無料ブログはココログ

« 近場紅葉 蓬莱山 | トップページ | フェルディナント・ホドラー展 »

2014年11月20日 (木)

Autumn Tour 2014~LOVE~

森高千里さんの「Autumn Tour 2014~LOVE~」、18日の東京公演で終了しました。今回は名古屋・大阪・東京、各地のZepp でのライブハウスツアーでした。東京では4回公演。その内、10/27と11/18の2日間に参戦してきました。Zepp Tokyo は2007年の椎名林檎ライブ以来です。通常はオールスタンディング、スペース指定ですが、ファンの平均年齢を考慮してか今回は座席付きでした。実際にはほとんど立ちっぱなしではありますが、やはり席のあった方が楽です。

先月は日帰りでしたが、今回は打ち上げ参加も目論み1泊上京です。昼過ぎに地元を出発、列車の10分遅れで埼京線乗り換えがずれ、ホテル到着時には40分の差になっていました。チェックイン後早々に出発、開場30分前に到着。転売対策として今回は、郵送されてくるのは「座席引換券」です。事前抽選だそうですが、入場時にならないと座席番号は判りません。本人確認のための証明(運転免許所等)も必要です。そのため当初は入場受付に手間取ったようですが、もう最終日ですので慣れたのかスムーズに入場できました。前回は6列目、さて今回は、ナント!2列目それもど真ん中でした! すぐ前の席には常連顔馴染みファン、左右斜めにも見知った顔が多数、揃いのエメラルドグリーンTシャツで散在しています。前にTV撮影用レール(1/25TBSチャンネル1 にて放映)が設置されてはいても、通常のコンサートホールと比べると舞台との間隔はずっと近いです。前回よく判らなかった衣装生地(細かい凹凸のある生地)もはっきり見えました。 27日は渡良瀬橋Tシャツ参加だった私も、今回はエメグリTシャツです。

P2014_1118_205814 P2014_1118_170804 

ライブスタートは「若さの秘訣」「臭いものにはフタをしろ!!」「私がオバさんになっても」の3連発。本人解説によると”オバさん””オジさん”を意識した選曲だったそうです。しかし「若さの秘訣」での叔母さんは36歳です。すでにその年齢を超えてしまった森高さん、作詞当時自身の45歳をどのように想像されていたのでしょうね? 中盤には恒例の、ご本人によるグッズ紹介があります。その折には最前列ファンが(見本として)グッズを差し出すのがお決まりのようになっています。デジジュリ先行予約でも、必ずしも良い席が当たるわけではありませんが、毎回常連ファンの誰かは最前列に座っています。おそらく、盛り上げ役に古参ファンを配列するような配慮もあるのでしょう。しかし座席は入場時にならないと判りません。最前列ファンが必ずグッズを取り揃え持っているはずもありません。顔見知りファン達が寄り集まり、最前列当選者にグッズを託すのです。これも常連ファン達のチームワークですかね。

Img001 Img002 

ライブハウス会場を意識して、今回はアップテンポ選曲が多くなっています。特に終盤の「夜の煙突」「GET SMILE」「テリヤキ・バーガー」は盛り上がりました。その上森高さんとの距離も近く、頑張らざるを得ません。「GET SMILE」でのジャンプも、通常の20%ほど高く飛べたようにも思います。happy01 アンコール最後の曲は「渡良瀬橋」、夕日の渡良瀬橋映像をバックに歌って頂きました。地元の日常渡っている橋を歌って頂き、ファン冥利に尽きます。この歌を繋がりとして、多くのファンの方々と知り合う事ができました。活動休止期間中に、ファン数人で集まって「勝手に誕生会」を開いたこともありました。昨年のコンサート後には、44人のファンが集まり交流の場も持つ事ができました。夏恒例の足利花火大会を訪れて下さるファンの方々も居り、今年も一人の方と新たにお会いしました。感謝に堪えません。

ダブルアンコール曲は「気分爽快」、少し季節外れではありますが、爽やかにお別れしました。 終演後は某氏発声によるお決まりの”三本締め”です。後にFacebook で「最後の三三七拍子、メンバーと一緒に私もステージ袖でやりました。」とのご本人発言が。打ち上げ会場でそれを聞かされた某氏、必死に感激の涙を堪えていました。しかし”三三七拍子”ではなく”三本締め”なんですけどね・・・。「乗り過ぎて(本人談)」歌の出だしを損なったり、MCでの言い間違い等々、おっちょこネタの尽きない森高さん、それも魅力のひとつです。

打ち上げ、といってももちろん個人的な集まりです。ライブ会場で顔を合わせる内に知り合いになった古参ファン、活動休止中にもBBS等を通じて交流の続いていた方々を核としての、一部ファンが集まってのものです。今回は各会場でそれぞれ、17名から30名の参加がありました。最終日の18日は最大の40名の参加です。平日開催ですので、翌日の仕事の関係で参加断念した人も多かったことでしょう。しかし幹事の苦労を考えると、この人数がほぼ限界でしょうね。東京幹事のIさん、ありがとうございました。次回イベントは年明けのディナーショーです。会場キャパの関係で当選確率がネックになります。間もなく受付が始まります。運試しにチャレンジしてみようかな!

« 近場紅葉 蓬莱山 | トップページ | フェルディナント・ホドラー展 »

森高千里」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/58045560

この記事へのトラックバック一覧です: Autumn Tour 2014~LOVE~:

« 近場紅葉 蓬莱山 | トップページ | フェルディナント・ホドラー展 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30