無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年8月24日 (月)

キャニオニング、体験してきました。

”キャニオニング”というものをご存知でしょうか?日本ではあまり馴染みのないスポーツですが、簡単に言えば沢登りの逆、”沢降り”です。群馬県の観光パンフレットに載っていて興味を惹かれました。家内に理由を聞かれて「歳とったらできないから」と答えたら、「もう十分歳とってる」と言われました。確かにその通り、否定はできません。ただしかし、”これからの”人生の中では今が”一番若い”わけで、もうこれ以上若くなることはありません。寧ろ「来年はできないかも?」とか考えて、やってみよう!との決意が固まりました。62歳にしての初挑戦でした。調べてみたら、キャニオニングを企画主催している会社は意外と多くあります。その中から地域的に便利な水上を選択、運営のしっかりしていそうな会社を、高齢初心者でもなんとかなりそうなコースを探しました。便利なネット社会です。水上地域でも多くの会社があり、当日もあちこちでウエットスーツの一団が見られました。

予約した会社「キャニオンズ(http://canyons.jp/)」はニュージーランド人オーナーの会社、水上の他にも吾妻や奥多摩でも自然アドベンチャーを企画しています。集合場所の”キャニオンズみなかみ”は大穴スキー場のすぐ近くでした。昔々の小学生時代、初めてスキーを経験した場所です。当時は革靴に竹ストックでした。happy01 奥利根やホワイトバレー、天神台、宝台樹、ノルン等々、この付近のスキー場はほとんど経験しています。奥利根はスキー未経験の(結婚前の)家内を初めて連れてきたスキー場です。ここ暫く水上地区には訪れていませんでしたが、(冬季限定ですが)かなり土地鑑のある地域です。自宅からは高速を使って1時間半の距離でした。↓写真はベースの前の川、実際にキャニオニング体験した場所ではありません。

2015082308050000 2015082308050001 2015082308230000 

申し込んだコース”メープルキャニオン”は8:30の受付(他に13:00受付も)、アイパッドで情報登録をします。スマホを持ちませんので少々手間取りました。貴重品をロッカーに預けまずは基本手順の説明、担当ガイドはニュージーランド人のマイクさん、ここでの一番のベテランらしく日本語もペラペラです。基本用具はすべてレンタルで用意されてあります。ウエットスーツ一式を受け取り更衣室へ、水着の上に着込みます。かなりタイトですので着用には苦労します。タイトの方が後が暖かいのだそうです。更に専用ブーツや手袋、ヘルメット、ライフジャケット、ハーネスを身に付けます。メープルコースの場所はベースから離れているそうで、装備が整ったところで専用バスで出発、30分弱利根川上流方面に登ります。バスを降りて更に今度は徒歩で10分少々歩きました。結構締め付けていますし、ウエットスーツは歩きには向きませんね。

出発地点に到着、バスの中でも基本注意事項があったのですが、ここで更に具体的な基本動作や注意点についての説明がありました。そしてまずは一度川水に飛び込みます。足の着かない深さですので最初少々焦りましたが、ウエットスーツにライフジャケットですので自然と浮かび上がります。水温は予想以上に冷たく心配しましたが、最初だけであとはあまり寒さを感じませんでした。皮膚との間に入る水が体温で温められ、保温の役割も果たします。

コースの中には渓流や小さな滝がいくつもあり、ポイントポイントでスライダーやジャンプをして進みます。スライダーは様々な態勢、足から頭から、仰向けで頭からとか、その場その場で指示されます。ジャンプも最大で4m位の高さから飛び降りました。水流の強さや滝壺の深さが逆に岩から体を守ってくれます。ただし滝壺は水流が渦巻き泳ぐことができません。場所によってはガイドの助けがないと岸に上がるのに苦労します。というか、素人だけでやったら溺れたり怪我したりするでしょうね。今回のツアー、参加者は11人でしたがガイドは2人付きます。1人が上または途中で指示、もう1人が下で待ち受け受け取ってくれます。参加11名の内男性は私を入れて4人、7人は女性でした。どの世代でも女性の方が積極的な時代になっているのでしょうね。ちなみに単独参加は私ひとり、若くないのも私ひとりでした。ほとんどは学生さんだったのでしょう。飛び込みに躊躇する女性がひとり居ましたが、ガイドが手を取って一緒にダイブしていました。絶叫系アトラクションが苦手な私ではありますが、人工物よりも安心できる?のか結構楽しむことができました。生憎の曇り空ではありましたが、水も自然も綺麗で気持ち良く過ごしました。ただ、体力は予想以上に消耗します。最後はかなり足に震えが来ていました。今回は半日コースで実際に渓流に浸かっていたのは1時間弱程度だと思います。1日コースはとても無理ですね。正直、終了した時は安堵感の方が先に来ました。スポーツクラブも止めてゴルフだけが運動になっています。本当に、来年では体が持たなかったかも知れません。少しは鍛えないと・・・。

P82300622 P82300952 P82302222 

写真だと角度とかも判らないし、迫力は伝わりませんね。メープルキャニオン半日コース、装備レンタル・ガイド料・写真代・保険料込みで9,500円でした。高いか安いかは本人次第ですが、1度チャレンジしてみても良いと思います。できれば若い内に。

2015年8月15日 (土)

高校同窓会&ゴルフ

昨日の14日は高校同級での同窓会でした。他クラスがほとんど同窓会を開かない中、我がクラスは8年連続で”毎年同窓会”を実施しています。切っ掛けは8年前、「久々の同窓会」準備での住所確認で、同期の1人の急死を知った事でした。50代での若すぎる死でした。同窓会冒頭に彼の冥福を祈りました。その後参加メンバーの1人から「同窓会毎年開催」が提案されました。「俺たちももういい歳、何があってもおかしくない。生存確認のために毎年集まろう」との。それ以来8年連続、毎年お盆時期に集まっています。2年目からはゴルフ会も開かれるようになりました。出席メンバーはほぼ限られていますが、地元を離れてこの時にしか会わないメンバーも居ますし、毎年1人か2人は懐かしい顔も現れてくれます。高校生時代よりも仲良くなっているかも知れません。

同窓会参加は先生も含めて16名、昼間のゴルフには6名が参加しました。毎年異なったゴルフ場を利用していますが、今回は「桃里カントリー倶楽部」でした。近隣では”接待ゴルフ場”として知られています。高級豪華な設備に加え、OBの少ない広いフェアウェイで「好スコアの出やすい」ことも”接待”の一部のようです。

到着して最初に驚いたのは、客用駐車場すべてが”屋根付き”のことでした。こんなゴルフ場は初めてです。ロビーも広々とゆったりしています。ロッカーも広く、スリッパをそのままに隣に余裕で靴を置ける広さです。ロッカー扉には利用者のネームも入れられています。

2015122208180000_2 

フェアウェイの広さは今までに経験した中での1番でした。どのホールもフラットでストレート、圧迫感なくクラブを振ることができます。狭くてアップダウンのきつい山岳コースの多い地域ですので異例の広さです。平成になってからできたゴルフ場ですので設備も新しく、乗用カートの導入も10年ほど前だそうです。それだけ平坦なコースという事です。夏場はうるさく言われないでしょうが、基本「入退場時スーツまたはジャケット着用」をマナーとして、予約は会員同伴または紹介を原則としています。最盛期には4千数百万円で会員権が売買されたと聞いています。現在でも数百万円と、会員権暴落の中では異例の高さです。楽天GORAでは予約を扱っていません。GDOで1日2組に限って予約枠が設けてありました。ハイシーズン土日では2万円超え(10月で22,000円)、しかも”食事別”です。今回は真夏の平日という事もあり、11,000円(食事別)でプレーできました。キャディ付き原則のコースですので、この価格はお得感があります。

Dsc02727 Dsc02729 Dsc02730 Dsc02731 

さすがに若者ゴルファーの姿はほとんど見ません。曇り一時雨、午後からは晴れて暑くなる(35℃)との予報でしたが良い方に外れてくれました。プレー中のほとんどは曇りで心地良い風も吹いていました。午前中に霧雨も降りましたが、気になるほどの雨量ではなく、却ってミストシャワー効果で涼しくプレーできました。真夏日予報の午後も雲は切れず、この時期としては絶好のコンディションです。午前(IN)は上々のスタート(ボギー、パー)ながらその後ショットが乱れて「55」、後半(OUT)はパーが1つも取れなかったもののすべてボギーとダボで納めて「47」でした。ハーフとしては2番目に良いスコアです。柔らかくてよく止まるグリーンでしたが、大きなワングリーンでアンジュレーションはあります。キャディさんの指示通りに打てず、パットは少々打ち過ぎの「43」、パットの失敗が少なければ久々の100切も可能だったのですが・・・。それは兎も角、気持ち良く楽しくプレーできた1日でした。

2015年8月 2日 (日)

第101回足利花火大会

足利市恒例の花火大会が昨日開催されました。明治36年、渡良瀬橋(初代)の完成を祝って行われたものが始まりだと言われています。不景気で寄付集めに苦労する時代が続いたせいか、「100回を締めに終了」との根拠のない噂も流れたようですが、無事今年も開催されました。もちろん来年も続きます。

昨年は小学校同窓生と、一昨年はひとりでぶらつきましたが、今年は家内を誘って歩きました。車で行くと帰途渋滞で苦労しますので、5時半頃歩きで自宅を出発、30分少々で鑁阿寺に到着しました。途中大粒の雨が降り始め心配しましたが、鑁阿寺に到着する頃には止んでいました。鑁阿寺は室町幕府を開いた足利尊氏の祖、足利氏の邸宅跡です。一昨年、本堂が重要文化財から格上げ、国宝に指定されています。今年は境内野外ステージで、花火大会関連イベントとして地元アイドル”渡良瀬橋43”のライブが開催されました。花火大会には間に合いませんでしたが、花火を題材とした新曲「夏恋花火」が9月に全国発売を予定、この日初公開されました。https://www.facebook.com/watarasebashi43?pnref=story 「撮影はご遠慮ください」とのことですので、ライブ映像は撮りませんでした。2枚目の会場風景、開始時間前ですので閑散としてますが、実際のライブではもう少し観客は集まっています。ライブの終盤には打ち上げも始まっています。ビルや立木でほとんど見えませんでしたが。

2015080118290000 2015080118300000 2015080119270000 

終了後渡良瀬川方面に移動しました。先ほどのお湿りも気温を下げるまでには至らず、ムッとする湿った温風に包まれています。街中では建物に遮られて「ドン!」という腹底に響く爆発音だけの花火です。JR線踏切を過ぎる頃からやっと本体が現れます。湿度気温の高い中人混みに突入する気概は無く、打ち上げ場所に近い田中橋は避けて、中橋からの花火見物にしました。橋まで来ると、さすがに凌ぎ易くなります。川風が気持ち良く感じます。間近で見上げる花火も迫力がありますが、遠景花火はまた別の魅力があります。ガラ系携帯と家内のスマホでの撮影ですので、綺麗な写真は撮れません。特にガラ系携帯では、押してから実際にシャッターの切れるまでに時間差があり過ぎて全くタイミングが合いません。数十枚撮った中、まともな写真はほとんどありませんでした。川面に映る花火、雰囲気で想像してみてください。

2015080119400000 2015080119450000 2015080119570000_3 

Dsc_0523 Dsc_0529 Dsc_0531 Dsc_0533 

子供の頃は花火打ち上げ現場のすぐ近くに住んでいました。毎年の事ですので、何処かに腰を落ち着けて熱心に見る、という事はしたことがありません。それでも年1回の花火大会、やはり気持ちをそそられる部分はあります。誇る気持ちはありますし、もし万一無くなってしまったりしたら、やっぱり寂しいのでしょうね。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31