無料ブログはココログ

« 「海難1890」 | トップページ | 謹賀新年! »

2015年12月27日 (日)

最近読んだ本

2015年も残り数日となりました。ゴルフは相変わらずの不調、年内に1回はスキーに行こうと思っていたのですが雪は降らず・・・。年賀状の準備もできていません。

「半島へ、ふたたび」 蓮池 薫著 新潮文庫  拉致事件での生還者、蓮池氏の韓国訪問記です。この作品で新潮ドキュメント賞を受賞しています。蓮池氏の作品は、韓国人作家・金薫氏の著作の翻訳本「孤将」を以前読んでいます。今回の訪問記ではその金薫氏を始めとする3人の韓国人作家と会い語らっています。韓国では作家の社会的地位が必ずしも高くない、との現状も書かれていました。ソウルの街中観光の様子も描かれていますが、私も訪れたことのある西大門刑務所や戦争記念館等、一般の観光客とはやはり訪問先の選択肢は異なっています。冒頭、飛行機から見た景色に北朝鮮を思い出し、恐怖と絶望の24年間が蘇る”トラウマ”から始まる文面には、通常ではあり得ない体験を強制された氏の緊張感を感じます。韓国訪問記ではありますが、途中ところどころに北朝鮮拉致時の出来事や当時の心境が記されています。感情的にならずに淡々と書かれていますが、それが却って不条理な拉致の残酷さを描き出しています。作品後半では、拉致からの帰国後「孤将」の翻訳を手掛ける切欠や経緯も描かれ興味深いです。

「きいろいゾウ」 西 加奈子著 小学館文庫  椎名林檎繋がりで読みだした作者の2作目です。宮崎あおい主演での映画も観ましたが、雰囲気だけで主題が分かりませんでした。原作を読んで、多少理解できた部分もあるとは思うのですが、まだしっくり来ません。「さくら」もそうでしたが、”作られたお話し”感が強く、実生活でのリアル感がありません。何かが表現されていることは判るのですが、何のためにそれを書くのか、その必然性が掴めないのです。原則文庫本でしか読みませんので、直木賞受賞の話題作「サラバ!」が文庫にでもなったら読んでみたいと思います。

「三国志」 宮城谷昌光著 文春文庫  文藝春秋にて12年間に渡り連載された大作です。文庫本発刊も2008年から7年かかりました。私が第1巻を買ったのが2010年ですので、読破に5年を要しています。発刊を待って読み続けましたので結構間隔が空いてしまっています。新刊の出る度に前の巻の最後を読み返し話の流れを確認する必要がありました。長編ですし、時間をかけ過ぎて忘れてしまっている部分も多いと思います。もう1度読み返しても良いかも知れません。その価値のある作品だと思います。  三国志、劉備・関羽・張飛3人の出会い、”桃園の誓い”から始まり五丈原での孔明の死をもって終わるのが三国志の定番ですが、宮城谷版では楊震のエピソードから始まります。「天知る。地知る。我知る。子(なんじ)知る。」の「四知」は、漠然と「聞いたことはあるかな?」程度でしたが、この作品で内容を知りました。また強く印象に残るエピソードでした。作品全体を通しての主題の一つなのかも知れません。  宮城谷三国志には、膨大な数の人物が登場します。楊震に関してもその父楊宝から始まります。楊震の人物像を描くのに、その父親の生き様も描く必要があると感じたのでしょう。ストーリーの大筋にあまり影響しないような人物でも、経歴や血筋等にまで及んで描かれる場合もあります。宮城谷作品に慣れない人では、面倒に感じるかも知れません。しかしそれが、大河としてのダイナミズムを形成しているのだと思います。ビルの高層階から眺める街の灯、その灯り一つ一つに生活があり人生がある、そう考えると切なくも愛おしくもなりますが、大きな歴史の流れも、その時代を生きた人達の人生の集合体として成り立つと考えればまた感慨もひとしおです。北方健三の「史記 武帝紀」のように特定個人に感情移入はしません。資料的に客観的に無感情に書き綴っているようにも見えます。しかし不思議に、その人の生き様が見えてくるように感じます。昔「アンナ・カレーニナ」を読んだ時、数多くの登場人物の一人一人の人生を描き、その人生の集合体としての”世界”を描く手法に感心した覚えがあります。当時は日本的私小説を中心に読んでいましたので尚更鮮烈でした。もちろん、全く別物ではありますが、宮城谷三国志にもその”世界”があると感じたのです。宮城谷作品は数多く読みましたが、その中でも秀でた作品だと感じました。

「北条綱成」 江宮隆之著 PHP文庫  「関東北条氏最強の猛将」との副題が付いています。北条氏綱・氏康二代に仕えた武将の一生を描いた歴史小説です。あまり知名度のない武将ですので、それだけ作者の想像力を生かせる題材でもあったのでしょう。宮城谷三国志と並行して読んでいましたの、作品の軽重が際立ってしまいました。宮城谷作品の淡々とした大きさもなく、北方作品の熱い血潮も感じられない、ただあらすじを追うだけの展開になってしまいました。決してつまらなくはないのですが、主人公の生き様が”生きて”見えてこないのです。若年での初陣と最後と、重ねた歳の重さが見えません。  著者紹介で「白磁の人」の原作者であることを知りました。小説は読んでいませんが、映画作品は観ました。同じ歴史ものでも戦国と近代とは異なります。

塩野七生の「ローマ人の物語」は文庫本43巻の内ようやく10巻まで来ました。ユリウス・カエサルの章ですので、一番面白い場面なのだと思います。その9巻の中で、カエサルの「ガリア戦記」に関して、「二千年後でさえ文庫本で版を重ねるという、物書きの夢まで実現した男でもあった。」との文章がありました。考えてみればその通り、すごいことです。高校時代に読んだ「ガリア戦記」を探してみたのですが見つかりませんでした。新たに買って読もうと思ったのですが、書店では見つかりません。もう、読む人は少ないのでしょうか。

« 「海難1890」 | トップページ | 謹賀新年! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/63181743

この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだ本:

« 「海難1890」 | トップページ | 謹賀新年! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30