無料ブログはココログ

« 椎名林檎15周年 党大会 | トップページ | 城山カントリークラブ »

2013年11月30日 (土)

椎名林檎「班大会」ライブビューイング

「党大会」に行ってしまった故に、チケットを購入していなかった「班大会(ファンクラブ会員限定ライブ)」も見てみたくなってしまった。ので、映画館でのライブビューングに参加してみる事にしました。地元の映画館では企画が無いので、車で50分近くかけての遠征になってしまいました。おお元のライブの方は「椎名林檎十五周年班大会 平成二十五年浜離宮大会」として、浜離宮朝日ホールでの開催でした。ライブは28・29日の2日間、ライブビューイングは29日のみです。

ライブビューイングなるもの自体初めての経験です。178席の会場は8割強の入り、さすが、林檎さんをしても地方の映画館を満席にはできませんでした。それでも、がらがらの場合の多い地方の映画館ですので、これでもかなりの入りです。開演前に林檎さんのPVが3曲流されました。かなり以前のものばかりです。「幸福論」は懐かしかったですね。PVでの音質がかなり悪かったので心配しましたが、本番はさほどは気になりませんでした。(もちろん、現場のようには行きませんが、)

訪れた事のない会場ですが、雰囲気は党大会でのオーチャードホールに似たように感じました。「もしかしたら真逆の?」とも想像したのですが、基本路線は同じでした。曲数が多かったのと、事変以前の林檎さんの曲が多く入っていたのが違いです。「罪と罰」やアンコールでの「歌舞伎町の女王」は嬉しい選曲でした。バンドの編成も全く同じです。ミラーボールが無い、映像でのメンバー紹介が無い等、更にアコースティック感が増していました。会場はあまり映されませんでしたが、映った部分では、やはり着席での鑑賞だったようです。あ、衣装も異なっていました。

もうひとつ、党大会との違いは、ゲストです。「浮き名」に収録されていました、地元福岡での”先輩”(「パイセン」と呼んでいましたが)という、谷口崇氏が紹介され、2曲をコラボしました。特徴のある高音の歌声で、中々聴きごたえがありました。興味を感じネットで調べてみたのですが、なんと、これから「活動休止」となるそうです。「音楽で自立する事ができず、思いきって一度しがみついた手を離してみよう」と、なんと!「蕎麦屋に就職」するそうです。勿体ないようにも思いますが、それだけ厳しい業界と言う事なのでしょう。http://www.takashitaniguchi.net/home/

本番のライブと異なり、カメラを通しての視点ですので、林檎さんをアップで見る事ができます。睫毛の飾りもネックレスも、左手肘外側の黒子も、左手薬指のリングも良く見えます。舞台上も、様々の角度から見る事ができます。斉藤ネコさんの真剣な表情も。ま、それは良いのですが、あまりに綺麗に見えすぎて、ライブDVDを見ているようでイマイチ臨場感に乏しくなります。何度か「映画館で」と林檎さんが振って下さったので、それで「あ、生だったんだ」と再確認する次第でした。拍手もどうしても控えめになってしまいます。迫力ある熱唱でしたので、やはり現場で聴きたかったですね。そう思うせいか、党大会以上に気迫ある歌声に感じました。

« 椎名林檎15周年 党大会 | トップページ | 城山カントリークラブ »

椎名林檎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/54105306

この記事へのトラックバック一覧です: 椎名林檎「班大会」ライブビューイング:

« 椎名林檎15周年 党大会 | トップページ | 城山カントリークラブ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31