無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月28日 (火)

足利市のイベント

椎名林檎、昨日、デビュー15周年の記念日に発売されたCDを受け取りに行きました。http://www.kronekodow.com/disco/disco_detail_124.html

そのCD屋さんで「あしかが ひめたま」「痛車祭」のチラシを頂きました。「痛車祭」早いものでもう六回目になるようです。回を重ねる毎に来客者数が増えています。地元の私はまだ1回も見に行った事がありませんが、結構遠くからいらっしゃる方も居るそうな。

Dsc01887 Dsc01888

ついで買いで、レジ前に置いてあった”尊氏くん”ストラップも買ってしまいました。Dsc01890_2

このCD屋さん、森高さん足利ライブの折に館内でCD・DVD販売をしていた店ですが、今度、「渡良瀬橋クッキー」を発売するそうです。「痛車祭」で初お披露目のようです。発売されたら、取り敢えず一度は買ってみます。

2013年5月15日 (水)

森高千里さん、ライブ終了

森高千里さんの復活ライブツアーが、11日の名古屋にて、取り敢えず終了しました。3月30日の足利以来、大阪・中野、そして名古屋でした。ファン達にとっては、熱に浮かされたような6週間だったのではないかと思います。私は30日、31日の足利ライブだけでの参戦でした。中野が平日であれば出かけたのですが・・・。

今回の復活ライブ、もちろん、ライブそのものも楽しかったのですが、30日夜に企画した打ち上げ会(森高千里、ファンのつどい)の準備段階で、また会場で、多くのファン仲間と直にお話しでき知り合えた事、それも私にとっての大事な財産となりました。地元フリーマガジン「COMPANY?」の編集長とも知り合う事ができ、森高ファンに大好評となった、4月号のライブ取材企画の一部にも協力させて頂く事ができました。「COMPANY?」4月号は、地方都市のフリーマガジンとしては、傑出した充実さだったと思っています。ファン達からの要望もあり、郵送料自費にて全国のファンの元へ送らせて頂きました。30部ほど。

森高さん足利復活ライブの報は、読売栃木版では(1日市長報と続いて)2日間に渡り報道されました。私自身は確認していないのですが、朝日では全国版で紹介されたとも聞きます。スポーツ紙ではおそらく全紙で、写真付きで掲載されました。また朝のワイドショーでも各局で映像報道されました。全国に向け、文字で言葉で映像で「足利市民会館」が発信されたわけです。有料の広告媒体で同様の宣伝をするなら、おそらく、億に近い金額がかかるのではないでしょうか?

ライブ当日に人だかりだった「渡良瀬橋」歌碑周辺は、ライブ後でも、以前より立ち寄る人を多く見るようになりました。特にGW中は賑やかでした。仕事で前を通り過ぎた時、歌碑脇にタクシーが2台横付けされているのを見ました。駅やホテル、また何かの店舗のある場所なら兎も角、(歌碑以外には)何もない土手の道路での風景としては若干異様です。事情を知らない人では、不思議に感じた人も居たかも知れません。足利人すべてが「歌碑」の存在を意識しているわけでもありませんので。

私自身が入れ込み過ぎているのでしょうが、森高さんが復活ライブのスタートを、地方の小都市にしか過ぎない足利に決めて頂いた事、その価値・ありがたさが、あまり地元では理解されていない気がして、いじましい気持ちになります。足利人として森高さんの気持ちに答えたい。しかし与えられたものがあまりに大きくて、自身の無力さに打ちひしがれてしまいます。

今日、3月29日の”1日市長”の記念に植樹した、八雲神社の”藤”を見てきました。表札も何もなく、雑然とした中に植えられていました。もう少し成長したら藤棚を作らなければなりませんし、「整備はもう少し後で良い」との事なのかも知れませんが、何か釈然としません。まずはこういった部分から、何かできる事がないか、考えて進みたいと思っています。

P2013_0515_134055 P2013_0515_134214 よく意味が判らないのですが、こんなポスターも。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30