無料ブログはココログ

« KENTO’S GOLF CLUB | トップページ | 日本ラグビーフットボール選手権大会 »

2016年1月28日 (木)

「メモリーズ 追憶の剣」

久々のビョンホン映画です。家内と観に行ってきました。 http://memories-movie.com/

飽きました。長過ぎます。あと30分は短縮できる内容だったと思います。リアル感なし、必然性なしの脚本、「王になった男」以来の韓国時代劇出演ですので期待したのですが残念でした。ラストシーンを見て初めて、「ああ、このシーンを撮りたくて作った作品なんだな」と納得しました。ここだけが気持ちを揺さぶりました。ひとつのアイデアを思い付き、そのシーンに導くためにそこまでのストーリーを無理やり作り出した作品だったんだな、と勝手に納得しています。その無理やりさがあからさまですし陳腐です。ビョンホンとチョン・ドヨンの演技力に頼るにも限界があります。寧ろ、この陳腐な脚本で真剣に演じる2人が惨めにも滑稽にも見えてきてしまいました。不自然なワイヤーアクションはチャン・ツィイー、ミシェル・ヨー共演の「グリーン・デスティニー」を思い出させますが、ファンタジー的な要素を盛り込み映像美を追求した前作に比べ、今作では不自然さばかりが記憶に残りました。

« KENTO’S GOLF CLUB | トップページ | 日本ラグビーフットボール選手権大会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/63686604

この記事へのトラックバック一覧です: 「メモリーズ 追憶の剣」:

« KENTO’S GOLF CLUB | トップページ | 日本ラグビーフットボール選手権大会 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31