無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月19日 (月)

上達せず (笑)

日曜日のゴルフです。7月末の時と同じ高校同窓生4人組です。1人が今週から仕事で欧州へ行き11月末まで戻れないとの事で、「じゃその前に1度」となりました。前回の富岡カントリーの印象が良く(お天気は悪かったけど)、暫くは「富岡近辺を制覇しよう!」という事で取ったのが「ツインレイクスカントリー倶楽部(http://www.accordiagolf.com/guide/3503423/)」です。高速降口は藤岡か吉井になります。

まずは成績から。OUT「52」IN「57」の「109」でした。ここ暫くでは最悪です・・・。距離のあるコースですので、ついつい力が入ってミスが出ます。大きなワングリーンですので、パット下手の実力発揮(パット44)も影響してます。上手くなりませんねぇ~。

噂に違わず、手入れの行き届いた綺麗なゴルフ場でした。見通しの良いホールが多く、フェアウェイも広く距離もあります。2打目は登りになり、距離表示以上の飛距離が必要になります。トリッキーなホールは少ないのですが、ウォーターハザードが要所に配置されプレッシャーを与えます。ショートホールも距離があり、1番長いホールは白マークで184Y(ティー位置、ピン位置では200Yを超える日もあるとか)ありました。がけ下に落とし、出すのに3打(木に当たって逆戻り)要したロングが勿体なかった~。

午前中は曇り空、程よい気温だったのですが、午後は綺麗に晴れて暑くなりました。日陰は涼しいものの、まだまだ秋ゴルフにはなりません。館林市では猛暑日になったとか。また、午前は2時間半弱と順調に消化できたのですが、シニア選手権の初日とかで、午後には2組のスルーがありました。スルーの待ち時間は兎も角、その後急に待ち時間が長くなり、午後は3時間半プレーになりました。暑さと渋滞とで、集中力が途切れて疲れます。

P2011_0918_113612 P2011_0918_113630 P2011_0918_113859

P2011_0918_124021 P2011_0918_141958 P2011_0918_155417

友人が欧州から帰る頃、12月初めの再開を約して別れました。またこの近辺のゴルフ場を何処か取るつもりです。

2011年9月12日 (月)

温泉&ゴルフ

先週の金・土曜、異業種交流会での旅行&ゴルフに参加してきました。本来は午後開始で総会・講演会もあったのですが、金曜の仕事を片付けてからの出発で、夕方の懇親会からの途中参加となりました。北関東自動車道の全面開通で時間短縮され、ぎりぎりまで仕事してからでも間に合うようになりました。イイんだか悪いんだか、仕事を早抜けする口実がなくなりました。会場は鬼怒川温泉、1時間半で到着しました。

今回の異業種交流会、前々から企画されていたものですが、東日本大震災を受け中止も検討されていました。しかし逆に、「自粛ばかりでは復興もない」との意見も多く出て、開催の運びとなりました。すでに決まっていた会場をキャンセル、「福島に近い」というだけで風評被害に悩ませられている鬼怒川温泉に会場を移しての開催です。

宿泊は名門・日光金谷ホテル系列の「鬼怒川温泉ホテル(http://www.kinugawaonsenhotel.com/?gclid=COSOloj0lqsCFURKpgodIXIuuA)」でした。P2011_0909_174529_2 確か4年前の交流会でも利用しました。規模の大きな綺麗なホテルです。部屋から見える鬼怒川の渓谷も風情があります。で、その渓谷のきわに立つ建物、前の宿泊でも気にかかっていました。 崖の途中に建っています。3階だか4階部分が面した道路に繋がっているようです。よくぞこんな場所に建てたものです。しかしあそこって私有地?普通は河川管理局とかの縄張りになりそうですが・・・。

翌日はゴルフコンペです。OUT、INに別れての15組でのコンペになりました。ゴルフ場は「サンヒルズカントリークラブ(http://www.pacificgolf.co.jp/sunhills/sunhillscc/index.html)」、ホテルも併設したゴルフ場です。元々は併設ホテル宿泊での企画だったようです。鬼怒川温泉支援目的で宿泊場所が変更になりましたので、朝食後の移動距離は少々長くなってしまいました。

ゴルフ成績は「52・52・104」でした。初めてのゴルフ場で「少々難しい」と聞いていたので、ま、悪くはない成績だと思います。比較的フラットでフェアウェイも広い、綺麗なゴルフ場でした。見晴らしの良い打ち下ろしのティーグラウンドが多く、気持ち良く第1打を打つことができます。ただし第2打第3打は逆に打ち上げ、数字以上にグリーンが遠く感じられます。非力な私では全くパーオンできません。実際にパーは1つも取れませんでした。ただ、アプローチが無難に収まった事、キャディさん付でパット数が内輪だった(18・19・37)せいでこの数字で済んでいます。OBは1つあったものの、大きな失敗のなかった事は、一応の成果だと思っておきましょう。think

2011年9月 5日 (月)

「シャンハイ」

昨日の日曜日、当初は熊谷までサッカーの試合(J2栃木SC)を見に行くつもりでしたが、天候が不安定でしたので中止、映画に変更しました。映画も久し振りです。「アジョシ」を調べたのですが公開は再来週から、近場映画館上映作品の中から「シャンハイ」を選びました。他にはあまり興味を誘う作品がありませんでした。http://shanghai.gaga.ne.jp/

選択の理由はコン・リーです。チャン・イーモウ監督の「菊豆(チュイトウ)」以来のコン・リー、フアンです。「赤いコーリャン」「秋菊物語」「生きる」「始皇帝暗殺」「きれいなおかあさん」等、印象に残る作品が多々あります。「SAYURI」での演技も、迫力では主役のチャン・ツィイーを上回っていたと思います。真珠湾での日米開戦寸前の上海という歴史的興味、渡辺謙、菊地凜子出演という事での興味ももちろんありました。

【DVD】始皇帝暗殺/コン・リー コン・リー 【DVD】始皇帝暗殺/コン・リー コン・リー

販売元:バンダレコード
楽天市場で詳細を確認する

[1987年ユーロスペース=東光徳間]【VHS】紅いコーリャン【字幕】●監督:チャン・イーモウ//チアン・ウェン/コン・リー 【中古】(ビデオ) [1987年ユーロスペース=東光徳間]【VHS】紅いコーリャン【字幕】●監督:チャン・イーモウ//チアン・ウェン/コン・リー 【中古】(ビデオ)

販売元:リサイクルメディア館
楽天市場で詳細を確認する

期待ほどではないにしても、緊迫感はありました。設定部分で少し面倒臭い部分もありましたが、正確に細かく記憶・読み取りしなくても、大勢に影響はなかったようです。そして最後の部分では、歴史的展開「ではなかった」という、逆発想?のオチも付いています。ちょっと気の抜けた思いはありましたが、それはそれで「有り」かと。

なにはともあれ、コン・リー、フアンとしては満足度は高いです。「王妃の紋章」「2046」とかに比べると、彼女の魅力は存分に発揮されていたと思います。妖艶で悲しくて、そして強く凛々しくて。

話しは変わってhappy01、今夜もサッカーです。男女とも、ゆっくり落ち着いて見られる試合をしてくれませんね。男子の北朝鮮戦は、よくぞ勝ったものです。ドーハの逆バージョンです。女子の、楽勝のはずのタイ戦でも苦労して、韓国戦ではきわどい勝ち点3、結果は「連勝」ですが、紙一重と思えます。今晩も厳しそうです。

世界制覇!なでしこジャパンのエースナンバー10!ワールドカップMVP&得点王 澤穂希の本ほまれ澤 穂希 著河出書房新社 世界制覇!なでしこジャパンのエースナンバー10!ワールドカップMVP&得点王 澤穂希の本ほまれ澤 穂希 著河出書房新社

販売元:TOKYU CoCo-Hico
楽天市場で詳細を確認する

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31