無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月27日 (金)

W杯ブラジル大会、グループリーグ終了

寝不足の日々が続いています。今朝の2試合でグループリーグ戦も終了、決勝トーナメント進出国がすべて決定しました。FIFAランク1位で前回優勝のスペインが早々と敗退、いったいどうしてしまったのでしょう?レベルの高い組ではありますが、スペインらしさのあまり見られない試合内容でした。最後にF・トーレスのシュートの見られたのがせめてもの救いです。お隣ポルトガルも敗退しました。C・ロナウドを始め故障者続出の中での大会でした。最終戦はC・ロナウドの得点もありガーナに勝ちましたが、初戦の大敗が痛かったですね。D組は強豪の揃った”死の組”、見応えのある試合が続きました。もっとも不利と思われたコスタリカが快進撃、本当の”4強”激戦になってしまいました。イングランドvsイタリアは好試合でしたが、終盤は両チームとも疲れが見えていました。結局は有望両チームとも敗退、中南米勢の暑さ慣れが僅差を制したのかも知れません。他、敗退した中では、ガーナの敢闘、内戦から立ち上がったボスニア・ヘルツェゴビナの初出場・初得点・初勝利が印象に残りました。

開催国ブラジルは予想通りの強さ、相当なプレッシャーだと思いますが、ネイマールが活躍しています。同じく前評判通りの強さを見せているのはドイツ、準決勝での対戦が予想されます。T・ミューラーとの得点王対決も見ものです。ちなみに彼のお父さんはかのG・ミューラーと同姓同名とか。反対側枠にはメッシを要するアルゼンチン、エース頼みの感はありますが、少なくとも準決勝までは進出すると思います。コスタリカの快進撃が何処まで続くか?メキシコもオランダも前評判以上の強さを見せています。右枠の方が波乱があるかも知れません。左枠での波乱可能性はウルグアイかな?(スアレスの出場停止が痛いけど)

比較的対戦組に恵まれた感もあったC組の日本でしたが、1分け2敗に終わりました。結果的にはFIFAランク通りの順位です。国際的には誰もが納得する結果なのだと思います。もちろん、勝ち抜けの可能性もあったわけですが、マスコミの過大評価過大宣伝に踊らされた感も拭い去れません。あれだけ騒ぎ持ち上げておいて、負けた途端に戦犯探しのような批判が渦巻いています。勝手なものです。本田圭佑の優勝発言を今更取り上げていますが、彼自身も本気で優勝できるとは思っていなかったはず、あくまでも”意志”を告げただけだと思っています。出るならその位の気持ちは必要でしょう。世界を知る(自身がACミランで出場機会がない位です)彼の言葉が、世界を知らない俄かサッカーファンに通じなかっただけだと思っています。日本戦以外の試合をいくつか見れば、その歴然とした差は即座に感じられるはずです。その差の中で、日本はあくまで「上位食いのチャレンジャー」として戦わなくてはいけなかった、それが初戦で1点取った途端に負けを恐れた戦い方になってしまいました。最後のコロンビア戦、大敗にはなってしまいましたが、あれはあれで良かったのだと思っています。最後の1激の決定力の弱さを露呈しましたが、先の2戦だけでは、その欠点すら明瞭化されなかったかも知れません。いずれにしても、税金で派遣された選手たちではありません。勝手な期待を裏切られたからと言って批判するのは、みっともなく感じます。

W杯本戦出場国は32チーム、アジア選出の国はいずれもそれ以下にランクされています。つまりは、ランク上位の国でも地区予選敗退で本選出場のならなかった国も(主に欧州に)多いわけです。今回アジア選出国は遂に、1勝も挙げる事ができませんでした。次回ロシア大会では、アジア枠の減らされる可能性もあるでしょう。中国も強くなってくるでしょうし、本戦出場自体が大変になってくるかも知れません。今回の敗退を教訓に、より力強いサムライブルーを期待します。

とは言え、4年後を心配している場合ではありません。W杯はこれからが本番です。イングランドもイタリアも負けてしまって、何処を応援しようか迷っているところですが、見逃せない好試合の続く事は決まっています。多くの日本人にとってW杯はすでに「過去」になりつつある風を感じますが、是非とも、1試合でも多く見て欲しいと思っています。それが、4年後の日本チームを強くする土台になるはずです。4年後のサムライブルーを応援する意味も込めて、もう暫く寝不足の日々を続けます。

2014年6月22日 (日)

久し振りの100切り

昨日はゴルフに行ってきました。ここ暫く練習場では好調、自分なりには上達してきた感覚はあったのですが、現場では数字的結果はでませんでした。ゴルフ場にも気候にも、(気軽にプレーできる)メンバーにも恵まれた状況でしたので、なんとかかんとか、半年振りでの100切り、しかもベストスコア更新の「95」で周ることができました。当日のお天気は曇り、暑い季節にも係らず涼しくプレーできました。

ゴルフ場は「こだま神川カントリークラブ(http://reserve.accordiagolf.com/golfLinkCourseDetail/?gid=064)」でした。プレー費の高い埼玉県内としては比較的コスパの良いゴルフ場だと思います。食事付で15,000と数百円でした。ただし、食事メニューはほとんどが追加料金が必要です。コースはフラットでフェアウェイもほどほど広く、圧迫感のあるコースは少ないです。普段アップダウンの激しい栃木のコースでプレーしていますので、数字上より距離も短く感じました。飛ばない私でも何ホールかパーオンできましたので。

P2014_0621_092108_1 P2014_0621_164015 

数字的結果を出すことのできた要因は、ひとつにはOBの少ないコース設定の安心感があったように思います。ドライバーの方向性は決して万全ではなかったのですが、力んでの失敗はほとんどありませんでした。隣接ホールと林で区切ったホールが多く、多少曲がってもOBにならない(ワンペナは有)安心感があるのですが、その安心感故か、その林にもほとんど打ち込みませんでした。ただ、区切りの林が薄く、打ち込み打ち込まれる危険性のあるコースでもあります。もうひとつは、練習場でもそうだったのですが、アプローチがとても安定していました。スコアもベストでしたが、パット数も最小の「30」でした。これはパットが良かったというより、アプローチ好調で長いパットを残さなかったことが成果に繋がっています。やはりドライバー飛距離よりも、アプローチの方が数値には影響しますね。

これから暑い季節になりますが、月2程度のプレーは維持して行きたいと思っています。夏の同窓会ゴルフ会の予約も済ませました。安定して100の切れるゴルフを目指します。

2014年6月14日 (土)

アズーリの「7」

W杯が始まり、夜昼が逆になりそうです。初日のブラジルvsクロアチア、日本人審判のPK判定で物議を醸しましたが、順当にブラジルが勝利、ネイマールのゴールも見られました。昨夜半のメキシコvsカメルーンは回避し、スペインvsオランダ、チリvsオーストラリアの2戦を観戦しました。グループリーグ屈指の好カードでは、戦前予想を裏切る5-1での世界ランク1位スペインの大敗、今日のスペイン国内は暗かったでしょうね。”死のグループ”ですので、前回優勝(しかもランク1位)チームのグループリーグ敗退の可能性すら持ち上がってきました。次戦チリに勝つことが必須になりました。今日のチリも出来はイマイチに感じましたが、スペインの陣形の乱れは悲惨な状態でした。無敵艦隊の復活を願います。

前回の日記の最後に載せた写真、2002年サッカーW杯日韓大会時のイタリア代表ユニフォームです。当時の「7」はアレッサンドロ・デル・ピエロです。それまで背負っていたエースナンバー「10」を後進のトッティに譲った時期ですね。当時イメージキャラクターをしていたレイバン社のキャンペーンに家内が応募、見事当選してしまいました。scissors 

Dsc02045 Dsc02046 Dsc02062_3 

これまでタンスの奥に大事にしまいっぱなしだったのですが、ブラジルW杯を機に、明日のコートジボワール戦でのお守り代わりに額装することに。週初めに額屋さんに持ち込み、今日出来上がってきました。額装で、優勝3回を表す袖の星印が隠れてしまったのは残念です。後で上手いことたたみ直そう。お守りの効力アップのために、明朝のイングランドvsイタリアはイタリアの応援に回ります。親日家で知られるデル・ピエロ、「Jリーグでプレー」との噂もあります。実現の可能性は?

今日から明日にかけてはスケジュールが大変です。25:00からのコロンビアvsギリシャも気になりますが、そこから始めていては肝心の日本戦で居眠りしかねません。イングランドvsイタリア、日本vsコートジボワール2戦に絞るつもりでいます。林檎さんの「NIPPON」で応援したいところですが(CD購入済)難しくて憶えられません。coldsweats01

2014年6月10日 (火)

紫陽花の季節になりました。

”梅雨”というとシトシト雨のイメージでしたが、最近は油断がなりません。日曜日には一部地域で大雨洪水警報が発令、我が家の前の道路も、一時”川”状態だったそうです。これも温暖化現象なのでしょうか? ゴルフ予定日のお天気の心配な季節です。ともあれ、庭の紫陽花も咲き始めました。

Dsc02049_3 Dsc02048_2 Dsc02050 

ちょっと種類の異なる紫陽花もあります。

Dsc02051 Dsc02053 Dsc02054 Dsc02058 

こちらはまだこれからですね。どんな花になるのか楽しみです。

Dsc02057 

百合に薔薇、柘榴の花も咲いています。皐月はもうお終いですね。

Dsc02055 Dsc02056 Dsc02052 Dsc02059_2 

そして来週は、サムライブルーの花は咲くのでしょうか?

Dsc02045 ん?ちょっとサムライブルーとは異なりますね。詳しくは土曜日の夜に・・・。

2014年6月 4日 (水)

版画コレクション

高校・大学と美術部に属していました。プロになった友人も居て、版画を何点かコレクションしています。以前はレストランも経営していて店の壁面に飾っていたのですが、閉めてしまってからは物置に眠っていた作品もあります。物置では湿気で痛む場合もありますし、やはり目に付く場所に置かないと勿体ないですし作品が可哀そうです。額の傷んでいたものは入れ替えたりマットを交換したりして、飾れるだけ飾ってみました。これを機会に、土産物等のつまらない皿や花瓶などは整理しました。木版画・石版画・シルクスクリーン作品があります。

Dsc02035 Dsc02036 Dsc02037 Dsc02038

元々そんなに高い購入額ではありませんでしたし、同じ作品が複数枚存在する版画の特性もあり、金銭的価値はいくらでもありません。それでも、気に入って購入した作品に囲まれてぼんやり時を過ごすのは、気持ちが落ち着きます。ちょっとした贅沢かも知れませんね。

Dsc02040 Dsc02041 Dsc02043

反射しないよう正面からの撮影は避けたのですが、ガラス額の撮影はやはり難しいです。まだ額の入れ替えの済んでいない作品も、あと少しあります。額代もばかになりませんからね。消費税の上がる前にやっとけば良かった・・・。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31