無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月23日 (水)

微熱:韓国

韓国話しメインのつもりで始めたブログですが、最近では滅多に韓国話題を書いていません。元々年1回行ければよいという訪韓頻度ですので、旅行現地情報は限られています。ただそれでも、韓国映画や音楽、韓国料理、文化・習慣での違い、等、話題には事欠かない時期もありました。韓国関連の本は捜し歩いてでも買ったものです。それが初訪韓から15年、韓国への興味を失ったわけでもないのですが、私自身の中での韓国、そしてそれ以上に日本の中での韓国の立ち位置は大きく変わってきています。

韓国という国に直接触れたのは1980年の新婚旅行でした。目的地はフランスでしたので、トランジットだけでの関わりです。空港警備に警察官なのか軍人なのか?軽機関銃を持って警備していたのに驚き、「怖い国」との印象だけが残りました。あとから考えればその年は「光州事件」の年でした。事件から僅か3か月後の韓国です。当時は韓国に対して何の興味も持ちませんでしたし、「光州事件」も知りませんでした。単に「安い」との選択で大韓航空を利用した故のソウルトランジットでした。

韓国に興味を持ち出したのは初訪韓の少し前の時期からです。当初はたぶん「韓国映画」からだったと思います。当時は韓国映画を観る機会は少なく、NHKの海外名画劇場的放映か、東京のマイナー映画館での短期上映程度でした。その時期にたまたま、ある韓国人と知り合い、その縁で家族旅行で訪韓、一挙に興味が加速したわけです。何回目かの訪韓時に買ったCD(「DIVA」のアルバム「millennium」)からK-POPへの興味も盛り上がりました。韓国旅行ガイドブックを何冊も買ったり、呉善花氏や黒田勝弘氏等の本を読み漁り、またBABY.V.O.Xの韓国FCに加入、ソウルでのライブやファンミにも出かけるようになりました。韓国熱の一番高まった時期です。

そしてその後の「韓流」です。日本人の韓国に対する無関心さを嘆いていましたので、大変歓迎する気持ちでした。ただ興味の中心が、私の好みに合わない「韓国ドラマ」でしたので、その部分が少々不満ではありました。「韓国映画」は好きですが「ドラマ」の方はどうも好きになれません。一方映画とK-POPでは、簡単に観られる買える、ようになりました。長岡でのBABY.V.O.Xライブ、渋谷でのイ・ジョンヒョンライブ、それまでを考えると隔世の感がありました。

そして「韓流」は一時的な「流行」でなく、日本に根付いて行きました。ま、15年を経て、飽きたわけではありませんが、もう新鮮な驚きはなくなっています。その分情熱部分は醒め、私的には”微熱”程度になっています。また、流れが私の個人的嗜好とはずれてきた感もあります。「韓国ドラマ」は相変わらず(一部を除き)苦手ですが、K-POPにも感応できなくなっています。元々アイドル系はあまり得意ではありません。KARAも少女時代も受け持ち範囲外です。そして元々、「言葉の通じない場所へ行く」というのが海外旅行の醍醐味だと思ってきました。以前仲間内で「韓国へ」との話の出た時、上手く調整できず、「じゃ、北海道でも」との意見の出た事があります。韓国の代わりに台湾とか香港なら判りますが、北海道でも沖縄でも、国内では”代わり”にはなりません。私的には、国内旅行と海外旅行とは全く別ジャンルのイベントなのです。ですので、韓国人が日本語で歌う歌は、私的にはすでにJ-POPなのです。

もうひとつ乗り切れない部分は、韓国趣味の中心を成す”グルメ”部分です。韓国料理、嫌いではありません。でも、「韓国に行った時に食べる現地料理」の域を出ません。私にとっては「好きな国の料理」であり、「国」がメインで「料理」はその付随に過ぎないのです。国内で(外食で)韓国料理を食べる事は、月に1回あるかないかの範囲です。

そんなこんなで、一時の情熱は失った韓国ですが、たまにはK-POPCDも買いますし(一番最近で「AFTER SCHOOL」)、韓国関連本も常時何かしらは読んでいます。映画も月1本程度は韓国映画を観ていると思います。韓国旅行掲示板は、相変わらずほとんど毎日確認しています。韓国へ行きたい気持ちも衰えていません。ま、そんな、「微熱:韓国」近況でした。

2011年11月20日 (日)

佐野ゴルフクラブ

タイトル考えるのが面倒なので、ゴルフご報告はゴルフ場名にします。さて、今回は「最悪」でした。wobbly 簡単に結果から。IN「58」OUT「59」の「117」です。昨年12月の「119」以来の大叩きです。このレベルまでくると、どこが良かった悪かったとかではなく、「すべて悪かった」ですねcoldsweats01 フェアウェイキープ率は前回の半分、久々のセカンドショットOBも出てしまいました。フェアウェイウッドが打ち損ないの連続です。練習場では得意クラブなんですが・・・。crying

「佐野ゴルフクラブ(http://www.sano-golfclub.co.jp/gdmw2/gdmw?c=MAIN&MID=122)」には「出流(いずる)」と「駒」との2つのコースがあります。今回は「出流コース」でした。ブラインドのドッグレッグやOBの迫った狭いコース、池越え等、プレッシャーを与えるホールが多くあります。「出流」は初挑戦でしたが、プレッシャーに弱い弱点をさらけ出してしまいました。catface

出だしは霧模様、どうなる事かと思いましたがすぐ晴れてゴルフ日和になりました。しかし11月も半ばを過ぎたというのに、半袖でもゴルフのできる暖かさ、地球の具合を心配してしまいます。どこかおかしいですよね。

P2011_1120_083152 P2011_1120_122243 P2011_1120_134341 P2011_1120_122227

2011年11月13日 (日)

下仁田CC

群馬県甘楽郡下仁田町、ネギとこんにゃくが名産、タレント井森美幸の故郷でもあります。上信越道沿線には綺麗でコスパの良いゴルフ場が多く、ここ暫くこの地域を渡り歩いています。今回は少し先に足を伸ばして「下仁田カントリークラブ(http://www4.ocn.ne.jp/~golf-scc/)」でラウンドしてきました。フラットで綺麗な、気持ちの良いゴルフ場でした。

P2011_1113_085024 P2011_1113_110406

距離もあり(レギュラーティーで6,360Y余))、複雑な傾斜のグリーンを持つゴルフ場です。飛距離の出ない&パット下手の私には厳しい条件のゴルフ場ですが、楽しくプレーできました。パットを「41」も叩いては良い数字の出るはずも無く、INスタートで「52」「54」の「106」という成績ではありましたが、フェアウェイキープ率は最近最高の71.4%、ショットは安定してきています。距離のあるパー3(180Y弱)でワンオンでのパーも取れました。もちろん、失敗もあっての数字ではありますが、アプローチも悪くなかったと思っています。ですので数字に比べ「がっかりした」気分はありません。徐々に練習の成果も出てきているように思います。ま、良い方に考えましょう。来週も別の仲間と、ゴルフの予定が入っています。「気分」だけでなく、そろそろ実際の「数字」も出してみたいものです。wink

2011年11月 7日 (月)

「1911」

日曜日の”夫婦50歳割引き映画鑑賞”、今回はジャッキー・チェン100作目記念作「1911」でした。しかし「100作」というのはすごい!初期にはブルース・リー作品でエキストラやスタントをやっていたそうな。

雨の日曜日ですので、イオンに併設されたシネコン内は若者達で賑わっていました。入場券売り場ですぐ前に並んだ2人組は「前の方のお席しか空いていません」とか言われてました。そんな中でも「1911」上映館内は、200数十人定員の内埋まっているのは30席弱程度、それも外とは違って平均年齢が高そうです。私達夫婦もこの中では”若手”部類のようです。coldsweats01

最初に当時の中国情勢が簡単に説明されます。それでも、歴史に興味の薄い方には理解が難しい面もあるかも知れません。細かに理解しようとすると結構複雑な歴史情勢です。中学・高校の歴史授業でも、「三民主義の孫文」程度で、辛亥革命の具体的中身までは習わなかったように思います。

主演・総監督のジャッキー・チェンの思い入れを随所に感じる作品です。数々のエピソードを盛り込み、多くの登場人物達が絡み合う複雑さの割には、比較的整理された構成になっているようにも思います。この後にも歴史は大きく動くのですが、皇帝退位まで、に留めたのは多分賢明だったのでしょう。ただそれでも、ストーリーを追う事に気を使い、作品の余韻を味わう余裕はありませんでした。作品に引っ張られ、振り回されたような後味が残ります。少々落ち着きません。http://1911-movie.jp/

2011年11月 3日 (木)

「鯨とり ナドヤカンダ」

高速道路を使いますので「近所の映画館」とは言えないでしょうが、車で40分程の所に、時々マイナー韓国映画を上映してくれる映画館があります。先日の日曜日(10/30)に行ってきました。http://www.plabi-isesaki.jp/index.html

観た作品は「鯨とり ナドヤカンダ(http://www.kazetokujira.com/kujira.html)」、1984年、ペ・チャンホ監督作品です。主演は1970~80年代に活躍した人気歌手キム・スチョル、「桑の葉」やペ・ヨンジュンと共演した「スキャンダル」のイ・ミスク、国民的俳優アン・ソンギと、今となっては豪華な顔ぶれです。キム・スチョルはその後、ソウルOPやFIFAワールド杯などの音楽監督や映画音楽分野で活躍しています。この前の週の「風吹くよき日(アン・ソンギ、大鐘賞新人賞受賞作品)」も観たかったのですが見逃してしまいました。

作品に古さはまるで感じませんでした。テンポも良いし、適度に笑わせ飽きさせません。旧ソウル駅等、CGではない生の80年代ソウル風景も興味深いです。当時32歳のアン・ソンギは、若々しさよりもすでに重厚さを匂わせます。24歳のイ・ミスクからは、現在のベテラン女優の顔を思い浮かべる事はできませんでした。この翌年に「桑の葉」を撮る事になります。私の観る事のできたアン・ソンギ最古作の「ディープ・ブルーナイト」も、この翌年の作品でした。

【送料無料】桑の葉/イ・ミスク[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】 【送料無料】桑の葉/イ・ミスク[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】

販売元:Joshin web CD/DVD楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

ディープ・ブルー・ナイト DVD 韓国版 日本語字幕付 アン・ソンギ、チャン・ミヒ ディープ・ブルー・ナイト DVD 韓国版 日本語字幕付 アン・ソンギ、チャン・ミヒ
販売元:SCRIPTVIDEO
SCRIPTVIDEOで詳細を確認する

作品ストーリーに特別の”ひねり”のあるわけではありません。ま、だいたい、予想通りにお話しは展開します。それでも「映画を観た」との充実感は残ります。刹那の刺激や視覚的騒々しさばかり目立つ昨今の映画作品の中にあっては、寧ろ新鮮です。昔興味を惹かれた「韓国映画」というものに、再会した思いがあります。「韓流」で飛躍した韓国映画ですが、やはり失ったものも大きかったのでは?と、思わせるものがあります。地に足の着いた、丁寧な作品を作っていって欲しいですね。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31