無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

「三国志傑物伝」

私の趣味のひとつが「読書」です。ただまぁ、あまりゆっくり本に没頭する時間は少なくて、普段の一日では、外食昼食時がその読書時間に当てられています。分野的には歴史物が多く、このところは宮城谷昌光の「三国志」を読み始めていました。ところがある日、読みかけの文庫本「第五巻」が見当たりません。多分自宅の何処かにはある?とは思うのですが、探しても見つかりません。でその日は、外食自体を中止にしました。本無しでのひとり外食は考えられません。despair その後3日間外食休みにしても、本は見つかりませんでした。もうイイヤ!後で出てきたら出てきたで!と、また買うことにしたのですが・・・。会社近くの本屋では「第五巻」だけが抜けていました。すでにいつもの店での「Aランチ」外食方向に心が定まっています。この際、臨時に何か買おう、でもあまり別分野でも・・・、とかで選んだのが表題作「三国志傑物伝」でした。「三国志」の副読本にもなりそうだし、文庫本1冊だけだし。

元々の宮城谷「三国志」の方が、割拠した群雄達以前に”楊震”から始まる物語です。その意味では、三国志の脇役達に光を当てた「三国志傑物伝」も、同じ方向を見ている部分もあるような気がします。

「三国志」には膨大な数の武官・文官が登場します。主役とも言える曹操や劉備、孔明、そして助演は関羽、張飛。しかしその周囲にも、綺羅星の如く輝く英雄・策士達がざわめき、人間模様を描き出します。その多種多様の群像模様自体が、「三国志」の魅力でもあると思います。

作者:三好徹が選んだ”傑物”は24人でした。その中には、趙雲や呂布、孫策など、よく知られた人気の高い武将も含まれていますが、一方、太史慈や呂蒙、姜維など、少しだけマニアックな武将も、蒋琬や張昭などちょっと地味な文官も登場します。また私の勉強不足で、名前だけは聞いた事あるかな?程度の、鄧芝や蔡琰、全く記憶に無い王粲や劉巴なども含まれています。そしてそのそれぞれが、時代を生き、係わってきた様が、資料と作者の想像力とで描かれています。その誰もが、「三国志」という時代に欠く事のできない素材であったのだと、思わせる作品です。作者の想像力・分析力に敬意を表すると共に、改めて「三国志」の魅力にも気付かされた思いもあります。あくまでもサブストリーではありますが、読みかけの宮城谷「三国志」をより深く楽しめそうな気がします。そしていつかは、三好版三国志、「興亡三国志」も読んでみたい気にもなりました。

数日前に、他の本屋さんで宮城谷「三国志 第五巻」を買ってきました。また読み始めています。前の本は依然として見つかりません。何処か外で置き忘れてきたのでしょうか?ま、今更出てきても悔しいだけですが・・・。宮城谷版ですが、文庫はまだ第六巻までしか出ていません。このままではまた何処かに寄り道しなければならないかも知れません。

三国志傑物伝 (光文社時代小説文庫) Book 三国志傑物伝 (光文社時代小説文庫)

著者:三好 徹
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

三国志〈第5巻〉 (文春文庫) Book 三国志〈第5巻〉 (文春文庫)

著者:宮城谷 昌光
販売元:文藝春秋
発売日:2010/10/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

興亡三国志 1 (集英社文庫) Book 興亡三国志 1 (集英社文庫)

著者:三好 徹
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年3月28日 (月)

ガソリン満タン給油

大震災から2週間余経ちました。たまたま連続で、それもこういう時に限って今まで利用した事のない、ちょっと高級なゴルフ場を予約してありました。とてもそういった気分でもなく、ガソリン不足もあり、2週連続でのキャンセルです。ゴルフ場も大変でしょうね。あまり自粛自粛では経済も沈滞してしまいますが、当分は致し方ないでしょう。福岡では早くも倒産企業が出たとか。(イベント会社、ライブ中止で)

日曜日、お天気も良かったので気分転換に、河川敷ゴルフ練習場に出かけてみました。太陽の日のもとで打つのは気持ち良いです。普段は2箱で止めておくのですが、3箱も打ってしまいました。

帰途、ガソリンスタンドが、普通~に営業していました。列もできていません。まだ4~5日は走れるとは思いますが、何か不思議な気持ちのまま入ってみました。一応確認してみたのですが、給油量制限もありません。で、大震災以来初めての満タン給油です。以前は至極当たり前の行為です。徐々に給油待ちの列の短くなってきているのは感じていましたが、突然の変化に戸惑っています。「昨日まではナンだったの?」

仕事で使う運搬車(軽中心ですが)が6台と家内と私の自家用車で計8台、会社のボイラーもあり、特定のスタンドさんにお願いしています。業務用は別手配して頂いていましたので、不足時でも最低限の燃料は確保できていました。それでも私の自家用車は会社に眠ったまま、軽車両を移動・通勤に使っていました。10年を超え走行距離も10万kmに近付いている愛車、今回の車検は少々費用がかかりました。クラッチ等の交換も必要でした。そのお蔭で新車に戻ったような、軽快な走りを感じていました。その直後からの休眠です。さ、今日あたり、愛車にも給油してくるかな。

東北地方に住む親族、今回の大震災で被災しています。家具も銀行通帳等もすべて流されました。それでも家族全員が無事、数日前に電気も復旧したそうです。被害の爪痕は大きく、まだまだ平常に戻るには多くの時間を要します。それでも一応の安堵感は得る事ができました。(途中給油での)ガソリン確保ができるようになりましたら、必要物資を積んで一度出かけたいと思っています。

2011年3月12日 (土)

東北地方太平洋沖地震

震度5強、初めて経験する揺れでした。それでも、積んであった資料の山が崩れた程度で被害はありませんでした。市内でも、停電した地域もあり、信号機の止まった場所もあったようですが、大きな被害はなかったようです。私の場合は、会社も自宅も電気・水道とも異常はなく、ガスが非常停止した、TV(ケーブル)が一時不通になった程度でした。電話は不通になりましたが、離れて住む子供達や東北地方に住む親戚とも、なんとか連絡は取れ。無事の確認ができました。

ネット情報、復旧したTVで見る映像は凄まじく、とても現実の映像とは思えません。5強が初めての体験ですので、震度7などは想像もつきません。そして津波の怖さ激しさ、海無し県で良かったと、思ってしまいました。当地は自然災害の少ない地域です。昭和22年のキャサリン(カスリーン)台風以来、災害に見舞われていません。地味な田舎ではありますが、普通に無事に暮らせる安心感を、改めてありがたいと感じました。行方不明者の無事生還を、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年3月 7日 (月)

「カン・チョルジュン 公共の敵1-1」

「韓流シネマフェスティバル2010」がようやく、2011年になってから地方にまで周って来ました。マイナー韓国映画を観る事のできる希少な機会です。1週目の「亀、走る」も興味があったのですが、気付くのが遅れて見逃しました。今回観たのが人気ヒットシリーズの3作目というこの作品でした。

ひと言で言うなら、「柳の下にドジョウ3匹は居なかった」というところでしょうか?1作目2作目は観ていません。共にソル・ギョング主演の刑事物(2作目は検事役だったらしい)です。1作目では主演のソル・ギョングが大鐘賞・青龍賞男優主演賞をダブル受賞しています。3作目のこの作品も、観客動員数では成功を収めているようですが、前2作の評判に負う所が大きいのでは?と思えます。筋書きにも演技にも目新しさは感じられません。TV連続ドラマの如く、凡庸な決まりきったストーリーをなぞるだけですし、緊迫感スピード感にも不足しています。特に前半は退屈させられました。演技上手のソル・ギョングではありますが、演じた役柄は、今までにもあちこちで見たような”規格外刑事”の範疇を抜け出ていません。TVドラマでしたらそこそこ面白い物語だったかも知れませんが、映画で撮る必要性を感じません。

【国内便】【送料無料】カン・チョルジュン(公共の敵1-1) OST (with 公共の敵1) 【国内便】【送料無料】カン・チョルジュン(公共の敵1-1) OST (with 公共の敵1)
販売元:韓国CDグッズ通販の韓館
韓国CDグッズ通販の韓館で詳細を確認する
公共の敵 [DVD] DVD 公共の敵 [DVD]

販売元:エスピーオー
発売日:2006/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

公共の敵2 あらたなる闘い 【韓流Hit ! 】 [DVD] DVD 公共の敵2 あらたなる闘い 【韓流Hit ! 】 [DVD]

販売元:エスピーオー
発売日:2010/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31