無料ブログはココログ

« 嬬恋高原ゴルフ場 | トップページ | 「R100」 »

2013年9月23日 (月)

青山学院大学同窓祭、行ってきました。

青山学院大学が卒業生向けに行っているイベント、「同窓祭」に初めて行ってきました。母校ですのでそのようなイベントのある事は知ってはいたのですが、卒業後に始まったイベントでもあり、特に関心も無く過ごしてきました。それが今回(20回目だそうですが)、ゲストとして森高千里さんを呼びミニライブを開催すると聞き、にわかに注目のイベントになってしまいました。チケット申し込みは卒業生(及び在校生、初等・中等部等の保護者等)に限られていますので、申し込み、森高ファン数人を誘って会場入りしました。今回は対象限定のライブですので、参加できた森高ファンも限られています。それでも、3月の足利ライブに参戦したメンバー中心に、常連組が20数名集まりました。会場近くで待ち合わせ、受付後に青山通り反対側にあるイタリアンレストランに集まりランチ会です。母校周辺も全く様変わりしていて、在校当時の店はほとんど残っていません。

P2013_0923_132526 P2013_0923_142608 P2013_0923_104313

ランチ後には一旦解散、私は久し振りに校内を歩いてみました。学園祭に比べるとかなり少なくはなりますが、教室を使っての展示や食べ物屋台も出ていますし、記念館(体育館)では様々な企画が執り行われていました。

P2013_0923_111043_2 P2013_0923_111104 P2013_0923_141945 

会場設営に手間取ったようで、開場が少し遅れましたが、なんとか十分遅れ程度で開演されました。会場は校内にある「ガウチャー記念礼拝堂」です。在校当時はずっと小さいな礼拝堂でしたが、立て直されビルに変わっています。礼拝堂も600数十人が入れる規模に。ちなみに、名前の元となるジョン・F・ガウチャー氏は、青山学院設立時に多額の私財を投じて貢献したアメリカ人宣教師です。アメリカにあるモルガン大学の設立者でもあります。

P2013_0923_143940 P2013_0923_145221

舞台に現れた森高さんは、いつものライブと異なる雰囲気に戸惑い気味でした。「十字架を背にして歌うプレッシャー」を何度も口にされていました。普段と違う緊張感があったようです。会場前列には初等部・中等部の生徒さんと思われるお子さん方と父兄、ライブ常連と思われる観客は少数派でしたので、会場全体の雰囲気も私達にはアウェイです。選曲も会場雰囲気に合わせてかおとなし目な曲を選び、編曲も変えていました。生音もギター1本でしたし。それに合わせて、常連ファン達も、座ったままでのおとなし目応援で対応しました。森高さんご本人も特別な緊張感があったでしょうし、私達も周囲を気にしながらの声援でした。いつもの弾けた高揚感はもちろん得られませんが、これはこれで貴重な体験かも知れません。活動を再開した森高さん、次のツアーを期待したいと思います。

« 嬬恋高原ゴルフ場 | トップページ | 「R100」 »

森高千里」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/53364187

この記事へのトラックバック一覧です: 青山学院大学同窓祭、行ってきました。:

« 嬬恋高原ゴルフ場 | トップページ | 「R100」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31