無料ブログはココログ

« 2年振りの西武ドーム | トップページ | ただ今、盆休み »

2013年7月29日 (月)

韓国ロックのカリスマ キム・ギョンホ

翌日曜日(28日)、まずは少し、仕事上のお勉強。千葉県市川市駅前の”ヤマザキ巡り”をしてきました。市川市は山崎パン発祥の地です。

まずはヤマザキグループ、ヴィ・ド・フランス経営の「デリフランス」で朝食です。「ヴィ・ド・フランス」は、コンベクションオーブンでの焼き立てクロワッサンの店を展開した会社ですが、こちらはそれを更に進め、フランスのブーランジェリーカフェブランドでの展開になっています。栃木ではまだ、アウトレット内だけでの展開です。価格帯が高めですので、地方では立地が限られるでしょうね。ベイクドフロマージュ、キッシュ・デミ・シャンピニオンとアイスカフェオレとで677円でした。値段取るだけにさすがに美味いです。冷凍生地技術の進歩には驚かされます。パン店に職人は必要なくなるかも知れません。http://viedefrance.co.jp/delifrance/index.html

次は「ヤマザキプラザ市川」へ。1階にベーカリーカフェ、地下1階にスーパーヤマザキ、2階にステーキレストランを備えています。パンの品揃えは、デリフランスよりは価格帯を抑え、各地にあるサンエトワールに近い商品展開になっています。http://kabu-yamazaki.jp/

最後に「山崎製パン企業基金年金会館」の建物を眺め、ヤマザキ巡りを終了しました。

この日の、元々のメインイベントは、韓国ロック歌手キム・ギョンホ(http://www.kimkyungho.com/)のライブです。何度か来日しているはずですが、単独ではこれが初ライブになるそうです。韓国内でもロック畑はややマイナーな雰囲気がありますが、日本では更にマイナーですので、席が埋まるのか少々心配しながら会場へ向かいました。

会場は新大久保のK-STAGE-O!で、13時と17時との2回公演となっていました。私の参加は13時の方です。12時半開場予定でしたが、その時間には始まらず「やはり韓国時間?」と心配しましたが、10分遅れの13時10分に開演となりました。ま、一安心です。http://k-stage-o.com/

Dsc01906 Dsc01907_2

会場キャパは一応200席余となっています。簡易椅子ですので実際に当日何席用意されていたかは判りませんが、ざっと見回した感じでは、130~150人程度?の入りかと思います。それも、ステージ正面に構える一団は、韓国からの追っかけ軍団です。17時からの2部ではもっとチケットは売れていたようですが、想像した以上に知名度がないのですね。ちゃんと宣伝したのだろうか?

”韓国ロックのカリスマ”と呼ばれるベテランロック歌手:キム・ギョンホ、特にファンだったわけではありませんが、CD(7.5集)とライブ盤を持っています。男性歌手のCDは滅多に買いませんので、複数枚持っているのは(韓国では)唯一、キム・ギョンホだけです。韓流前のまだK-POPもマイナーだった時代、日本FCの方とネット上で情報交換をした、それが興味を持った始まりでした。その方は今回のライブでも裏方で活躍されていたようです。まだ実際にお会いした事はありません。

声量、声の迫力はさすがでした。全身から声を振り絞る歌唱、相当に体力を消耗しそうです。ただ今回は、バンドメンバーも引き連れず、ただひとりでの来日です。カラオケでの歌唱というのは、ロックライブでは異例でしょうし、やはり寂しいです。CDで聞いていたライブの迫力には遠く及びません。また、会場の音響が悪いのかセッティングが悪いのか、音は濁っています。韓国ロックを代表する歌手の初ライブとしては、あまりに条件が悪いです。日本での知名度が無く、致し方ないのかも知れませんが、彼のプライドを思うと、初ライブも素直に喜べない気持ちにもなります。せめてZEPPあたりでやらせてやりたかったですね。http://ameblo.jp/pei713/

会場でキム・ギョンホの新しいアルバム、コリアプラザでソン・ダンビのアルバムを買って帰りました。Dsc01908 Dsc01909

« 2年振りの西武ドーム | トップページ | ただ今、盆休み »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

キョンホさんのLIVE記事ありがとうございます。
もっともっと日本でも認知度が上がってほしいものです。
次回はバンドプラスコーラス3名でのLIVEでZEPPのような空間で聞きたいですね~。

市川はヤマザキの発祥の地でしたか、知りませんでした。40年くらい前、ヤマザキがチェーン店攻勢を掛けて街の小さなパン屋さんが自分で作らずに出来合いのヤマザキのパンを売り始めた時期がありましたね。流通や冷凍の技術とも関連する話で業界の話は結構、面白いし、興味があるところです。

コンベクションオーブンって焼きムラが少なくパリっと仕上がると記憶しているのですが、どうなんでしょう。

>pei713さん、
母国では有名な歌手が、「新人として」いわばドサ回り的な場所からスタートしているわけですので、何とか彼にふさわしい場所を提供して差し上げたいですね。

>つかまんさん、
そうですね、あちこちの商店が山崎パンの売店となり、デイリーストアとなり、インストアベーカリーへと変遷を重ねました。現在では、粉から作っているパン屋の方が少数派です。スーパーなどのインストアベーカリーはほぼ100%、路面店も多くは大手数社の冷凍生地を仕入れての展開となっています。ヤマザキの中でも数ブランドあります。

コンベクションオーブン、随分性能が良くなっています。特にクロワッサン、デニッシュ、フランス生地等には適しているようです。固定窯とは温度調節が全く異なり、固定窯で200℃位で焼く品物、コンベクションでは160~170℃程度になります。

こんばんは。

市川はわたしの祖父の出身地で、両親も市川で所帯を持ちました。

「いまでこそ山崎パンは全国展開している大きな会社だけど、当時は町のパン屋だったのよ」と、母が言っていました。

その話を聞いたのはここ数年のことで、二年前かな?市川に行く機会があったとき、山崎パンのビルを眺めてきました。

中には入らなかったけど・・・

父はもう亡くなっているけど、母から昔の話をくきのが、けっこう楽しいです。

お久し振りです。
我が家もパン屋を稼業としています。歴史としては山崎パンより古いのですが、今もって普通の町のパン屋です。何処に違いがあったのでしょうね?coldsweats01

韓国映画は今でもたまに観に行きますが、TVドラマは全く見なくなりました。K-POPからも距離を置くようになっています。韓国にも、もう1年行っていません。ここ10数年で初めて、訪韓0の年になるかも知れません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/52660808

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ロックのカリスマ キム・ギョンホ:

« 2年振りの西武ドーム | トップページ | ただ今、盆休み »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31