無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月18日 (月)

「王になった男」

家内待望のイ・ビョンホン映画を観てきました。韓国で観客動員1,000万人を記録、大鐘賞(韓国のアカデミー賞)最多15部門で受賞したとの作品です。前評判の良い映画にはしばしば裏切られてきましたので、期待と疑いと、半々の気持ちで出掛けて行きました。公開2日目の日曜日、客席は3割弱程度の入りです。地方での韓国映画としては上々の入りだと思います。20人に満たない作品も珍しくなかったですから。

作品は朝鮮王朝第15代王光海君(クァンヘグン)を主人公に描いた映画です。クーデターにより王の座を追われ、済州島へ流罪に付された、王としての尊号を与えられなかった王です。燕山君同様”暴君”として記録されていますが、燕山君とは少々事情が異なったようです。

さて、作品の感想ですが、間違いなく「傑作」部類に入る作品だと思います。少なくとも、私の観たここ数年の作品では秀逸です。映画としてのエンターテイメント性は豊富で、笑わせ泣かせ考えさせます。飽きさせないだけではなく、しみじみとした後味を残します。大鐘賞男優主演賞受賞のイ・ビョンホンの二役の使い分けは見事で、王と影武者とだけでなく、「王を演じる影武者」まで見事に演じ分けていました。また同じく大鐘賞男優助演賞を取ったリュ・スンニョン、チョ内官役のチャン・グァン、卜部将のキム・イングォンなど、脇役もメリハリが効いています。史実でも、名君としての一面も持ち合わせた王だったようです。その二面性を”影武者”に負わせた荒唐無稽な設定ですが、その荒唐無稽さを楽しませ、不自然さを怪しむ必要のない脚本に仕上がっていると感じました。名実共に、イ・ビョンホンの”代表作”となる作品でしょう。

http://becameking.jp/index.html

「韓流」以降、韓国映画には逆にへんな偏見が付きまとい、男性や若者が避けるようになってしまいました。「韓国ドラマ」と「韓国映画」とを同一視してしまう傾向も見受けられます。残念なことです。今日の映画館でも、ほとんどが妙齢の御婦人、プラス同伴の同世代男性(少数派)です。男性同士や男性単独客、40歳代以下と思われる観客は皆無でした。還暦間近の私でも寧ろ”若手”部類に入ってしまうと思われます。実は私もそうなのですが、「韓国ドラマは苦手」との方にこそ、お薦めしたい映画作品です。

2013年2月14日 (木)

八雲神社、宮司さんにお話し伺いました。

2月も半ばを過ぎましたが、飲食業界では1月が商売多忙の店舗もあり、2月が新年会シーズンです。先の火曜日にひとつ終わりました。まだ今月中にあと2つ残っています。その火曜日にあった新年会ですが、かなりこじんまりした同業種組合のものです。毎年、講師をお願いしてお話を伺うのを恒例としています。今回は私からの提案で、足利八雲神社の宮司、桜木さんにお願いしました。

桜木宮司は元高校教師、スポーツマンで今でも野球・ソフトボールではシニア現役。学生へのコーチもされているそうです。神社の火災に関してもお伺いしました。火元は社屋床下、全く火種の無い場所です。一般住宅と異なり人が楽々入れる高さがあります。寒い日でしたので、ホームレスが入り込んで焚火をした、との見方が有力なようです。市指定の文化財の神鏡も熱で溶けて薄くなってしまったそうですが、何とか復元も可能とか。下野新聞の記事では「夏頃を目安に再建を」と答えておられましたが、独特の職人仕事ですので、もう少し時間がかかりそうです。

お話しのメインは神社の歴史に関してでした。八雲神社は足利で最も古い歴史を持つ神社です。日本武尊命(ヤマトタケルノミコト)が東征の折、出雲神社の祭神を勧請したと伝えられています。貞観11年(869年)、清和天皇が京都の八坂神社、愛知県の津島神社と足利の八雲神社の三か所を請願所と定め、疫病退散・国家安泰を祈らせたそうです。藤原秀郷が平将門追討祈願を、源頼義・義家は前九年・後三年の役での戦勝祈願を行った場でもあります。また神社の裏に広がる足利公園は市民に愛される桜の名所ですが、古墳公園ともなっています。日本で最初に、学術調査のための発掘が行われた古墳だったそうです。

火事の直後からネット上で情報が拡散され、ご自身が連絡する前から遠くの親戚からの連絡が入ったそうです。森高さんの人気に、ファンの多い事に驚いておられました。先の社屋は綺麗に造り直されてからまだあまり年月が経っていません。再建には10年の年月がかかったそうです。ですので、火災の折には「これ以上氏子さんに迷惑はかけられない・・・」と絶望的な気持ちにもなられたそうですが、全国からの寄付や励ましの言葉で、また力が湧いてこられたそうです。ファンの方々には大変感謝しておられました。

今月初めには、アップフロントのスタッフ(森高さんのマネージャー?)が足利にお見えになり、足利会場だけではなく、名古屋・大阪・東京のライブ会場にも募金箱を設置、再建に協力頂けるとのお話しも頂いたそうです。立派な社屋の出来上がる事を祈ります。

Dsc00433 Dsc00434 Dsc01512 Dsc01513

蛇足ですが、多部未華子主演の映画、「君に届け」での撮影に関しても少々お聞きしました。大晦日から新年にかけて、との設定での撮影でしたが、実際は”夏”に撮影されたそうです。俳優さんも大変です。

2013年2月11日 (月)

渡良瀬川夕暮れシルエット

渡良瀬橋近くではありませんが、仕事帰りによく通る、渡良瀬川河川敷にお気に入りの場所があります。特にこの季節での夕暮れ時が綺麗です。少し風のある空気の澄んだ日には、遠くの山並みシルエットが綺麗です。

Dsc01681 Dsc01707

赤城山、浅間山、遠くに富士山を望める日もあります。

Dsc01682 Dsc01678 Dsc01674 Dsc01675

夕日の写真は中々上手く撮れません。はっ!とするほど綺麗な日には、カメラを持っていなかったり・・・。あくまで”仕事帰り”ですので、常にカメラを携帯しているわけではありません。かと言って、携帯では更に綺麗に撮れません。でも、綺麗な景色に出会えただけで、心が和みますね。

Dsc01685_4

2013年2月10日 (日)

渡良瀬カントリークラブ

最盛期には月いちで集まっていた高校同期会メンバーでのゴルフ、昨年10月以来、4ヶ月振りで久々に集まりました。会場は栃木市南部にある「渡良瀬カントリークラブ(http://www.watarasecc.com/)」でした。遠く、雪を被った男体山も望む、爽快な景色のコースなのですが、携帯画像では写りませんでした。despair

P2013_0210_074852 P2013_0210_080803 P2013_0210_131259

ゴルフ場は(足利市の)お隣佐野市の偉人、田中正造所縁の「谷中村」のあった、渡良瀬遊水地にあります。謂わば河川敷コースですが、河川敷にしてはクラブハウスもまともですし、フェアウェイは広く距離もそこそこあります。フェアウェイやグリーンの手入れは正規のゴルフ場には及びませんが、河川敷コースとしては良い方だと思います。経験した3ヵ所の河川敷コースの中では、一番条件が良かったですね。特にこの日は、河川敷にありがちな強風も吹かず(午前中は無風、午後も微風程度)、お天気も良く暖かく、絶好のゴルフ日和でした。

成績は「50」「53」の「103」、ま、下手くそな私としては決して悪いスコアではありませんが、アップダウンの無いフラットなコースですので、好条件を加味すると満足のできる成績ではありません。パーこそひとつだけですが、ほとんどをボギーとダボだけで押さえて耐えての最終ホール、(この日唯一の)OBをセカンドショットでかまし、またバンカー脱出にも失敗して遂に「+4」の大叩きをしてしまいました。また、(可能性のある)現実的パーパットをことごとく(惜しいところで)外した後半の「20」パットも響いています。(前半は「15」パット) 大きなミスは少ないものの、今ひとつ噛み合わない、消化不良のプレーでした。ただまぁ、アプローチ等、前進の気配の見える部分もありました。それを励みに、次回に臨みたいと思います。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30