無料ブログはココログ

« 宮城、気仙沼へ行ってきました。 | トップページ | サッカー&ゴルフ »

2014年5月19日 (月)

「ワンチャンス」

2週連続で週末映画館、先週は「テルマエロマエⅡ」でした。面白かったですが、期待した通りの、その場限りでの面白さ、後には何も残りません。「Ⅱ」ものとしては良くできた方だったと思います。私は先の作品の方が面白かった気がしますが、家内は「Ⅱ」の方が良かったようです。いずれにしても大差はありません。

今回は先週とは別の映画館、こちらでは「夫婦50歳割」が無くなっていました。代わりに「60歳以上」が「55歳以上」に割引基準広がっていました。私達は結局、以前と同じ料金(消費増勢で100円上がりましたが)です。

鑑賞映画は「ワンチャンス(http://onechance.gaga.ne.jp/)」、ストーリーを読んだだけで泣けそうな作品です。恋愛モノや無理やり設定の悲劇モノでは、作為的な「泣かせよう」設定に身構えてしまいますが、実話原作の強みでしょうね。心配は”過剰な演出”ですが、そのような部分は感じられず、素直に感情移入させて頂きました。

主人公ポール・ポッツは、英国の素人オーディション番組から発掘されたオペラ歌手です。当時もマスコミで話題になりました。歌唱吹き替えは本人ですので、歌の迫力は抜群です。演じた俳優さん(ジェームズ・コーデン)もイメージ通りの風采ですし、クチパクではなく、実際に歌唱指導を受けて歌い、演技のリアル性を高める努力をしたそうです。ストーリーは単純、演出もシンプル、泣かせる実話の王道を守る作品だと思います。土曜の第1回目(9:50~)の上映であったせいもあるのでしょうが、観客は15名ほど、マスコミで話題のヒット作品ばかりでなく、こういった上質な作品にもお客が集まると良いのですが・・・。

翌日曜日には、近郊の野外庭園に行ってみました。「アンディ&ウィリアムス ポタニックガーデン」という、ホームセンター「ジョイフルホンダ」が運営している英国庭園です。http://www.joyfulhonda.com/aw/

L02b0020 L02b0021 L02b0022 L02b0023 L02b0024 L02b0025

敷地は6,000坪あるそうですが、園内はいくつかのパートに区切られ、それぞれテーマに沿った庭作りがされています。きっちり作り過ぎない、自然を再現した趣きの部分もあり、和めます。今の季節は、バラやマーガレット等が咲き誇り、美しいシーズンなのでしょう。百合や睡蓮の蕾が次の順番に控えています。また別の季節にも訪れてみたい気がします。

ホームセンターの方もかなり大規模な店でした。何棟もの建物があります。ガーデニング部門だけ入ってみたのですが、それだけでも結構な広さがあります。隣接していますので、「A&Wポタニックガーデン」は実地応用見本の役目も果たしているのでしょう。鉢植え販売スペースもかなり広く、しかも安いです。毎年母の日に母に、生花or鉢植えを贈っています。いつも市内の店で買っていますが、来年はここが良いかも知れません。

« 宮城、気仙沼へ行ってきました。 | トップページ | サッカー&ゴルフ »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/56245833

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワンチャンス」:

« 宮城、気仙沼へ行ってきました。 | トップページ | サッカー&ゴルフ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30