無料ブログはココログ

« 世界遺産 富岡製糸場 | トップページ | アルフレッド・シスレー展 »

2015年10月31日 (土)

県内旅、日光と古峰神社

先々週16日に天候と混雑予想で行き先変更した日光ドライブ、昨日の金曜日に再チャレンジで行ってきました。紅葉の盛りは過ぎていましたが、それはそれ、いつの季節でも日光の自然は新たな魅力を見せてくれます。

東北道から日光道を乗り継いで終点・清滝ICから一般道に。登りの第二いろは坂、渋滞を心配しましたがさすが平日、交通量は多いものの時速40~50kmで順調に流れていました。小学生時代、遠足での初日光時での”いろは坂”はまだ1本だけでの対面通行でした。カーブの数も今より多く、大型観光バスは1度で曲がり切れず、バスガイドさんの誘導で切り返して曲がる場面もありました。まだ高級品だった自家用車を「庶民の手の届く」価格まで引き下げた名車スバル360も、さすがに登り切れずエンストする姿も見たものです。

明智平でトイレ休憩、駐車場はほぼ満杯、諦めかけた時に運良く空きスペースを発見無事駐車できました。金曜日とはいえ平日でこの状態です。土日は想像するだけで恐ろしい・・・。好天に恵まれ男体山は雄々しく姿をさらし、ロープウエイは順番待ちの列を作っていました。多分さほどの待ち時間もないのでしょうが、ここはパスして先に進みます。

Dsc02817 Dsc02819 

今回の日光、何度も訪れている2社1寺は素通り、メインの目的地は”イタリア大使館別荘記念公園”でした。明治期、蒸し暑い日本の夏は欧米人にとって耐え難いものだったらしく、その欧米列強大使館員達の避暑地として選ばれたのが日光(と軽井沢)だったようです。明治3年には早くもイギリス公使ハリー・バークスが日光を訪問、明治5年のアーネスト・サトウ氏による英字新聞での紹介記事で、欧米人に知られるようになりました。明治6年には日光金谷ホテルの前身”金谷カッテージイン”がオープンしています。「日本奥地紀行(バードの日本紀行)」の著者イギリス人旅行家イザベラ・バード女史もここに滞在しています。大使館別荘の方ですが、現在公開されている建物は昭和3年にイタリア大使館別荘として建てられ、平成9年まで歴代の大使が使用していたものだそうです。自然環境保全のため公園に駐車場はなく、手前の歌ヶ浜駐車場から10数分歩いて行くことになります。中禅寺湖に沿ったこの小道も、お天気の良い日なら良い散策路となります。途中野生の猿の姿も見かけました。

Dsc02837 Dsc02838 Dsc02822 Dsc02823 

大使館別荘の建物は、杉皮張りの本邸と国際避暑地歴史観として資料展示している副邸からなります。本邸からは中禅寺湖に降りるスロープが続き、舟遊びに使った桟橋も残されています。窓外に広がる湖の景色は素晴らしく、表面に歪みの見えるレトロな窓ガラスと相まって郷愁漂う景観となっています。お隣では、つい最近まで現役で使用されていたイギリス大使館別荘も、来春公開のための準備工事が行われていました。来春また来てみようかな?

Img008_2 Dsc02824 Dsc02825 Dsc02827 

Dsc02828 Dsc02829 Dsc02830 Dsc02832 

Dsc02833 Dsc02834 Dsc02835 

歌ヶ浜駐車場の目の前は立木観音で知られる日光中禅寺です。予定にはなかったのですが、こちらも観光してきました。日光を開山した勝道上人が立木のまま(根付いたまま)手彫りしたと伝えられるのが立木観音です。内部の撮影は禁止されていますので、観音様の写真はありません。鐘楼は参詣者が自由に鐘を突くことができ、一突きしてきました。参拝料は500円でした。

Img007_3 Dsc02840 Dsc02841 Dsc02843 

Dsc02844 Dsc02842 

今回の県内ドライブ旅、もう1か所目的地があります。それは”古峯神社(http://www.furumine-jinjya.jp/)”です。日光市の南隣、鹿沼市の山奥にある神社です。ツーリング好きで神社好きな息子のお勧めで立ち寄ってみました。清滝交差点から県道277号に折れ、その先から更に狭い道に分かれます。くねくねで車とすれ違うのも大変な林道を1時間以上走りました。それでも途中すれ違った車は2台のみでした。古峰神社は日本武尊を祀る、1300余年の歴史を持つと言う神社で、天狗信仰でも知られています。参籠と言う、宿泊して黎明の一番祈祷を受けるための宿泊施設も持っています。観光地日光とは異なる、現在進行形での宗教施設としての色を持っています。中禅寺で買った御朱印帳に、天狗の御朱印を頂きました。雰囲気も対応も、商売っ気たっぷりの観光地日光との対比が印象的でした。

Dsc02870 Dsc02847 Dsc02849 Dsc02850 

Dsc02853 Dsc02851 Dsc02852 Dsc02854 

神社の写真での通り、中禅寺湖周辺では枯れ枝でしたが、海抜の下がったこの辺りでは紅葉が盛りでした。神社付随の庭園”古峯園”での紅葉は見事でした。こちらが息子の一押しの場所です。ちなみに神社名は「ふるみねじんじゃ」庭園は「こほうえん」と読みます。庭園入場料は300円、内容からして大変良心的な料金だと思います。御朱印の種類も現在9種類ありますので、異なる御朱印を頂きに、また別の季節に訪れても良い場所ですね。

Dsc02855 Dsc02856 Dsc02860 Dsc02861 

Dsc02865 Dsc02868 Dsc02869 Dsc02871 

« 世界遺産 富岡製糸場 | トップページ | アルフレッド・シスレー展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/62305447

この記事へのトラックバック一覧です: 県内旅、日光と古峰神社:

« 世界遺産 富岡製糸場 | トップページ | アルフレッド・シスレー展 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31