無料ブログはココログ

« 19回目の韓国旅行 | トップページ | 練習会ゴルフ »

2011年8月22日 (月)

しもだて美術館

土曜日のことですが、仕事で古河(茨城)まで行く用事があり、ま、この地域に出かける機会も少ないもので、近くのネット友達に会うことになりました。謂わば”ミニオフ”です。

古河での仕事はもう、2時過ぎには終わってしまいました。かと言ってミニオフ時間には早すぎます。それは当初から判っていました。時間潰し周辺観光で目に付いたのが、下館(現在は「筑西市」に所属します)にある「しもだて美術館」でした。こういった機会でもなければ、訪れることもなかったでしょう。これも”一期一会”ですね。http://www.shimodate-museum.jp/

P2011_0820_160516 P2011_0820_160653_2 P2011_0820_160936

美術館では「榎木孝明水彩画展」を開催中でした。俳優の榎木孝明さんです。下館とは、地元出身の陶芸家・板谷波山の半生が映画化(「HAZAN」2003年)された時に主演を演じた縁があるそうです。知らなかったのですが、武蔵野美大出身で、今までにも何冊もの画集を出版されてきたそうです。

【25%OFF】[DVD] HAZAN 【25%OFF】[DVD] HAZAN

販売元:ぐるぐる王国DS 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

 【送料無料】 DVD/趣味教養/榎木孝明が描く風景 〜日本の世界遺産〜/ASBP-3867  【送料無料】 DVD/趣味教養/榎木孝明が描く風景 〜日本の世界遺産〜/ASBP-3867

販売元:サプライズWEB
楽天市場で詳細を確認する

作品は「旅の記録」といったものでした。芸術作品としての作家の個性表出には限界のある(と私は考えています)水彩画ですが、こういった形での作品陳列は好感が持てます。特に海外に取材したものは伸びやかで楽しい作品となっています。作家のその時の心理状態や年代での変化もあるのでしょうが、訪れた場所の空気が作家の心に感染しているようにも思えます。もしかしたら、それがこの作家独特の画風なのかも知れませんが、その地その地によってタッチが変化しています。香港での鮮烈さ、インドでの静寂、フィリピンでの乱舞、とか、時に繊細に時に大胆に。水彩画というものは、「何を描くか」より「何を描かないか」が大事なのかも知れません。省略の世界、なのでしょう。日本を描いたものでは何故か伸びやかさがなくなります。そのものを歴史を知っているが故に、省略のキレが悪くなるのかも?とか想像してみました。

美術館を訪れる前後に、下館の街も少々、散策してみました。駅前の”元”商業ビル(テナント撤退)等、地方都市の抱える悩み(私の故郷も同様です)も随所に見えますが、一見の身勝手な旅人には、古い建物も残す落ち着いた街に見えます。発展だけが幸福の源ではありませんが、旅人の郷愁ではひとは食べてゆけません。さてさて難しいものです。

« 19回目の韓国旅行 | トップページ | 練習会ゴルフ »

文化・芸術」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

地元にいながら、あの美術館の作品を見たことがありません。1階と2階は中央公民館となってますので催し物などがあると出入りはしていますが3階までは行ったことがないのです。

元々はバブル前に再開発といって何人かの地権者(商売の傾いた)がダイエー系列のスーパーを誘致しようとしていたのですが頓挫して市としても中心地をいつまでも空き地にしておく訳にいかずに仕方なく美術館とした経緯もありますし、移転を望まないのに、いつまでも反対している訳にいかず地上げをされたという経緯もありましてあの美術館には好意的にはなれない事情があります。

とはいえ出来上がってしまった以上は利用者が増えるといいのですがその運営は大変なようです。全面ガラス張りの建物はカッコいいとは思うのですが冷暖房費が当然嵩み、維持費という事をあまり考えていない箱モノ行政のツケを税金で払わされるかと思うと暗い気持ちになります。

ご訪問ありがとうございます。
なるほど、そういった経緯があったのですね。正直、街並みにそぐわない
違和感もありました。たまたま街を訪れた美術好きは訪れるとしても、
わざわざ行くかと問われれば疑問です。余程魅力ある企画展示でもあれば
別ですがそれも難しいでしょう。常設部分での魅力は乏しいですし。

陶芸好きでしたら、波山記念館を目指す方はいらっしゃるでしょう。
その”ついで鑑賞”狙いかなぁ?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/41306613

この記事へのトラックバック一覧です: しもだて美術館:

« 19回目の韓国旅行 | トップページ | 練習会ゴルフ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30