無料ブログはココログ

« 足利城ゴルフ倶楽部 | トップページ | 梅雨入り間近 »

2015年5月27日 (水)

足利フラワーパークへ行ってきました。

地元足利の観光地「あしかがフラワーパーク(http://www.ashikaga.co.jp/)に行ってきました。今はバラの季節です。しかしバラって種類豊富ですね。色や形や様々です。和風(東洋風)趣の花もありました。中には「鈴木省三」という日本人の名の記された品種もありました。「ミスターローズ」との別名でも呼ばれたバラの育種家だそうです。

Dsc02605_2 Dsc02588_2 Dsc02590_2 Dsc02593_2 

Dsc02596_2 Dsc02601_2 Dsc02602_2 Dsc02603_2 

園内にはバラ以外の花々も豊富です。季節の終わりのクレマチスも少し残っていました。

Dsc02592_2 Dsc02595_3 Dsc02597_2 Dsc02600_4 

スイレン沼ではウシガエルが合唱していました。デジカメ望遠で意外と綺麗に撮れました。

Dsc02585 Dsc02586 

「あしかがフラワーパーク」、昔は「早川農園」という、「農園」との名称の相応しい場所でした。位置も違っています。市街地南端に住んでいた中学生時代、自転車で何度か出かけた場所でした。合併で新たに編入された地域(旧山辺村?)でしたので、当時の道筋は畑だらけ、「田舎にサイクリング」との雰囲気でした。園内には小さめの池もありボートに乗ることができました。「好きな○○さんとボートに・・・」が夢でしたが叶いませんでした。coldsweats01 今のようなアトラクション施設の無い時代です。友達と自転車で出かけてお土産にパンジーの鉢植えを買って帰る、それだけで季節のイベントになりました。気持ち的には寧ろ豊かな時代だったような気もします。

東北出身の家内との結婚後、1度連れて行ったこともありました。(憧れの)ボートに乗ったかどうかは憶えていません。もしかするとすでにボートは無くなっていたかも知れません。すでに、田舎の農園の小さな池でボートに乗ることが集客に繋がる時代ではなくなっていましたから。

1997年、佐野市に近い現在の位置に移転して名称も「あしかがフラワーパーク」と改められました。その前年に行われた大藤4本の移植は日本で初めての成功例、国道50号を通行止めにしての大仕事だったそうです。執り行ったのは日本の女性樹木医の第1号、塚本こなみ現園長さんでした。お元気で話の面白い闊達なご婦人です。花の咲き具合で料金の異なる”入園料変動制”を提案された方でもあります。ちなみに昨日の入園料は800円でした。運営元の(株)足利フラワーリゾート代表は現足利商工会議所会頭の早川氏、多方面でお忙しい氏に代わり、最近ではご子息(別名プリンス)が活躍されているようです。「早川農園」時代の年間来客者数は約10万人、それが昨年は100万人を突破しました。お隣佐野のアウトレットと組み合わせたツアーも人気のようです。今年は足利学校の「日本遺産」登録や、”女性樹木医のパイオニア”としてTVでこなみ園長が特番紹介されたこともあり、更に飛躍することは間違いないでしょう。

「あしかがフラワーパーク」は”大藤”で有名です。GWの頃が見頃ですが混雑も凄まじく、お客様を案内した1度だけしか自身でその時期訪れた経験はありません。空いた季節にのんびり歩いで周るのが好きです。料金も安くなりますし。↓写真は見頃の大藤・白藤・黄藤、スイレン・シャクナゲと冬場のイルミネーション。

Dsc01499 Dsc01503 Dsc01495 

Dsc02213 Dsc01502 Dsc02233 Dsc02238 

これからは紫陽花・花菖蒲の季節になります。ちなみに”1日市長”で森高千里さんが植樹(足利学校・八雲神社)の藤の苗もフラワーパークさんのものでした。森高さんファンの方々も、足利訪問の際にはフラワーパークにもお立ち寄りください。

22095

« 足利城ゴルフ倶楽部 | トップページ | 梅雨入り間近 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/60151242

この記事へのトラックバック一覧です: 足利フラワーパークへ行ってきました。:

« 足利城ゴルフ倶楽部 | トップページ | 梅雨入り間近 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31