無料ブログはココログ

« 海抜400mでのゴルフ | トップページ | 先月26日以来の日記 »

2010年7月26日 (月)

「仁寺洞スキャンダル」

「クロッシング」という映画作品があります。(http://crossing-m.jugem.jp/?cid=2) 「脱北」という重いテーマを扱った作品です。機会があれば観てみたいと思っていました。調べてみると高崎市での上映が見つかりました。当初は「24日以降の上映情報」にも載っていたため、「25日」に出かける事にしていました。で、出発前に再確認したところ、情報が消えていました・・・。入りが悪かったのでしょうね。田舎での韓国映画は、1度見逃すと再チャレンジは中々難しくなります。

ここ暫く、日曜夫婦映画鑑賞も途切れていました。私のゴルフ予定やらW杯サッカーでの寝不足coldsweats01とかでー。行くつもりの予定が途切れてももの足りません。代わりに探したのが同じ韓国映画でもかなり趣の異なる「仁寺洞スキャンダル(http://www.insadong-movie.com/)」でした。こちらは伊勢崎市での上映です。どちらにしても高速(¥300.)利用での映画鑑賞です。地元の映画館、韓国映画を滅多に上映してくれません。

キム・レウォンは、私にはあまり馴染みのない俳優さんです。私的食指の動く作品出演がないのです。今まで観た作品も、ムン・グニョン興味で観た「マイ・リトル・ブライド」だけです。それも、今回調べて「ああ、あれがキム・レウォンだったんだ。」と思い当たった程度、印象の薄い俳優さんです。今回も最初、贋作者と骨董強奪犯とが同一人物と気付きませんでした。

一方のオム・ジョンファですが、元々は歌手として興味を持った人です。ドラマ「美しき日々」初回でのゲスト出演も印象的です。作品をそう多く観たわけではありませんが、「私の小さなピアニスト」は印象的でした。今回は半ば悪役的な役柄です。俳優としては器用な方だと思いますが、ちょっと画一的な演じ方とも感じました。派手な化粧とファッションは楽しませて貰えます。それが更に、最後の素顔?を綺麗に見せているのかも知れません。来月には41歳になるはずですが、いつまでも魅力的な女性です。

作品ストーリーですが、少々判り辛い部分もありますが、最後での種明かしを含めて、脚本としては上手く出来ていると思います。ただその割には、中盤での面白さがあまりありません。人物繋がり設定が少々面倒過ぎたのかも知れません。贋作の作り方等、取材情報には興味深いものがありました。

映画館はショッピングモール内にあります。通りかかったHMV、当日(25日)で閉店だそうです。T-araの1集が閉店割引き価格で置いてあったので買ってしまいました。そう言えばHMV渋谷店も、来月で閉店とか。韓国に続いて日本でも、CDの売れない時代になってしまったようです。ダウンロードというのは、どうも使い捨てな気がして馴染めません。時代に取り残されてる?coldsweats02

BREAKING HEART(初回限定版) Music BREAKING HEART(初回限定版)

アーティスト:T-ara(ティアラ)
販売元:Mnet Media
発売日:2010/03/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 海抜400mでのゴルフ | トップページ | 先月26日以来の日記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

仁寺洞スキャンダル、ご覧頂きありがとうございます。^^

ジョンファさんは、来月が誕生日なんです。

ジョンファさんのお誕生日会は韓国ファンクラブからの連絡待ちなので、来月に入ってから、訪韓するかどうか決める予定です。

お誕生日会があるとすれば、8月15日(日)??と思っておりますが、どうなるか判りません。

毎年のお楽しみですね。私の訪韓はその前週になります。
しかし何故HNが「田」なのでしょう?
打ち損ないでしょうか?

打ち損かも知れません。失礼しました。

>ダウンロードというのは、どうも使い捨てな気がして馴染めません。時代に取り残されてる?

韓国の場合、今流行のグリーンミュージックと言う事ですね。CDを作る為には、石油が必要ですし、製造工程でCO2が発生するので、エコ的にも良くないのと、CDを流通させる為には、それなりのコストも発生しますので、仕方無い事かも知れませんね。私の場合、M NET や ソリバダから気に入った曲をダウンロードしております。電車通勤族にとって、IPODとデジタルシングルは、竹馬の友です。^^

ダウンロードを、”エコ”を意識して行っている人々が、そう多いとは思われません。使い捨て傾向が強くなれば、その方が無駄は多くなる気がします。気に行った曲・アーティストだけを選別して購入する、それも逆にエコになるようにも思います。韓国では、音楽業界が産業として成り立ち難くなっています。その原因は”エコ”ではなく、違法ダウンロードや海賊版の流通だと思っています。韓国音楽業界とエコを結びつけるには、いささか無理があると感じます。

実態として、違法ダウンロードや海賊版の流通を押える為に、SMエンターテインメントが中心となって「デジタルシングル」を正式に公開する様になった事で、CD販売が多大な影響を被った様です。インターネットでSBSの人気歌謡を見ていると、エコを意識したキャンペーンソングが毎週放送されれます。放送局側と一般の人の意識にはずれがあると思いますが、放送局側としては、エコの名前を借りて、違法ダウンロードや海賊版の流通を撲滅したいんでしょうね。韓国の友人曰く、水と音楽はタダと言う意識が変わらない限り、CD販売の減少は留まらないでしょうね。賞レースが無くなった事で、年末の歌謡祭番組もいまひとつ盛り上がりに欠けますね。神保町の三中堂で、手探りで韓国のヒットCDを探していた頃が懐かしいです。

ご説明ありがとうございます。
ま、いずれにせよ、私の場合、「デジタルシングル」等には興味を感じません。それ以前に、KーPOP熱も一時に比べるとかなり醒めています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/35902149

この記事へのトラックバック一覧です: 「仁寺洞スキャンダル」:

« 海抜400mでのゴルフ | トップページ | 先月26日以来の日記 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31