無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月14日 (月)

W杯2014ブラジル大会 終了しました

ドイツvsアルゼンチンの決勝戦は、緊迫した好試合が展開されました。「3位決定戦不要論」の再発になりそうな試合の翌日でしたので、更にそう感じたのかも。安心しました。共に延長を含めての120分を、集中力を切らさずに走り、固く守りました。PK戦を制しての、そして休みも1日少ないアルゼンチンには体力的なリスクが心配されましたが、見事に戦い抜きました。心・技・体充実した両チームだったと思います。勝ち負けの差は一瞬、ごく僅かの帰陣の遅れと、ここしかない機会を逃さず絶妙のセンタリングを送ったシュルレ、それを胸で受け迷わずボレーシュートで決めたゲッツェ。あれほど遠かった1点が、意外なほどあっけなく決まります。最初からシナリオで決められていたかのように、勝者敗者は、かくも残酷に隔たられさせられます。歓喜と消沈が、同じ場所に同時に描かれます。主役は常に勝者です。それでもしかし、好試合に敬意を表して、敗者の無念も記憶に留めて居たいと思います。負の記憶の証のように、ゴールデンボール(MVP)を片手に提げたメッシの4年後に思いを馳せて。News_134216_1

2014年7月11日 (金)

W杯2014 準決勝

対照的な準決勝2試合が終わり、決勝の組み合わせが決まりました。いつも安定した力を持つドイツは8度目の決勝進出、3度の優勝経験がありますが東西統一後には優勝がありません。対するアルゼンチンは決勝戦は5度目、優勝は2回です。ドイツと対照的に地区大会敗退やグループリーグ敗退もあり、2回の優勝はそれぞれ、マリオ・ケンペス、ディエゴ・マラドーナというスターを擁してのものでした。W杯決勝での対決は過去に2度、1勝1敗です。

準決勝ドイツvsブラジルの展開には驚きました。コスタリカの躍進話題も霞み、ドイツ・アルゼンチンどちらが優勝するにしろ、今大会1番のサプライズとして長く記憶されてしまう事柄でしょう。エースストライカー:ネイマールの怪我とキャプテン:T・シウヴァの累積警告欠場、この2人が「居ないと痛い上位2人」だということに誰も異存はないと思います。「よりによって~」との思いは、選手・ブラジル国民共通だったはず。しかしだからといって、それがドイツとの決定的な差になるとは、多くの人たちの想像の外だったと思います。実力の伯仲したW杯の場では、ぎりぎりの場面で「2人欠場の痛みが勝敗を分けるかも?」程度の不安だったはずです。あれほどの混乱は想定できませんでした。

素人の私に分析などできるはずもありません。勝手な思い込み、想像でしかありませんが、地元開催のプレッシャーと、攻守の要2人の不在による不安、そして逆に「2人の穴を埋めなくてはいけない」との気概の空回り、その相互作用によるものだったのではないでしょうか? 最初の1点は、単純に、T・シウヴァを欠いたがためのフォーメーションの乱れだったと思います。普段のブラジルなら修正可能な程度だったはず。それが過剰に意識され過ぎた、T・シウヴァ欠場の穴の大きさを、その時改めて気付かされてしまった気がします。そしてまた、点を入れられたら入れ返さないといけない、しかしネイマールは居ない。ネイマール欠場の不安もよみがえり、更に焦りを倍加させてしまったのかも。元々今大会のブラジルチーム、必ずしも万全な状態だったとは思えません。T・シウヴァの累積警告も、彼が体を張って止めないと勝てなかったチーム状態を表すものだったのかも知れません。

対するドイツは、大会序盤から安定した力を発揮、ますます磨きがかかってきているように思います。ブラジルの守備陣形が崩壊していたとはいえ、早いパス回しで相手の隙を突く素早さはさすがです。守護神ノイアーの堅守も光ります。そのノイアーを始め主力の多く、T・ミュラー、ゲッツェ、ラーム、クロース、シュバインシュタイガー、ボアテンクが同一チーム(バイエルン・ミュンヘン)に所属する強み(W杯記録を塗り替えたクローゼも最近までバイエルン所属でしたし)を十分に生かし切ったフォーメーションでした。また、ディフェンス陣の必要なマークで動きの制限される各国スーパーエースに比べ、マークの分散するドイツFW陣は自由に泳ぎ回っています。前回得点王で今回もトップを狙うT・ミュラーは、不思議とマークされないストライカーです。彼がこのまま逃げ切れば2大会連続の得点王、そして前々回のクローゼと合わせて3大会連続のドイツ人得点王となります。(準決勝段階での得点ランキングトップはコロンビアのロドリゲスで6点、T・ミュラーは5点)

今朝のアルゼンチンvsオランダは、一転、堅守対決となりました。お互いにまともなシュートを打たして貰えません。観る側とすると、少々ストレスの溜まる試合展開でもあります。ファンベルシにロッベン、スナイデル、点取り屋を複数揃えたオランダと、スーパースター:メッシ率いるアルゼンチン、類似点も多い対戦なれど全く異なる試合展開です。もっとも、昨日のドイツvsブラジルも、点差のような力の差があったとは思っていません。不安な序盤を乗り切れれば、同様の僅差ゲームになっていたようにも考えています。ひとつのボタン掛け違えが先で大きな食い違いになる、サッカーの怖さを象徴した試合だったような・・・。

W杯ブラジル大会も残すところあと2試合です。ドイツvsアルゼンチンは好試合が期待できます。ブラジル戦での大量得点が緩みに繋がらなければ、今の調子からはドイツ有利に思えます。メッシは次戦でも厳しいマークに苦戦するでしょう。怪我から復帰したアグエロはアルゼンチンにとって好材料です。イグアインと共に動き回ることができれば、メッシの行動幅も広がるはずです。PKで2発止めたロメロも気分良く決勝に臨むでしょうし。予想は3-2でドイツ、ま、その程度点が入った方が面白い、ということで。(実際はもっと点が入り辛いでしょうね) また、傷心のブラジル、最後の3位決定戦では(ネイマールは無理ですが)輝きを見せて欲しいです。

2014年7月 7日 (月)

W杯2014 4強出揃う

 今日はゴルフで宇都宮へ。以前息子の本コースデビューで使った「ニューセントラルゴルフ倶楽部(http://www.new-cgc.jp/)」です。結果はまぁまぁ&いまいちの「103」でした。広くはないけれど狭いというほどではない、ドッグレッグコースが多いけれどトリッキーというほどでもない、個性のはっきりしないゴルフ場ですが、コスパは良いと思います。ICからの道順、カーナビの指示が遠回りに思えました。そう思いながらも指示に従ってしまいます。便利機械に慣れると自主性が失われてしまいます。

昨夜は仮眠を取った後に夜半1時に一旦起床、アルゼンチンvsベルギーを観てから寝てまた5時に起き、オランダvsコスタリカを横目にゴルフ準備&朝食、後半はNHKFMでの中継を聞きながらゴルフ場に向かいました。今大会注目のコスタリカ、GKナバスには称賛の声が尽きません。NHKFM解説者の「こりゃぁ、点がはいりませんよ!」との感嘆の声が印象的でした。画像で観たかった!

前日のフランスvsドイツ、ブラジルvsコロンビアも含め、準々決勝4試合はすべて僅差ゲームです。負ければ終わりのトーナメントですので、ディフェンスを固めて点の入り辛くなった傾向もあるのでしょうが、上位国の力の均衡も感じさせます。一瞬の隙・油断が勝敗を分けた試合もあったように思います。終わってみればそれぞれ、有力国が勝ったようにも見えますが、皆薄氷の勝利でした。世界はスゴイ!そして遠い・・・。

明後日からは準決勝が始まります。ネイマールとT・シウヴァを欠くブラジルに暗雲、総合力ではドイツ有利かも知れません。地元の声援が背中を押すかプレッシャーとなるか、元々の気持ち(好み)からはドイツを応援したいのですが、ブラジルにも負けて欲しくない、複雑な心境です。戦前の不安視を吹き飛ばしたオランダは堅調に見えます。メッシ頼みだったアルゼンチンも、待望のイグアインのゴールで攻撃の幅が広がりそう。どちらが勝つか見当が付きません。いずれにしても楽しみな2戦です。

最後に、祝優勝!石川遼君。

2014年7月 3日 (木)

W杯2014ブラジル決勝トーナメント

決勝トーナメント1回戦も終了、今日は普通に眠れます。やっぱり連日はキツイ!残った8強はすべてグループリーグ1位通過のチームです。と言うと「順当」とも見えますが、実際は「偶然」としか思えません。8試合どれもこれも、紙一重の好試合でした。実力差はほとんど無く、ほんの少しの体力差とか意志疎通とか先読みとか、そして”運”、としか思えないほどの差だったかも知れません。それほど、はらはらさせられる試合が続きました。

決勝トーナメント初戦から緊迫した試合でした。優勝候補ブラジルに対しチリは互角以上の奮戦を見せました。延長でも決着が付かずPK戦へ。ブラジルはGKセーザルの連続セーブで有利に運ぶも8人を終わって2-2のタイ、ここでネイマールが登場、見事に決めました。これがプレッシャーを与えたのか、最後のゴンサロ・ハラが(サイドバーに弾かれる)僅かに外しゲームセット。地元開催でのこの場面、ネイマールには信じがたいほどの重圧がかかっていたはずです。翌日のコスタリカvsギリシャもPK戦に持ち込まれましたが、いつ見てもPK戦は切ないですね。

PK戦でいつも思いだすのは、1986年W杯メキシコ大会での準々決勝フランスvsブラジル、「W杯史上最も美しい試合」と評された試合です。終始緊迫した試合でしたが、延長でも両者譲らずPK戦に。ここで「将軍」プラティニはクロスバーを越える失敗をしましたが、結果はフランスの勝利でした。ブラジルの(「黄金のカルテット」のひとり)ソクラテスも外しましたね。ずっと後ですが、あるサッカーグッズ屋さんで2人の人形を見つけ、「PK外した同士」として購入しました。今でも我が家の壁にぶら下がっています。Dsc02067_2

このPK戦、長いこと記憶違いしていたことに、割と最近に気付きました。「ゴールキーパーまで蹴ったサドンデス」と記憶していたのですが、それは1982年スペイン大会での準決勝西ドイツ戦だったようです。共にプラティニが絡んでいたのでごっちゃになってしまっていたようです。共にW杯サッカーに魅せられる切っ掛けとなった試合です。

話題を現在進行形のブラジル大会に戻します。いずれ劣らぬ好試合で、コロンビアのロドリゲスが、T・ミュラー、メッシ、ネイマールの競う得点王争いに乱入・先行しています。昨日のドイツvsアルジェリアも凄まじかったですね。ドイツ勝利を楽観していたのですが、序盤のアルジェリアのスピードには驚かされました。さすがに飛ばし過ぎたのか後半まではもたず、ドイツは危うい勝利を得ました。アルゼンチンもスイスに苦戦、メッシのアシストでなんとか勝ち抜きました。また今回は、GKの活躍の目立つ大会でもあるように思います。前記セーザルはもとより、敗れたとは言え、メキシコのオチョア、アメリカのハワードの好セーブが印象に残ります。また伝統的に好GKを排出するドイツの、ノイアーの勇気ある飛び出しには、ハラハラさせられながらも感心しました。

出揃った8強、明後日の夜中からは、また見逃せない試合が再開します。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31