無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月29日 (月)

練習会ゴルフ

日曜日は野暮用でゴタゴタしていました。ゴルフは先週土曜日のお話しです。来月上旬に、私の参加する中では一番規模の大きい(参加者の多い)ゴルフコンペがあります。チーム対抗戦での順位付けもありますので、参加者有志での練習会を行う事になりました。

ゴルフ場は「桐生カントリークラブ(http://www4.ocn.ne.jp/~golf-kcc/)」でした。海抜が600数十メートルありますので、下界に比べて涼しく、夏場に利用する事の多いゴルフ場です。猛暑の今年でも、最高気温は31℃代だったそうです。ただ先の土曜日は、下界でも涼しく、避暑山登りの意味はあまりなかったようです。coldsweats01 韓国旅行で作ってきた度入りサングラスも、今回は活躍の場がありませんでした。

P2011_0827_132006

珍しく新ペリアでのハンデが沢山付いて、11人中の準優勝happy01でした。まぁ、スコアは「103」でたいした事はないのですが・・・。bleah

ドライバーでの方向性精度が悪く、OBは無かったのですが、前半でのフェアウェイキープ率は0%でした。ただ、少しラフに入った程度がほとんど、大トラブルは無かったもののパーも無しで「52」。後半はスタートホールで林に打ち込みダブルパーの大叩き。その後はショットも安定してパーも2つ取りましたが、やはりダブルパーが利いて「51」でした。最近6か月での平均が「104」ですので、実力通りの結果ですかね?元々は、グリーンの難しいゴルフ場なのですが、いつもより芝が長く、霧で濡れていたせいもあり遅く、パット下手の私には有利に働いたのかも知れません。さてさて来月のコンペでは、これよりは良い成績を残したいものです。

2011年8月22日 (月)

しもだて美術館

土曜日のことですが、仕事で古河(茨城)まで行く用事があり、ま、この地域に出かける機会も少ないもので、近くのネット友達に会うことになりました。謂わば”ミニオフ”です。

古河での仕事はもう、2時過ぎには終わってしまいました。かと言ってミニオフ時間には早すぎます。それは当初から判っていました。時間潰し周辺観光で目に付いたのが、下館(現在は「筑西市」に所属します)にある「しもだて美術館」でした。こういった機会でもなければ、訪れることもなかったでしょう。これも”一期一会”ですね。http://www.shimodate-museum.jp/

P2011_0820_160516 P2011_0820_160653_2 P2011_0820_160936

美術館では「榎木孝明水彩画展」を開催中でした。俳優の榎木孝明さんです。下館とは、地元出身の陶芸家・板谷波山の半生が映画化(「HAZAN」2003年)された時に主演を演じた縁があるそうです。知らなかったのですが、武蔵野美大出身で、今までにも何冊もの画集を出版されてきたそうです。

【25%OFF】[DVD] HAZAN 【25%OFF】[DVD] HAZAN

販売元:ぐるぐる王国DS 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

 【送料無料】 DVD/趣味教養/榎木孝明が描く風景 〜日本の世界遺産〜/ASBP-3867  【送料無料】 DVD/趣味教養/榎木孝明が描く風景 〜日本の世界遺産〜/ASBP-3867

販売元:サプライズWEB
楽天市場で詳細を確認する

作品は「旅の記録」といったものでした。芸術作品としての作家の個性表出には限界のある(と私は考えています)水彩画ですが、こういった形での作品陳列は好感が持てます。特に海外に取材したものは伸びやかで楽しい作品となっています。作家のその時の心理状態や年代での変化もあるのでしょうが、訪れた場所の空気が作家の心に感染しているようにも思えます。もしかしたら、それがこの作家独特の画風なのかも知れませんが、その地その地によってタッチが変化しています。香港での鮮烈さ、インドでの静寂、フィリピンでの乱舞、とか、時に繊細に時に大胆に。水彩画というものは、「何を描くか」より「何を描かないか」が大事なのかも知れません。省略の世界、なのでしょう。日本を描いたものでは何故か伸びやかさがなくなります。そのものを歴史を知っているが故に、省略のキレが悪くなるのかも?とか想像してみました。

美術館を訪れる前後に、下館の街も少々、散策してみました。駅前の”元”商業ビル(テナント撤退)等、地方都市の抱える悩み(私の故郷も同様です)も随所に見えますが、一見の身勝手な旅人には、古い建物も残す落ち着いた街に見えます。発展だけが幸福の源ではありませんが、旅人の郷愁ではひとは食べてゆけません。さてさて難しいものです。

2011年8月16日 (火)

19回目の韓国旅行

1年振りの韓国旅行、想うは長く、実行するは短く、はかなく終わってしまいました・・・。despair 次は何時行けるだろう? マイレージはそこそこ貯まっているんですがね。

13日~15日、いつも変わらぬ2泊3日です。最終日は朝ごはん食べて帰るだけですので、実質1日半しかありません。国立中央博物館・「アイリス」ロケ地・永登浦「TIMES SQUARE」と少々の明洞散策程度です。普段あまり歩かない(田舎はほとんど車移動ですので)ので、階段の昇り降りで疲れました。明日あたりから、いつものペースで、のんびり旅行記を書き始めるつもりです。

Dsc01076_2 Dsc01111 Dsc01126

目からウロコの ハングル練習帳 (基礎から学ぶ語学シリーズ) Book 目からウロコの ハングル練習帳 (基礎から学ぶ語学シリーズ)

著者:八田 靖史
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

2011年8月 6日 (土)

19度目の韓国旅行 来週

19度目の韓国旅行も、いよいよ来週に迫りました。当初ホテル予約は韓国旅行サイト経由で考えていましたが、そのサイトではすでに満室でした。第2候補に鞍替えしようと考えて居る最中に、以前そのホテルグループに会員登録していた事を思い出しました。長らく使っていない会員カードもなんとか見つかりました。それでホテルサイトからの予約を試みました。元々不得意な英語、簡単な単語も多く忘れています。それでも何とか予約完了、マイページにもちゃんと登録されています。一安心。ところが、暫くして確認してみると、カードでの引き落としが1泊分しか成されていません。日本予約センターに確認です。お答えは「ご予約は2泊で間違いなく入っています。ご心配要りません。当日残り1泊分をお支払いください。」とか。そして「通常は全額引き落としになるのですが、韓国ではよくある事です。」との事。うむ、さすが”韓国”。

一応箇条書きにして旅行予定を組んでみました。「えっ!たったこれだけ?」と言うほど時間が足りませんが仕方ない・・・。絞りに絞って、”「アイリス」ロケ地”と”国立博物館”をメインに定めました。それすら「時間に余裕を持って」とは行きそうにありません。予定を組んでみると尚更、2泊3日は短いです。

その他では、ヴィエンナ眼鏡と牛里ガーデン、この2ヶ所だけは毎度お馴染みの再訪場所です。こちらは”店”というより”ひと”繋がりでしょうね。それ以外では、候補店舗を何店か挙げておくだけです。その時の流れ任せ、きっちりとは予定は組みません。疲れればさっさと宿に戻ってしまうかも知れませんし、移動が面倒なら目に付いた店に入ってしまうかも。無理しての予定消化、駆け足旅行はショウに合いません。昨年も一応スケジュールは立てたのですが、今見ると、予定通り動いたのは最初の方だけでした。

会社の方で久々の大きい設備投資がありましたので、ここ暫くは忙しく過ごしていました。それもようやく一段落です。旅行の準備も後は荷物作り程度、ロケ地巡りのために、「アイリス」をもう1回見直さなくちゃ。とと、更新したパスポートの受領がまだでした。これ忘れたらえらいこっちゃ!

【00526】★送料無料★韓国ドラマ プレミアム版 IRIS 【アイリス】[DVD]  韓国盤 DVDボックス イビョンホン キムテヒ 50P未公開スチール写真ストーリブック収録 【00526】★送料無料★韓国ドラマ プレミアム版 IRIS 【アイリス】[DVD]  韓国盤 DVDボックス イビョンホン キムテヒ 50P未公開スチール写真ストーリブック収録

販売元:華やかショップ
楽天市場で詳細を確認する

2011年8月 1日 (月)

雨の中のゴルフ

日曜日は、いつものメンバー、高校同級生4人でのゴルフでした。初体験コースが続きます。メンバーのひとりが周ってみてのお勧め、「富岡カントリークラブ(http://www.pacificgolf.co.jp/tomioka/index.asp)」です。別友人からも「良いコースだよ!」と聞かされていましたので楽しみにしていました。ただ生憎のお天気でした・・・。

自宅出発時には曇り空、天気予報でもこの時期では涼しげな気温低めの曇り予報でした。「多少の小雨程度なら却って涼しくなって良いかな?」程度の気持ちで出発しました。しかし、ゴルフ場が近付くにつれてお天気は悪化の一途です。スタート時間になっても止む気配はなく、仕方なくレインウエアでのプレーになりました。小雨プレー経験は何度かありましたが、私の少ないゴルフ歴の中では一番の大雨となってしまいました。滑るグリップで、ついつい強く握ってしまいミスショットを連発します。ひとつひとつの動作にもどうしても時間がかかり、ストレスが溜まります。ドライバーは安定していたのですが、2打目3打目がまともに当たりません・・・。INスタートでの前半はダボペースの「54」でした。ただひとつの救いは、14番ミドルでの「バーディ」です。絶好のティーショットから、9番アイアンでのアプローチがピン傍30cmに停まりました!滅多にない会心のショットです。さ、良い事だけ頭に残し、悪い事は忘れましょう。bleah

「今日は条件が悪いからスコアは気にしない~」と皆で慰め合いながらの前半でしたが、昼食後には雨も上がり、コンディションは回復しました。「さぁ~これからだ!」と気合を入れたものの、ショットは多少良くなったものの、前半「18」で済んだパットが後半は「24」、+6打では埋め切れません。僅かの改善の「52」で終わり、結局「106」のスコアでした。お天気問題じゃなく、元々下手くそなんだぁ~。wobbly

ゴルフ場は皆のお勧め通り、大変豪華で綺麗な施設でした。ロッカールームもスペースを十分に取った余裕の造りです。フラットで見通しの良いコースで、晴天時に来たらきっととても風景の良い場所なのだと思います。カートも、音の静かなスムーズな走りです。ただただ不満は昼食でした。”お勧め”メニューの「陳建一の担担麺」が近頃珍しいほど「美味しくない!」のです。PGMサイトでも「鉄人シェフのスペシャルメニュー」と銘打って宣伝されている位ですので意外でした。同じメニューを食べた友人も同じ感想でしたので、私の個人的味覚ではないはずです。他メニュー注文の2人はそうでもないようですので、ただこれ1品だけでの不具合だったのかも知れません。陳建一氏が直接作っているわけではありませんので、マニュアルか配合か、何処かにミスがあったとしか思えません。素晴らしいコースだっただけに、この1点が残念でした。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31