参加してみたいと考えています。

テジカルビさんの韓国オフ会は、その場その場で都合の付く人との、少人数のミニオフと、そこそこの人数で行われるオフ会とがあります。オフ会の方は、「牛里ガーデン」の利用される事が常です。以前は梨泰院にありましたが、この度明洞に移転、4月末に新装開店しています。今回もその新装牛里ガーデンでのオフ会が予定されています。http://www.woorigarden.com/jpn/

私の「牛里ガーデン」を訪れた最初は2005年の春でした。奇しくも、今回同行する友人との初韓国旅行でした。初韓国友人3人を案内するのに、日本人受けしそうな、安全パイとして選択しただけの店でした。それが牛里ガーデン社長の人柄に魅力を感じ、滅多に行けない韓国旅行ですので、行き付けとまでは到底行きませんが、お気に入りの店にはなってしまいました。他店(居酒屋)での酒盛りに、途中から仕事を終えた社長が駆け付け加わった事もありました。ソウルで旅行社に務める韓国友人が、日本人旅行者を案内するようにもなりました。特別に美味い!とまでではないのですが、とても安心感のある、日本的接客の店です。私は基本、「どうせなら新しい店、新しい経験」と考えるクチです。飲食店でもホテルでも、同じ店・ホテルを利用する事はほとんどありません。どんなに印象が良くても、同じホテルを2度利用した事はありませんし、飲食店での再訪は「牛里~」の他では「土俗村」のみです。

韓国でのオフ会、以前では、BABY.v.o.x系でのK-POPオフ会は参加した事があります。それ以外では初めてです。牛里ガーデン社長にも、開店祝いメールは送ったものの、やはりお祝いは直接伝えたいもの、再会が楽しみです。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30