無料ブログはココログ

« サッカー&ゴルフ | トップページ | 版画コレクション »

2014年5月30日 (金)

「ダンシング・クイーン」「サニー」

水曜と今日と、続けざまに韓国映画を観てきました。共に以前から気にしていた、観たいと望んでいた作品です。日本ではマイナーな作品ですので、この機を逃すと、劇場で観る機会はもう得られないかも知れず、少し無理して出かけました。

「ダンシング・クイーン」  オム・ジョンファ、ファン・ジョンミン主演の作品です。韓国での公開が2012年、日本でも上映はされたようですが、もちろんロードショー公開ではありませんので地方では中々見られません。東京地区公開の情報も多分見逃したのでしょうね。たまたま、映画情報を探っていて「韓国文化院(http://www.koreanculture.jp/)」でのイベント(韓国映画上映会)を見つけ応募しました。どの程度の競争率があったのか判りませんが無事当選、平日の夕方ですが、仕事を早めに切り上げて家内と上京しました。会場は満席、帰宅は終電、少々疲れました。

作品内容は、韓国お得意のちょいとほろっとさせるコメディ、良くできています。芸達者お二人の競演ですし、脇もよく見た俳優陣が固めます。サービスとしてイ・ヒョリも顔を出します。単純なお決まりストーリーですが、テンポも良く軽い笑いを散りばめて飽きさせません。楽しい作品でした。

主演のオム・ジョンファですが、当初は”歌手”として名を知りました。K-POPに嵌った時期にCDを買った歌手の一人です。棚をちらっと見たら、「Queen Of Charisma」と「D.I.S.C.O」の2枚のアルバムが目に付きました。メインで買った歌手ではないのですが、多分もう1枚位はあったように思います。ドラマ「美しき日々」の第1回に歌手として実名でゲスト出演していたのが印象に残っています。そういえばこの映画でも実名での出演ですね。履歴を見ると、(韓国ではよくある)歌手から俳優になったのではなく、女優デビューの翌年に初アルバムを出し、そのまま並行して活動してきています。その後歌手の方は休止(?)、演技活動をメインとしてきていますが、歌手としても女優としても受賞歴があります。作品内とはいえ今回は久々の歌手活動ですね。さすがに最初の大学生役は(2人とも)無理がありましたが、44歳の歳に負けず活躍していました。全盛期に比べるとやはり若干ウエストが太目には感じられましたが、寧ろ魅力は増しています。踊って歌う歌手のハシリの時代でしたが、昨今の(イ・ヒョリ等の)ダンスのようにはいきません。やはり時代を感じます。

今日観てきたもう1本の作品は「サニー」です。「永遠の仲間達」との副題が付いています。イオンシネマでの名作上映イベント「シネパス(http://www.aeoncinema.com/event/cine-pass/)」での上映です。以前からポスターは見ていたので楽しみにしていたのですが、詳細を知らずにいました。昨夜になってサイト情報を見つけたのですが、見つけてみると地元イオンでは30日が上映最終日です。ギリギリで見つけたのですが、月曜から金曜までの平日、しかも朝9時半からの1日1回上映です。ちょいと悩みましたが勢いで行ってしまいました。経験のない平日朝の映画館でしたが、意外な事にチケット売り場は列をなしていました。若者離れの顕著な業界ですので、客層による変化なのでしょうか?多くが60代以上に見られます。でも私の観た館内にお客は6人だけでした。「アナ雪」客が多いのかなぁ~?

作品は、女子高時代の仲良し仲間7人の現在と過去が交互に描かれる、青春の思い出とほろ苦さ、時の流れの過酷さ、そして友情の物語です。ご都合主義のSFより、寧ろ得難く理想的で非現実的なストーリーかも知れませんが、真に憧れ求める世界でもあるようにも思います。同じく非現実的であっても、有っても無くてもよい、空想SF世界よりずっと、意味も重みもあります。誰もが心の内にその一部は持っている、悔いとか拘りとかもやもやとか、刹那ではあるのでしょうが、一瞬晴らしてくれる爽快さを秘めた作品だと思います。この年の韓国での観客動員で2位を占めた作品だそうです。バックに流れる音楽等、その時代に青春を過ごした韓国人には、沁みる部分も多かったのでしょうね。

主人公ナミの高校時代を演じたのは、「王になった男」で毒見役サウォルを好演したシム・ウンギョン、「大王四神記」や「ファン・ジニ」等、ドラマ子役としても活躍しました。”サニー”のグループリーダー、チュナ役は、高校時代・現在ともかっこ良く演じられました。末期がん患者として演じたチン・ヒギョン、何処かで見た顔だと思ったら、「朱蒙」のヨミウルだったのですね。

無理して出かけて観た2作品でしたが、その甲斐のあるだけの作品でした。上映機会の少ないのが残念です。

« サッカー&ゴルフ | トップページ | 版画コレクション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

諸葛さま、こんばんは。

「サニー」という映画、おもしろそうですね。友人は、この映画を韓国文化院で見たそうです。わたしも早く気が付いていれば、イオンシネマに見にいけたのになあ・・・・
DVDレンタルされてたら、借りてみます。

「王になった男」のサウォル、ファンジニ等で活躍したあの子役ちゃんだったのですね。
大きくなりましたね。

わたし、今日、初めて韓国文化院に行ってきました。
化粧文化の展覧会をやっていたので、それを見に行きました。

そのあと、久しぶりに新大久保にも行きました。
以前にくらべれば、人出は少なくなってたように思います。

コメントありがとうございます。
イオンシネマでの上映は、地域によって日程が異なります。埼玉・関西地区での上映なら、「サニー」はまだ残っているようです。
http://www.aeoncinema.com/event/cine-pass/schedule.html

私も久々、8日の日曜日に新大久保で韓国料理を食べてきました。田舎から出て行くと、まだまだ人出は多く感じますが、確かに、化粧品店やグッズ売り場の店内は、以前ほどの賑わいは無いようにも思います。私自身、以前ほどの韓国熱はありませんし。

こんばんは。

「サニー」ようやく地元のイオンシネマで上映されることになり、見てきました。

なぜか、一番収容人数の多いスクリーンで、観客は5人でした。

「怪しい彼女」もよかったけど、「サニー」も、青春時代を思い出すよい映画でした。

ところで、諸葛さまの日帰り小旅行の記事も楽しみに読んでいますよ。

わたしは11月に宇都宮の餃子祭りに行ってきましたよ。

足利も昔、足利学校に行ったきりだけど、また行きたいです。

「サニー」良い作品でしたね。タイプは異なりますが「アメリカングラフィティ」とか思い出してしまいます。きっとバックに流れていた音楽、そんな意味合いだったのだろうと。イオンのシネパスでは「かぞくのくに」も観たのですが、こちらは重すぎて感想を書き損ねました。

宇都宮で餃子、まだ食べた事がありません。最初に話題に取り上げられた頃に初めて、消費量全国1位というのを知りました。佐野でラーメン食べる事も滅多にありませんし、近すぎると意外と盛り上がらないものです。足利氏邸宅跡鑁阿寺が国宝に格上げになりました。機会がありましたら。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/56356897

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンシング・クイーン」「サニー」:

« サッカー&ゴルフ | トップページ | 版画コレクション »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30